人見知り赤ちゃんの大泣き対策6つのポイント

広告ロゴ
赤ちゃん

 

赤ちゃんってCMだとずっと天使のようにニコニコしているイメージがあります。しかしほとんどの赤ちゃんが人見知りで知らない人に大泣きします。そのうち時期が来れば終わるものだから心配はいりません。しかし、久しぶりに友人に会うとか結婚式に出席しないといけないとか、いろいろ大泣きされると困ることもありますよね。

こちらでは、人見知り赤ちゃんの大泣き対策6つのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんと人見知り

赤ちゃんの人見知りとは

赤ちゃん

人見知りとは、赤ちゃんがママ以外の知らない人に対して抱っこを嫌がったり、顔を見られると泣いたりするという行為です。人見知りは普段見なれているママと知らない人とを見分ける力がついた証拠です。赤ちゃんがママにしか懐かないのは、動物的な本能です。あまり積極的にお世話をしないとパパに人見知りすることだってあります。たまに人見知りをしない子もいるようですが、成長の過程でほとんどの赤ちゃんが通る道です。

赤ちゃんの人見知りの時期

赤ちゃんの人見知りは大体生後6〜8カ月頃から始まり,通常は2歳までに治まるとされます。人見知りは,赤ちゃんの発達上の過程で必要なもの。しかしその期間も程度も個人差があります。2、3ヶ月でも人見知りすることがあり、逆に全く人見知りをしない子もいます。ほとんどの場合激しい人見知りは1歳過ぎにはおさまります。2歳過ぎになっても知らない人に会うと恥ずかしがることもありますが、やがては卒業します。

密室育児が原因?

赤ちゃんの人見知りがひどいと、義理の両親がママを非難することが結構あるようです。育児の専門家であっても人見知りはママの育て方に問題があるとする人もいます。普段からどれだけの人とふれあっているか、活動的なママだと人見知りしないという意見が多く聞かれます。しかし人見知りと外に出て活動しているかなどは、実際は無関係なようです。今は核家族化が進んでいて、日中赤ちゃんのお世話をするのはママ一人っきりということも多いです。ただでさえ赤ちゃんのお世話は大変。ママだってみんなが社交的な性格というわけでもないですし、夜泣きで疲れて外出する気になれないこともあるでしょう。赤ちゃんサークルや児童館は赤ちゃんの成長には有効でしょう。ママも他のママとおしゃべりしたり情報交換したりできるのでオススメです。しかし行かなければ発達に異常をきたすわけではありません。あくまでも人見知りは赤ちゃんの個性なのです。

人見知り赤ちゃんの大泣き対策

警戒心を理解して

赤ちゃんは自分から視線を外せないもの。凝視したまま相手から目をそらせず怖くなって大泣き、なんてパターンが多いです。赤ちゃんが知らない人に合う時、相手の方に赤ちゃんをじっと見ないようにしてもらうといいですね。ママはまず赤ちゃんをしっかり抱きしめて優しく声をかけましょう。そしてママ自身がその相手と笑顔で接するところを赤ちゃんに見せることが大事です。ママが笑顔で楽しそうに話しているのを見て、この人は安心できる人なんだと赤ちゃんも感じ取れるはず。

抱っこはさせない

人見知りを慣れさせるために、赤ちゃんが嫌がっても他の人に抱っこさせるべきでしょうか。赤ちゃんが大泣きしているのに抱っこしたいと言われたら、ママはどうしたらいいか悩むと思います。しかし我慢させて他の人に抱っこをさせると、より人見知りが激しくなる可能性もあります。無理やり母親から引き離すことは、逆効果になります。「今は人見知りの時期ですから」と話して理解してもらうといいですね。引きつったママの顔を見ると赤ちゃんは余計に大泣きしてしまいます。

別の人に赤ちゃんをみてもらう時

ママも急に病気になったり、用事ができることもあります。離れて住んでいる祖父母にお世話をお願いしないといけない場合もあるかもしれません。もし前もって分かっていれば、ママが留守にする数日前に来てもらい、慣れてもらいましょう。ベビーシッターをお願いする場合でも数日準備期間を持てるといいですね。保育園に預ける場合などでも、保育士さんに愛着を覚えるようになれば大泣きもなくなるそうです。

ご機嫌ポイント

大人でも空腹だったり眠かったりすると不機嫌になりがちです。赤ちゃんをどうしても泣かせたくない時には、あらかじめお腹を満たしてあげて少し眠らせるといいですね。また、眼鏡や帽子、マスクがダメだったり、男の人が苦手だったりなど、なにか赤ちゃんなりにポイントがあったりします。それをリサーチしておくとママも対処しやすいです。

赤ちゃんがピタッと泣きやむ100のコツ―いま、すぐ、試せるコツ満載
主婦の友社
主婦の友社
売り上げランキング: 600,330

まとめ:人見知り赤ちゃんの大泣き対策

赤ちゃんのほとんどが程度の差こそあれ、人見知りを経験します。しかし仕方ないとはいえ大泣きされると困る場面もあります。対策のポイントをおさらいしておきましょう。

人見知りの対策ポイント

  • 赤ちゃんをじっと見ないように相手にお願いしておく
  • ママは笑顔で
  • 無理に抱っこさせない
  • 準備期間で他の人にも愛着をもたせる
  • 空腹時、眠い時を避ける
  • 赤ちゃんの苦手ポイントを把握する

人見知りはいずれなくなります。この記事を参考に、人見知りの時期を乗り切ってくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。