人見知りしない赤ちゃんに気をつけて見て欲しい3つのポイント

広告ロゴ
母子

生後6ヶ月を過ぎると、徐々に人見知りをする赤ちゃんが増えてきます。

一方、初めて会った人にもニコニコしたり抱っこされたりなどと人見知りをしない赤ちゃんもいます。

その違いはどこにあり、人見知りをしないことは何か影響があるのでしょうか。

ここでは、人見知りのメカニズムと人見知りをしない赤ちゃんの特徴について説明していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの人見知りって?

赤ちゃん

生まれて初めての人見知りには、いろいろな理由があります。どういう意志の現れなのか、しっかり認識して接するようにしましょう。

人に区別がつくようになった証拠

人見知りは、主に「親しい人以外の人を拒否する」ことです。生まれて6ヶ月を経て、自分にとって誰が安心できる人なのかを認識していきます。一番一緒にいる時間の長い母親に対して、この人は安心できる、自分の意思を感じ取ってくれると認識し、母親を特別な人であると認識します。

一方、母親以外の人に対しては、危険かもしれないと拒否反応を起こします。たとえば他の人に抱かれても泣き続ける、母親に抱かれたがるなどです。

泣くだけが人見知りではない

人見知りというと、知らない人の顔をみると泣き出すといったイメージがありますが、何も泣くことだけが人見知りではありません。

たとえば、他の人に抱かれても母親ばかりを目で追う、母親以外の人が近づいてきたら目線をそらすなどです。

子供が人見知りをしないと心配している人も、そういった反応がないかどうか観察してみてください。

人見知りしない=愛情不足ではない

昔はよく「人見知りをしないのは愛情不足だからだ」と言う人もいましたが、決してそういうわけではありません。人見知りをしない、もしくは人見知りが軽い赤ちゃんの特徴を挙げていきます。

他人に慣れている赤ちゃん

兄弟や家族が多かったり、児童館などに通っていて他人と触れ合う機会の多い赤ちゃんは、母親以外の人にも慣れているため人見知りが軽い傾向にあります。こういった赤ちゃんは、「安心できる人」の幅が広いため、初めて会う人でも大丈夫だと認識しがちなのです。安心できる人が複数いるというのは決して悪いことじゃないです。

泣くことができない赤ちゃん

上記にも書きましたが、泣くだけが人見知りではありません。なかなか泣くということが苦手であるという赤ちゃんもいて、そういう子は泣く以外の方法で人見知りを知ることが必要です。

母親が抱っこしているときに、初めて会う人が近づいてきたらどういう反応を見せるのか観察してみましょう。意思表示が苦手なだけであれば、母親が気づいてあげる必要があります。

母親と他人を認識していれば問題ない

中には、まったく人見知りをしないという赤ちゃんもいます。誰が抱いてもニコニコしているような赤ちゃんですね。こういう赤ちゃんは、よく母親を認識してくれてないんじゃないかと不安になるママが多いのですが、そうとは限りません。

たとえば、母親が外出から戻ったときに大きく喜んだり、他人よりも母親に対して微笑む頻度が高かったりという「母親と他人」という認識ができているのかどうかをみてみてください。注意してみてみると、他の人との違いを見つけることができますよ。

赤ちゃん学を知っていますか?―ここまできた新常識 (新潮文庫)
産経新聞「新赤ちゃん学」取材班
新潮社
売り上げランキング: 28,731

人見知りにも個人差がある

以上、人見知りのメカニズムと人見知りをしない赤ちゃんの特徴について説明させていただきました。人見知りをしないと不安に感じているママに知ってほしい、「泣く」こと以外の人見知り症状は以下の3つです。

  • 他人が近づくと目をそらす
  • 他人の抱っこだとあまりニコニコしない
  • 他人をみると母親の服などを強く握る

子供が人見知りをしないと、母親をちゃんと認識できているのか、他人がわからないんじゃないかと不安になるママは多いと思います。しかし、人見知りにも個人差があって、母親以外の人が近づくだけでも泣き叫んでどうしようもない赤ちゃんもいれば、泣くことはないけど母親の近くにいたがるような赤ちゃんもいます。

大切なのは、ママが赤ちゃんのサインに気づいてあげることです。ギャーギャー泣くといったタイプの赤ちゃんであればひと目で分かりますが、そうでない赤ちゃんの場合はしっかりと観察してあげる必要があります。他人に対して何か違う対応をしていないかしっかりみてあげてください。

人見知りをするということは他人を認識できるようになったという成長の証ではありますが、赤ちゃん自身は不安や恐怖を感じているものです。赤ちゃんが人見知りのサインを出していたら、赤ちゃんが安心できるようにしっかり抱っこしてあげて「大丈夫なんだ」ということを教えてあげてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。