熱いお風呂に入って美肌やダイエット「hsp入浴法」とは

風呂桶

お風呂を利用した美容・健康法としてhsp入浴法と呼ばれる方法があります。Hsp入浴法は、効率よく行えば、美肌・ダイエット・免疫力向上・疲労感からの脱却・精神的なリラックス効果など様々なメリットがあります。

hsp入浴法とは一体どのような方法なのでしょうか。また、hsp入浴法を実践する際の注意点はどのような点にあるのでしょうか。本稿では注目されるhsp入浴法についてポイントをまとめていきます。

スポンサーリンク

hsp入浴法とは?その効能

風呂

hsp入浴法(ヒートショックプロテインにゅうよくほう)という入浴法を聞いたことはおありでしょうか。hsp入浴法は、体のタンパク質を上手に活用して、美肌・疲労耐性・免疫力向上・ダイエットなどの効果を得ることが期待できる入浴法です。

hsp入浴法は、医学的な根拠に基づいているので、信頼性が高い入浴法です。また、その方法は、「熱いお湯に入ることは健康に良い」という「江戸っ子風」な、粋な入浴法として、日本人にぴったりな入浴法ということもできます。

hsp入浴法は具体的には以下のような手順でお風呂へと入浴をすることになります。

hsp入浴法の実際の方法

hsp入浴法は、端的に言いますと、熱いお湯のお風呂に比較的長い時間浸かるという入浴法です。具体的には、お風呂の温度を調節し、 40℃のお風呂なら20分、41℃のお風呂ならば15分、42℃のお風呂ならば10分首までしっかりと浸かるという入浴法です。

これだけでカロリーは200キロ程度消費をします。ごはんちゃわん1杯分のカロリーを消費しますので、ダイエットの効果が期待できます。また、体の温まりにより、「エンドルフィン」という物質が分泌され、体の疲労を和らげます。さらに疲れを感じる物質である乳酸の生成を遅らせて、疲労を感じにくくします。

同時に体のリンパの量が増えて、リンパの免疫力により抵抗力が強い体となります。付随的な効果としてhsp入浴法で体が温まることによって、精神状態もリラックスしてうつ病などの精神的な疾患にも良い影響を与える可能性があるとも言われます。

このようにして様々な健康・ダイエット効果があるのがhsp入浴法です。

美肌効果に着目したい・hsp入浴法の原理

ここまであえて触れていなかったhsp入浴法がもたらす美肌効果ですが、これは、hsp入浴法の原理と深く関係するので分けて説明します。

そもそもhsp=ヒートショックプロテインとは、体の傷ついたタンパク質を修復してくれる物質のことをいいます。私たちの体は様々な原因で傷ついてタンパク質が破壊されて、肌などが傷んでいってしまいます。このような肌の傷みを治してくれるのがhspです。

しかし、このhspは年齢とともに徐々に減少します。そしてhspの現象と反比例して私たちの肌は歳を重ねるごとに傷んできてしまいます。そこで、hspを増やすことで肌荒れなどをおさえて、美肌をもたらすということが期待できることになります。

では、どうやってhspを増やせば良いかというと、hspは軽いストレスによって増加します。そのようなストレスの中で非常に効果的なものが入浴法になります。つまり、熱いお湯で体に適度な刺激を与え、ストレスを感じさせることでhspを増やして

タンパク質の修繕(=美肌効果)その他の健康効果をもたらそうというのがhsp入浴法ということになります。

冒頭でも少し述べましたが「熱いお風呂にキュッと入る」ということは日本人が伝統的に好むことでした。これは、無意識的にhsp入浴法を実践していたということができないでもありません。hsp入浴法は、「生活の知恵」の一環を医学的な観点から形にということもできるかもしれません。

hsp入浴法の注意点

Hsp入浴法は、大変良い入浴法ですが同時に注意したい点もあります。それは何よりも水分の補給です。慣れるまでは必ずhsp入浴法の実践前に水分を摂ってから行うようにしましょう

hsp入浴法の実践中は体の温度を高めるために水分は摂らないようにすることが基本です。そのため、hsp入浴法で入浴中には水分を摂らないということになります。しかし、これはあまり慣れていない方、血圧のための方などは大変危険を伴うことがあります。

Hsp入浴法に慣れるまでは必ず事前に水分を摂られるようにしてください。また、hsp入浴法実践中も体調の不良を感じたら即刻中断することも大切です。

加温生活 「ヒートショックプロテイン」があなたを健康にする
伊藤 要子
マガジンハウス
売り上げランキング: 135,114

まとめ:hsp入浴法は決して無理をせずに

以上、本文で述べましたhsp入浴法のポイントをまとめますと以下のようになります。

  • hsp入浴法の効能-美肌・疲労耐性・免疫力向上・ダイエットなど様々な健康、美容効果
  • hsp入浴法の方法-> 40℃のお風呂なら20分、41℃のお風呂ならば15分、42℃のお風呂ならば10分首までしっかりと浸かる
  • hsp入浴法のポイントと注意点-hsp入浴法の最中は体温を維持するために水分を摂らない。その分、実践前にはしっかりと水分を摂る。また、体調の不良を感じた際などはすぐにhsp入浴法を中断する

hsp入浴法は決して無理をなさらずにご自身のペースで続けられることが何よりも大切です。まずは短時間からご自身の体調に合わせてゆっくりと開始されてみることがおすすめできます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment