不眠症かな?と思った時の病院の探し方と用意しておくべき9つの情報

病院

不眠症が疑われた際には、早期に睡眠障害の診察・治療を行うことのできる病院にかかることが大切です。

早期に診察を受けることで、あなたの不眠症の原因を特定し、症状が浅いうちに対策を講じることができます。

また、自分なりの方法で不眠症を改善しようとして効果が得られず、症状が深刻になってしまった場合、改善するのにも時間がかかってしまいます。

そこで、本記事では、不眠症かな?と疑った時の病院の探し方と用意しておくべき情報についてご紹介していきます。不眠症の疑いのある方や、治療を行うことのできる病院を探している方は、是非本記事を参考にして頂き、あなたの不眠症を治療してくれる病院をお探し下さい。

スポンサーリンク

不眠症が疑われた時に病院の診察を受ける重要性とは?

不眠症を改善するためには、「あなたが不眠症になった原因を特定し、その原因を解消すること」が大切です。

不眠症になるには様々な原因があるため、効果的な治療を行うためには、あなたの不眠症の原因を特定しておくことが重要になります。

就寝前のカフェイン摂取やスマートフォン等の光の刺激が原因であるのにも関わらず、高価な枕を購入しても不眠が改善されることは難しいでしょう。

不眠症の際の病院の診察のメリット

不眠症が疑われた際に病院の診察を受けると、「早期にあなたの不眠症の原因を特定し、効果的な処置をとること」ができるようになります。

現在は、不眠症をはじめ、睡眠障害を専門的に治療している病院やクリニックが増えてきています。睡眠に関して専門的な知識を有しているため、あなたの不眠症についても、原因を特定して、効果的な処理をしてもらうことができます。

まずは、自分で睡眠の質を上げる工夫をしてみることも大切ですが、医師と相談をして、専門的なアドバイスをもらうことによって、より早期に不眠症を解消し、充実した毎日を過ごすことができるようになるでしょう。

不眠症が疑われた時の病院の探し方

不眠症が疑われた際の病院の探し方については、「日本睡眠学会」から探す方法と、「インターネット検索」を利用して探す方法があります。

それぞれの探し方について、詳しく見ていきましょう。

日本睡眠学会から探す

日本睡眠学会とは、「日本の睡眠治療における権威」のような存在です。

睡眠治療に対して専門的な知識を有し、信頼することのできる治療を行うことのできる機関や医師に対して、日本睡眠学会の「認定機関」や「認定医」として権威を与えています。

不眠症の診察・治療を考える際には、まずあなたのお住まいの近くに、日本睡眠学会の「認定機関」や「認定医」がいないかを探してみることが大切です。

具体的な探し方については、次の通りです。

  • 「日本睡眠学会」の公式ホームページに行く
  • 左メニューバーの下部にあるバナーの、「睡眠医療認定医リスト」をクリックする
  • 「認定機関」や「認定医」をクリックして一覧表を出し、あなたのお住まいの近くに存在しないかを探す

実際に診察を受けにいく際には、事前に病院に電話をして、不眠症の治療・診察を行うことのできる医師がいる曜日、時間帯を確認して、予約ができれば予約してから伺うようにしましょう。

インターネット検索を利用して探す

また、インターネット検索を利用して、「あなたのお住まいの近くにある睡眠治療を行うことのできる機関」を探すこともできます。

日本睡眠学会による認定機関になるためには、様々な条件をクリアすることが必要になります。そのため、認定されていなくても、十分に高度な治療を行うことのできる専門のクリニックや睡眠外来は多く存在しています。

また、睡眠治療は長期的・継続的に行っていくものであるため、「家の近くで行きやすい」という点は非常に重要な要素になります。

インターネット検索で探す場合には、次のキーワードを利用してお探しになってみて下さい。

  • 「睡眠障害 病院 お住まいの地域名」
  • 「不眠症 クリニック お住まいの地域名」

また、病院やクリニックにかかる際には、診察に必要な情報をあらかじめ準備しておくことで、より正確に診察を行うことができます。次の項で、用意しておくべき情報について具体的に見ていきましょう。

不眠症で病院にかかる際に用意しておくと良い情報

不眠症で病院にかかる際には、「あなたの睡眠の状態、生活習慣の状態に関する情報」をまとめて整理しておくことが大切です。

睡眠のどの部分に問題があるのか、生活習慣のどの点に問題があるのかを理解することで、あなたの不眠の原因を特定し、効果的な処置をとることができるようになるからです。

整理しておくべき情報には、次のものがあります。

  • 不眠の症状の種類
    入眠障害:夜なかなか寝つけない
    中途覚醒:夜に何度も目が覚めてしまう
    早朝覚醒:眠いのに朝早くに目が覚めてしまう
    熟睡障害:長時間寝ても寝た気がしない
  • 不眠症の症状が出てきた時期
  • 起床時刻と朝太陽の光を浴びる習慣の有無
  • 運動する習慣の有無
  • 起床時間は毎日同じ時間か、休日と平日で差はあるか
  • いびきの有無
  • カフェインの過剰摂取や、夜遅くのPCやスマートフォン操作の習慣の有無
  • 日中に強いストレスを感じる環境か
  • 睡眠時の無呼吸の兆候はあるか

上記の点で当てはまる点については、整理し、診察の際に伝えることで、医師がより正確にあなたの不眠症の原因を診察することができます。また、あなたの就寝時間、起床時間、目覚めの良さ、日中の眠気の有無を記録した「睡眠日誌」をメモ帳やノートにとっておくことも効果的です。

90日つけるだけ健康ノート
福田 千晶
永岡書店
売り上げランキング: 46,527

まとめ:不眠症が疑われたら早期に病院にかかって対処しよう

ここまでで、 不眠症かな?と思った時の病院の探し方と用意しておくべき情報についてご紹介してきました。

不眠症を解消するためには、あなたの不眠症の原因を特定して、その原因を解消することが大切です。不眠症の診察を起こっている病院にかかることで、あなたの不眠症の原因を特定し、早期に対処することができるようになります。

また、病院にかかる際に必要な情報を整理し、伝えることで、より正確な診察をしてもらうことができます。

不眠症に悩まされている方や、不眠症治療の病院を探していらっしゃる方は、是非本記事をご活用頂き、あなたの不眠症を早期に解消できるようにしていって下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment