ふくらはぎのむくみが起きる5つの原因と対策

足のふくらはぎ

多くの女性のお悩みとしてあげられるのが、ふくらはぎのむくみ。

せっかく買ったお気に入りのブーツが履けなかったり、ミニスカートを履くのがためらわれたり、ほんとに困ってしまいますね。

ふくらはぎのむくみの原因は血液の流れの滞りにあります。本記事では、ふくらはぎのむくみの原因を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

「むくみ」ってどういう状態?

足のむくみ

「むくみ」は、医学的には浮腫と呼ばれます。これは、血液中の水分が血管やリンパ管の外にしみだして、手足・顔などの皮膚の下に溜まった状態です。

それでは、何故水分が溜まってしまうのでしょうか?まずはじめに、私たちの身体の中の仕組みを理解しましょう。

血液、リンパ液の流れ

私たちの身体には、全身に動脈静脈の二つの血管とリンパ管が張り巡らされています。

私たちの身体の細胞に酸素や栄養を送り届けているのは、血しょう成分です。血液内の血しょう成分は、動脈を通って身体の隅々まで運ばれ、細胞間の細胞間液となって細胞に酸素や栄養を届けます。

栄養を届けた細胞間液は、細胞内で使われた二酸化炭素や老廃物を回収し、再び血しょう成分となって、静脈やリンパ管を通って心臓に戻ります。

むくみが生じる仕組み

むくみは、細胞間液が細胞の間に余分な水分として溜まってしまった結果現れるものです。

通常なら細胞間液は血しょう成分となり、静脈やリンパ管を通って心臓に戻ります。
しかし静脈がつまっていたり、リンパ液がスムーズに流れなかったりすると、この働きが滞ってしまうため、細胞間液が血管に戻らずに細胞と細胞の間に溜まってしまいます。
これが、むくみの起こる仕組みです。

ふくらはぎのむくみ:5つの原因

ここまでに、むくみが起こる仕組みをご紹介しました。それでは次に、このようなむくみが、ふくらはぎに現れる場合の原因を考えてみましょう。

筋力の低下

ふくらはぎの筋肉には、足に降りた血液を心臓に戻す働きがあります。このため、ふくらはぎの筋力が低下し、血液を運ぶポンプ機能が衰えると、ふくらはぎに水分がたまり、むくみの原因になります。

これを解消するには、爪先立ちを繰り返す運動や軽いランニングでふくらはぎの筋肉を鍛えることが大切です。

長時間同じ姿勢

長時間立ちっぱなし、座りっぱなしでいると、血液やリンパ液の流れが悪くなりむくみの原因となります。

重力により下へ下がってきたリンパ液や血液は、筋肉が動くことでこれがポンプの役割を果たし、心臓へと戻されます。しかし、ずっと立ちっぱなし、座りっぱなしではこの働きが少なくなってしまうため、血液やリンパ液の流れが悪くなるのです。

また、長時間立ったままで足に疲労が溜まると足の筋肉が硬くなり、それにより血液やリンパ液の流れが悪くなることもあります。

塩分の取り過ぎ

塩分を摂り過ぎると、細胞の外に余分な水分が溜まりやすくなり、むくみの原因となります。

これは、細胞の水分はナトリウムとカリウムで保たれていますが、塩分を摂り過ぎるとナトリウムが過剰になり、水分が溜まりやすくなるためです。

塩分の摂取量は1日10g以下が目標です。外食や加工食品には塩分が多く含まれているため、注意が必要です。自宅で調理する場合も、味付けを塩分に頼らず、だしや香辛料、酢、薬味を上手に活用することで、塩分の摂取をおさえることができます。

冷え性

冷え性とは、身体の他の部分が温まっているのに、手先や足先が冷えているような感じが続くことです。

これは、血行不良により手先、足先まで暖かい血液が回らないことが原因です。血行不良の状態では、血液、リンパ液の流れが悪くなるため、むくみがおこりやすくなってしまうため、むくみが生じやすくなります。

下肢静脈瘤

むくみの症状がいつもより悪い場合、下肢静脈瘤という病気が原因である可能性があります。

下肢静脈瘤とは、静脈にある弁が壊れて血液が逆流してしまい、足に溜まってしまう病気です。

前にご説明したように、静脈は二酸化炭素や老廃物をとりこんだ血しょう成分を心臓に戻す働きを担っています。このとき、足の静脈は重力に逆らって血液を心臓に戻さなければいけないため、逆流を防ぐための弁がついています。

長年の立ち仕事や出産などで静脈の機能が衰え、弁が壊れてしまうと、血液が心臓に戻されずその場に溜まるために、ふくらはぎのむくみや血管が浮き上がって皮膚の上からも見えるような症状となってしまいます。

下肢静脈瘤は命にかかわるような病気ではありません。しかし重症化すると、溜まった血液成分が皮膚に染み出して皮膚が黒ずんで硬くなったり、湿疹ができてかゆみが生じたりします。

ふくらはぎのむくみがいつもと違うと感じたら、この病気が原因である可能性もあるため、早めに病院を受診されることをおすすめします。

まとめ:ふくらはぎのむくみの原因は血液、リンパ液の滞留

ここまで見てきたように、ふくらはぎのむくみの原因は、血液、リンパ液が上手く流れずに、細胞間液が細胞の間に溜まってしまうことです。

このようなことがおこる原因をもう一度まとめてみましょう。

  • ふくらはぎの筋力の低下
  • 長時間同じ姿勢
  • 塩分の取り過ぎ
  • 冷え性
  • 下肢静脈瘤

ふくらはぎのむくみは放置しておくと、セルライトというダイエットの強敵にもつながってしまいます。

むくみやすいとお悩みの方は、本記事をご参考にむくみの原因を取り除き、むくみのないスッキリふくらはぎを目指してみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment