早めの治療が克服への道!不眠症を引き起こす4つの原因と対処方法

夜景

毎日の私たちの生活に欠かせない「睡眠」、毎日7、8時間はとりたいところですよね。しかし、現代の世の中では、睡眠をとりたくてもとることができない、不眠症の方がとても多いといわれています。不眠症が続くと、やはり昼間強烈な睡魔に襲われ、仕事でミスをしてしまったり学、校で居眠りをしてしまったり、家事が思うように進まなかったり、日常生活にさまざまな支障をきたしてしまいます。そのためもし不眠症に悩まされている方は、早めの治療が必要です。

本記事では、不眠症を引き起こしてしまう4つの原因と対処方法についてご案内します。もし現在、不眠症を慢性的に抱えているという方は、本記事をぜひ参考にして不眠症を克服してくださいね。

スポンサーリンク

どのような状態が不眠症?

医者

夜眠る前、お布団に入りなかなか寝付けないという経験は、どなたにでもあるかと存じます。明日、大勢の人の前で発表をするとき、久しぶりに恋人や友人と会うためドキドキして眠れないなど、その理由は人によってさまざまかと思います。しかし、このような状態は一時的なものであり、次の日はいつも通りグッスリ眠れるという場合がほとんどですよね。

不眠症というのは、寝付けなかったり、睡眠の途中で起きてしまってなかなか眠れないという症状が1ヶ月以上続いた場合のことを指します。そして不眠症というものは病気ではなく、眠れないことが続いている状態なのです。

不眠症の原因を知ることが克服へとつながります

不眠症そのもので亡くなるということはありません。しかし私たちの身体は睡眠をとることにより、日中酷使し、疲れた脳や身体を休めています。そのため不眠症になると脳や身体を休める時間が少なくなり、体調を崩しさまざまな病気にかかりやすくなってしまうのです。以上のような理由から、やはり不眠症を放置するととても危険です。早めに対処することがとても大切といえるでしょう。

不眠症を克服するためには、まずはその原因を知ることが重要です。しかし、不眠症の原因は人によってさまざまです。今のご自身と向き合い、なぜ不眠症になってしまったかをよく考えてみてください。そして、原因がわかったらその原因に向けて解決の道を歩みましょう。次に、不眠症を引き起こしてしまう理由として代表的な4つの原因と、その対処方法をご紹介します。

不眠症を引き起こしてしまう4つの原因と対処方法

不眠症を引き起こしてしまう4つの原因と対処方法とは、次の通りです。

  • 騒音
  • うつ病
  • ストレス
  • 体内時計の乱れ

では次に、上記の4つの原因と対処方法について詳しくご案内します。

騒音

騒音など外的な問題が要因しており、不眠症になることもあります。一緒に住んでいる家族や、近所の深夜騒音は眠りを大きく妨げます。もし対処できるようであれば、まずは騒音の原因ともなっていることを解決させましょう。また、小さな音なども気になってしまい眠れないという方は、耳栓をして寝るというもの1つの方法です。

うつ病

うつ病の症状としてあわられるのが不眠症です。なかなか寝付けなかったり、一度目が覚めるとそのまま眠れなくなってしまったり、さまざまな不眠症を引き起こしてしまいます。この場合、不眠症を克服するためには、まずはうつ病を治療することが大切といえるでしょう。うつ病を治療してくれる専門医に相談されることをオススメします。

ストレス

ストレスによる不眠症も、現代の方には多いとされています。毎日の仕事や学校、育児や家庭での出来事にストレスを感じている方は少なくないでしょう。その場合は、まずはストレスを解消しましょう。時間を作って趣味に打ち込んだり、適度な運動をするもの良いです。また、睡眠前はできるだけリラックスできる状態になるよう、睡眠の30分前は部屋を暗くしたり、アロマテラピーを焚いたり環境を整えてください。

体内時計の乱れ

人には体内時計というものがあります。体内時計とは、朝は目が覚めて活動的になり、夜は身体や脳が休息状態となり眠たくなることです。体内時計がズレてしまうと、眠りたくても眠れない入眠障害を引き起こすのです。原因として考えられるのは、深夜営業をしているお店が増え夜中に出歩くことができるという環境、そしてパソコンや携帯電話の光を夜遅くまで浴びていることなどが考えられます。夜遅くまで出かけたり、パソコンなどを使用するのは避けて、早めに布団に入ることを心がけてください。

究極の眠れるCD
究極の眠れるCD
posted with amazlet at 14.01.29
メンタル・フィジック・シリーズ
デラ (2002-07-22)
売り上げランキング: 1,383

まとめ:あまり深く考えすぎないことが大切です

本記事では、不眠症を引き起こしてしまう4つの原因と対処方法についてご案内してきました。もうい一度、その4つの原因についておさらいしましょう。

  • 騒音
  • うつ病
  • ストレス
  • 体内時計の乱れ

不眠症により眠れない日が続くと、今日も眠れなかったらどうしようとますます不安になり、更に眠れなくなることもあります。そのような状態にできるだけならないよう、あまり深く考えすぎないことが大切です。そして本記事を参考に少しずつでも不眠症を改善し、快適な睡眠ライフを取り戻してくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment