自分に合うホームセキュリティを選ぶための基礎知識と選び方

広告ロゴ

admin-ajax (2)

最近では、多様な犯罪が増え、巧妙な手口に対応するため、「ホームセキュリティ」に加入したり、検討したりする人も増えています。以前は、財産を守るための「ホームセキュリティ」が主でしたが、今は一般の家庭でも、家族の安全や子ども達や女性の身を守る防犯のために加入するケースも増えています。

そんな時代に、何を基準に「ホームセキュリティ」を選んだらいいのかをご紹介していきます。まずは「ホームセキュリティ」を選ぶための基礎知識を学んだ後に、その選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

ホームセキュリティの内容とは?

1.jpgホームセキュリティ
出典:secom

「ホームセキュリティ」とは、日本語に訳せば「自宅を守る」となります。住宅侵入犯罪(外出時の空き巣や強盗など)の防犯や火災、ガス漏れなどの災害などから自宅や住人の身を守るシステムのことです。お子さんの安全やお年寄り、女性の安全やペットの見守りもしてくれます。

最近では、賃貸住宅やマンションなどで既にセキュリティ会社との契約が結ばれている場合もありますので、どんな警備の契約になっているのかも確認しましょう。

では、具体的に警備会社と契約した場合、ホームセキュリティのシステムはどのようになっているのか、基礎知識として学んでみたいと思います。

住居タイプや家族構成に合わせたプラン・サービス

「ホームセキュリティ」ということで、家全体のセキュリティプランを立ててくれるのが嬉しいサービスです。その際に住宅のタイプや家族構成に合わせたプランがありますので、それぞれに選ぶことができます。

例えば、一戸建てならば、玄関や窓の防犯を強化し、センサーを付けたり、外壁に異常を感知すると点滅するフラッシュライトを付けるなどを重点にしたプランがあります。また、マンションならばベランダからの侵入に備えるようにセンサーを付けるなど色々な所に付けるプランがあり、それぞれの間取りに応じて提案してもらえます。

さらに、単身の場合、病気やけがに駆けつけてくれたり、119番対応してくれます。また、女性向けに非常ボタンを押せば、緊急対応で急行してもらえるようなシステムなどもあります。

2.jpgホームセキュリティ
出典:glory-s 

ホームセキュリティの具体的な内容

それでは、具体的にホームセキュリティの内容とはどんなものなのでしょうか。例えば、システムを導入した場合に、自宅内に不法侵入者が入ると、センサーなどの機器で感知し、それが鳴ることで威嚇します。

また、すぐに警備会社に連絡が自動的に行き、警備員がすぐに駆け付けてくれます。実際に5分~10分以内に半数のケースで駆けつけてくれているという素早い対応です。

ガス漏れ、煙(火災)などを感知した場合にも警報音が鳴り、警備会社に情報が伝わり、消防局、ガス会社へ通報したり、警備員がすぐに駆けつけてくれ状況を確認してくれます。お年寄りや病気の急変などの場合には、専用の緊急ボタンを押せば警備員が駆けつけ、緊急対応をしてくれます。

また、自宅に設置したカメラによるネットワークシステムで、外出先から携帯電話やパソコンを利用していつでも家の中を見る事もできます。

ホームセキュリティの必要性は?

「ホームセキュリティ」システムを導入することで、とにかく、何かあったらすぐ駆けつけてくれるという対応は、家に住む家族全員に安心感を与えます。特に単身赴任でお父さんが不在の家庭や女性だけの単身の家、高齢者だけで住む家、留守がちで子どもたちだけの時間が多い家などには必要性が高い安心サービスです。

ホームセキュリティの注意点

賃貸住宅の場合には、センサーなどを設置する場合に工事が必要ですので、大家さんに事前に確認を取ることが必要ですので忘れないようにしましょう。また、このセンサーが敏感に反応しますので、間違って作動したりすることのないように用心することも必要です。すぐに警備員が駆けつけたり、周囲に迷惑をかけたりすることになります。

また、例えば、前もって停電などの事態が予想される時は、セキュリティ会社にも連絡をしてセンサーが異常になることも連絡することなども気を付けましょう。

ホームセキュリティの選び方は?

いざ「ホームセキュリティ」を考える時に、色々なホームセキュリティ会社があり、どの会社のどんなプランにするのか迷ってしまいます。そんな際にどのような基準で選んだらいいのかについて、いくつかのポイントで考えてみたいと思います。

➀月額料金
②防犯用センサーなどをどこにいくつ付けるかによる工事費と買い取り料金、レンタル料金(保証金)
③駆けつけてくれるまでの時間(拠点からの駆けつける時間)
④拠点の数の多さ
⑤24時間365日対応かどうか

また、ここでご紹介した①の料金だけ見ても月額料金だけでなく、センサーなどの工事費や買い取り料金またはレンタル料金まで見て、それらを総合して決めなければいけないということが言えます。

また、料金だけでなく、拠点が近くにあって早く実際に駆けつけてくれるのか、自分が必要とするセキュリティがどうなっているのかを家や家族構成のニーズに合わせて比較検討する必要があります。

3.jpgホームセキュリティ
出典:qnet-sec 

料金面での選び方

料金的に見れば、センサーの買い取り料金、レンタル料金が大きい負担になるのも見逃せません。2大ホームセキュリティ会社、セコムやアルソックで言えば、アルソックにはセンサーなどの初期費用が一切不要な「ゼロスタートプラン」があるのが特徴的です。短期で利用するのであればこのプランを利用すると割安に活用することができるでしょう。

また、長期的に見れば、例えば一戸建てのセンサー料金は同じような条件で比べるとレンタルならセコム、買い取りならアルソックが少し安いなどと比較できます。しかし、実際にはそれぞれのケースによって料金を比較してみる必要があります。

ホームセキュリティ会社の特徴

それぞれのホームセキュリティ会社によっても特徴がありますので、それらを基礎知識として理解した上で選ばれることをおすすめします。

まず、セコムは、盗難保険や災害見舞金が自動付帯しているという特徴があります。また、年配の方の外出時の体調不良にも迅速に対応するプランがあります。個人情報のデータも預かってくれるサービスもあり、個人情報を保護することもできます。

一方、アルソックはと言うと、最近の多様な犯罪に柔軟に対応してくれ、ストーカー被害を防ぐ「レディースサポート」などのプランがあるのも魅力的です。

子どもたち向けの「まもるっく」というサービスも嬉しいサービスです。GPS機能がついた携帯電話にアプリをダウンロードして活用し、簡単操作でアルソックに通報することができるようになるサービスです。すぐに通報を受けると警備員が対応してくれる嬉しい見守りサービスです。

ホームセキュリティを選ぶための基礎知識と選び方のまとめ

「ホームセキュリティ」についての内容のご紹介をしましたが、いかがだったでしょうか。家のセキュリティプランを専門家の目で作ってくれることに安心も覚える事でしょう。どこにどんなセンサーを付けて、どう防犯すればいいのかをプラン立てて提案してくれます。

また、昨今の様々な犯罪に対応して私達住民のニーズに合わせたセキュリティプランが考えられていることにも魅力を感じます。高齢者の方や単身女性の方で不安な方などにも安心を与えてくれる「ホームセキュリティシステム」です。

セキュリティ会社のステッカーを貼っているだけでも威嚇効果を発揮する位の効果があります。また、駆けつけるまでの対応の速さやその迅速な対応による安心感があり、ほとんどの人が満足しています。これからは、安心のためにも加入する人が増える時代になってくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。