うつ病治療薬ジェイゾロフトによる不眠対策5つのポイント

広告ロゴ
頭痛

 
うつ病の症状として不眠が挙げられます。しかしうつ病の治療薬で副作用が少ないとされる第三世代のジェイドロフト。これには副作用として不眠の症状が出ることがあります。

こちらでは、ジェイドロフトによる不眠の対策方法をご紹介します。

スポンサーリンク

問題の解消方法・実践方法など

ジェイドロフトとは

薬

ジェイゾロフトとは、抗うつ剤です。通常、うつ病・うつ状態、パニック障害の治療に使用されます。ジェイゾロフトはリラックス作用のあるセロトニン濃度を高めてくれる効果があるとされます。ゆううつな気分をやわらげ、不安な気持ちを解消してくれます。効果が出るまで2週間ほどかかる事が多くなっています。

セロトニンとは

うつ病はセロトニン神経の働きが鈍ることで引き起こされます。強いストレスを受けたり、不規則な生活などを続けることで、セロトニン神経の働きが鈍化することがあります。

ドーパミンは意欲を高めるホルモンですが、その暴走を制御するのがセロトニンです。そしてノルアドレナリンはストレスに過剰に反応して、不安神経症やパニック障害を引き起こす原因となります。その暴走をコントロールするのもまたセロトニンなのです。つまり、セロトニンは心を平常に保つ上で、重要な役割を果たしているのです。ここでセロトニンの働きが衰えると、うつ病になってしまうのです。

抗うつ薬の第三世代SSRI

ジェイゾロフトは選択的セロトニントランスポーター再取り込み阻害薬(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors:SSRI)です。SSRIは脳内に存在するセロトニン再取り込み機構を選択的に阻害し、シナプス間隙のセロトニン濃度を高めて持続的にセロトニン神経伝達を良くします。セロトニン系の神経にだけ選択的に働くのが特徴です。この特性により、従来の抗うつ薬に多い口の乾きや便秘などの不快な副作用も少なくなっています。従来品とは違う新しいタイプなので、第3世代の抗うつ薬とされます。うつ病の主要薬として広く処方されるようになりました。

  • ルボックス(成分名:フルボキサミン)、デプロメール(成分名:フルボキサミン)
  • パキシル(成分名:パロキセチン)
  • ジェイゾロフト(成分名:セルトラリン)
  • レクサプロ(成分名:エスシタロプラム)

副作用

副作用が圧倒的に少ないことが特徴で、世界中で利用されている薬です。一番多く起こる副作用としては吐き気です。しかし飲み始めの吐き気は、たいてい2週間くらいで軽くなってきます。また、とくに飲み始めに、眠気やめまいを起こすことがあります。その他に口の渇き、頭痛、下痢、不安感、イライラ感、混乱なども起こることがあります。また、重い副作用はほとんどありませんが、SSRIの特徴的な副作用として「セロトニン症候群」があります。不安、興奮・混乱、発汗、体のぴくつき、ふるえ、けいれん、発熱といった症状があらわれます。

ジェイドロフトと不眠

ジェイドロフトの不眠作用

薬の効果として不安はなくなりますが、反対に興奮してしまうので、睡眠障害に陥ることがあります。夜寝る前に飲むと、眠れなくなることもあるので、夜の服用はやめましょう。1日に1回の服用で済むため、夜飲んでいるのを朝にするなど医師と相談しましょう。

薬を替えてみる?

急激な服用の中断や減量にした時に不安、浮動性めまい、興奮、悪心、頭痛症状などが起こることがあります。これを離脱症状といい、防ぐ為に1/2錠、1/4錠などと徐々に中止していきます。よって自己判断による服用中止は避ける必要があります。この減薬、退薬期間は個人差があり数週間~数か月になります。自分に合うと思っていた薬を辞め、新しい薬に変えるのは、リスクが大きいです。そのため、ジェイゾロフトの服用はそのまま続け、不眠を改善しようとする方が賢明です。

不眠対策

自分で出来る不眠対策をしましょう。不眠は寝る前のちょっとした工夫で薬を減らせたり,薬なしで眠れるようになります。

朝日を浴びる
朝起きて、光を浴びると体内リズムが正常化され、不眠も改善されていくと言われています。

ゆっくり体を温める
ゆっくり入浴して体をほぐし,まだ少し体が温まっているうちに寝ましょう。また、寝る前の軽いストレッチも不眠対策に有効です。この場合は体を鍛えるわけではないので,あくまで体がほぐれるようにしましょう。                              
 
寝る直前には考え事をしない
悩み事や昼間の出来事を寝る直前には考えないようにしましょう。悩み事があると布団の中でもつい思い巡らせてしまい,やがて頭がさえてきてしまいます。

セロトニンを作る食べ物を摂る
トリプトファンを含む食べ物にはバナナ、納豆、カツオ、牛乳などがあります。積極的に摂取しましょう。

治す! うつ病、最新治療 ──薬づけからの脱却
リーダーズノート編集部
リーダーズノート
売り上げランキング: 17,193

まとめ:ジェイドロフトでの不眠対策

副作用の少ない第三世代のうつ治療薬、ジェイドロフトは世界中で使われています。しかし、ジェイドロフトにも副作用が出ることがあります。吐き気が出ることが多いですが、不眠を訴える方も少なくないよう。おさらいしておきましょう。

不眠対策

  • 薬の服用を朝にする
  • 朝日をあびる
  • 寝る前に体を温める
  • 考え事をしない
  • セロトニンを作るものを食べる

もともとうつ病の症状には不眠が含まれます。この記事を参考に、睡眠薬なしでの不眠対策をしてみてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。