原因を知ることが解決の近道!動悸による不眠の原因と3つの対処方法

広告ロゴ
不安

日常生活において、少し走ったり身体を動かしたりすると、心臓はドキドキします。これは、どなたでも経験があることかと存じます。しかし、布団に入ってさぁ寝ようとしたときにドキドキと動悸がした経験はありませんか。そして、その動悸により眠れなくなり、不眠症に悩まされている方は大変辛い思いをされているかと存じます。

本記事では、なぜ動悸が起きるのかその原因、そして動悸による不眠を解決するための3つの対処方法をご紹介します。普段から、動悸による不眠症に悩まされているという方は、本記事をぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

動悸は身体のサイン?

悩む

私達の心も身体も癒してくれる睡眠、とても大切なものです。睡眠不足になると、精神的にイライラするなど心が乱れてしまいます。また、寝ている間は成長ホルモンが分泌されるため、細胞や骨の修復や維持など、肉体的にもとても重要です。私達人間が健康であるためには、「睡眠」は必要不可欠なものです。

そのような睡眠のバランスを崩し、私たちを悩ます不眠症の原因でもある「動悸」は辛いものです。ご自身の心臓がドキドキとしているため、どうしたら眠れるのか途方にくれてしまいますよね。「寝る前に特に変わったこともしていないのに、動悸がする…、リラックスしているし何故?」と、動悸により眠れなくなる方は思われます。また、夜中にご自身の動悸により目を覚ましてしまい、そのまま眠れないという方もいらっしゃるかと存じます。驚いたり、精神的に興奮するこようなことが起こったわけでもないのに動悸がする場合、そこに必ず原因はあります。

そしてその原因は、さまざまなものがあり、動悸は、身体が出しているサインといえます。次に、その原因についてみていきましょう。

動悸の原因とは?

一口で動悸といっても、その原因はさまざまです。しかし、その原因は大きく分けて次の5つに分けられます。

  • 精神的なもの…多くの動悸の原因とされるのがストレスです。外での仕事や、学校、家事や育児などにより知らず知らずのうちにストレスがたまり、動悸の症状があらわれる場合があります。
  • 心臓などの疾患…心臓やその他の身体の機能が低下することにより、動悸が起きることがあります。代表的な病気としては、「慢性心不全」、また「心筋梗塞」や「狭心症」などの疑いもあります。
  • 不整脈…激しい運動や精神的に興奮していないにもかかわらず、突然脈が早くなったりゆっくりになったりすることを「不整脈」といいます。上記の「心臓の疾患」が原因で起こることもあれば、生まれつきの先天性の場合もあるようです。
  • 更年期障害…特に、中高年の女性の方に多いのが、更年期障害による動悸です。更年期障害は、自律神経の乱れが原因とされており、症状として動悸もあらわれるとされています。
  • 服用している薬の副作用…意外と気づかない原因が、薬の副作用です。最近新しい薬を服用し始めたという場合は、副作用があらわれているかもしれません。

上記のように、動悸の原因はさまざまなものがあります。まずは、ご自身でなぜ動悸がするのか、その原因をしっかりと考えましょう。それでは次に、動悸による不眠の3つの対処方法をご紹介します。

動悸による不眠の3つの対処方法

動悸による不眠の3つの対処方法とは、次の通りです。

  • 眠る前はなるべく精神的にリラックス
  • 現在服用している薬の再確認
  • 病院へ行く

では次に、上記の3つの対処方法について詳しくご案内します。

眠る前はなるべく精神的にリラックス

もしストレスが原因の場合は、リラックスすることで動悸による不眠症は改善されるでしょう。例えば、1番簡単に行える対処方法が、眠る前に音楽をかけてみることです。ご自身がお好きな音楽であればどのような音楽でも構いませんが、なるべくゆっくりとしたテンポの音楽が良いでしょう。布団の中で、動悸のことはあまり深く考えず、深呼吸をして音楽をゆったりとした気持ちで眠りにつきましょう。

現在服用している薬を確認する

特にストレスがたまっているわけでもないのに、眠れないという場合は、外因的なものが起因している可能性があります。もし、最近新しい薬を服用し始めたという場合は、薬の副作用をまずは確認してみましょう。病院で処方されているものであれば、担当医の医師に確認をし、市販のものであれば薬局の薬剤師に確認をすると良いですよ。

病院へ行く

ストレスはたまっていない、また薬も服用していないという場合は、身体的な問題により動悸が起こっている可能性が高いです。そのため、病院へ行って詳しく検査をしてもらいましょう。心臓の動きを調べる心電図などを撮り、調べてもらうことができます。女性の方であれば、更年期障害も疑われますので婦人科に足を運ばれるのも1つの方法です。

まとめ:ご自身と向き合って原因をつきとめましょう

本記事では、なぜ動悸が起きるのか、そして動悸による不眠を解決するための3つの対処方法をご紹介してきました。もう1度、その3つの対処方法を確認しましょう。

  • 眠る前はなるべく精神的にリラックス
  • 現在服用している薬の再確認
  • 病院へ行く

動悸による不眠症は、動悸がする原因を解決することが1番の近道です。そして、その原因とは人それぞれといえます。そのため、まずは今のご自身の精神状態や置かれている環境、身体の変化などをしっかりと再確認することが大切といえるでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。