つらい不眠症!不眠の治療に薬を利用するときの注意点

薬

不眠症には様々な症状がありますが、共通するのは「眠れない」ということです。

重症になると朝方になっても眠れず、昼間に辛い眠気と戦わなければなりません。やっと仕事が終わって帰って眠れるはずなのになぜか夜になると眠れない……。

このような習慣化した不眠症は、一度睡眠誘導剤などの薬を投入することで治すことができる可能性があります。市販されている睡眠薬もありますが、それらについて利用するときの注意などをご紹介いたします。

スポンサーリンク

不眠に薬が効く理由

不眠の女性

そもそも、「睡眠薬」とはなんでしょうか。なぜ睡眠薬を飲むと眠たくなるのでしょうか。

睡眠薬は広い意味では「眠気を催させる薬」を指します。もっと効果が強いものは鎮静剤などと言われます。暴れる患者や重症時に利用します。

睡眠薬は医療の世界では珍しいものではありません。薬を飲んで眠たくなった経験は多くの方にあると思います。例えば風邪薬ですね。風邪薬の副作用で強烈な眠気を誘発するものがあります。睡眠薬には、こうした副作用を利用して眠気を催すものがあります。市販されている薬はこのようなタイプが多いのですが、医療用の睡眠薬とは区別されている。

医療用で処方される睡眠薬には強い副作用があるものがあり、処方には専門医の診断を受ける必要があります。睡眠薬のタイプは「作用期間」で分ける場合と「構造式」で分ける場合があります。構造式は薬の分子構造の違いによって分類するタイプで作用する場所や効き方が違います。しかし、一般的には専門医の処方や副作用の調査で使うため、あまり馴染みがないかもしれません。

普通は作用時間で分けるもので理解しておくと良いでしょう。

  • 超短時間型/li>
  • 短時間型
  • 中時間型
  • 長時間型

これらは、症状に合わせて処方されます。後者の中時間型と長時間型は途中で起きてしまうなど比較的軽い症状に処方され「睡眠誘導薬」などともよばれています。すでに「不眠症の薬の副作用と正しい利用方法を理解するための4つのポイント」などの記事がありますから、一度読んでみてください。

市販の睡眠薬と処方される睡眠薬

市販されている睡眠薬は抗ヒスタミン剤という薬の副作用を利用したもので、これは睡眠薬とは厳密には言われません。

癖になったりもしにくく、常習性も比較的少ないので、これで十分という方は服用することも良いでしょう。ただ、薬代はそれなりに掛かります。前節で書きましたようなタイプ別の睡眠薬は医師の処方によるものです。

注意したいのは処方される睡眠薬には強い「持ち越し効果」があることがあります。翌日まで睡眠薬の効果が残り、ひどい倦怠感や頭痛などが起こることがあります。これらは高齢者に発生しやすいのですが、睡眠時間が短い場合や、夜遅い時刻に睡眠薬を飲んだ時などに起こる可能性があります。

このような「持ち越し効果」を少しでも感じたら、自動車の運転や、機械の操作などをしてはいけません。強い睡眠薬を服用した場合、持ち越し効果と昼間の体調によっては強烈な眠気が襲ってくることがあるからです。

持ち越し効果を感じたらすぐにかかりつけ医に相談し、効果の半減期が短い薬に変えてもらうようにしましょう。

睡眠薬を効果的に飲むための秘訣

こうした「持ち越し効果」は睡眠薬を服用した時の状態によっても変わります。昨日はそんなに昼間眠たくなかったはずなのに、今日はひどく眠い……なんてこともあります。それは睡眠薬の飲み方が悪い可能性があるでしょう

効果的に睡眠薬を服用するためには、まず「お茶やコーヒーなどを飲まない」ということが挙げられます。カフェインが含有されるものを飲むと睡眠薬の効果が大幅に低下します。タバコも可能な限り避けたほうがよいでしょう。

次に睡眠薬を併用しないということです。複数の睡眠薬を飲むことは絶対にいけません。市販の睡眠誘導剤を飲んでから、睡眠薬を摂取するなどのことや、制限量以上の睡眠薬を飲んではいけません。

また、睡眠効果のある抗ヒスタミン剤、風邪薬などとの併用も危険です。医師の指示に従って適切な飲み方を心がけましょう。

そして何よりも「眠るためのリラックス」を心がけましょう。入眠の直前までPCやスマホをいじっていて、すぐに睡眠薬を服用するといった生活はよくありません。入眠二時間前には強い光を浴びることはせず、音楽やアロマなどをかけてゆっくり睡眠に入れるように準備をしましょう。

自律神経にやさしい音楽
メンタル・フィジック
デラ (2007-07-25)
売り上げランキング: 256

まとめ:適切に使って心地よい睡眠を

睡眠薬は適切に使うことで不眠の治療に効果を発揮します。

効かないなぁといって大量に摂取することはせず、心地よく眠れるように、適切な飲み方を心がけましょう。また、少しでも体にあわないと思ったり副作用があったりした場合にはすぐに服用をやめ、専門医に相談するようにしてください。正しく睡眠薬を服用して安眠ライフを。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment