成長の証?人見知りで泣き出す8ヶ月の赤ちゃん

広告ロゴ
赤ちゃん

だんだんと、ねんねばかりだった赤ちゃんも、8ヶ月になると、お座りが一人で安定して出来るようになったり、はいはいが出来たり、ご飯を自分で食べたがったり、自己主張は強くなったりと、どんどん成長する赤ちゃん。

みんなそれぞれ、成長には、個人差があり、赤ちゃんそれぞれのキャラがあります。お出かけも段々出来るようになってくると、ママを悩ませる、ママやパパ以外の家族の人との繋がり。そう、人見知りです。

初めて会う人でも、ニコニコと愛想をふりまき、抱っこしてもらえれば、誰とだって機嫌良く遊ぶ赤ちゃんもいれば…初めての人に話しかけられるだけで泣いてしまい、抱っこされたら、ばぁばやじぃじでも、人見知りで大泣きしてしまう赤ちゃんも。8ヶ月になれば、ママとパパ、それ以外の人の区別は少し離れた場所からでも十分区別がつくようになります。

本記事では、人見知りで泣き出してしまう8ヶ月の赤ちゃんを持つ、ママが抱く不安について、ご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

人見知りは赤ちゃんの成長の証?

双子

人見知りは、赤ちゃんがママ以外の人への、警戒心によって起こります。8ヶ月にもなれば、早い子だと、「ママ」「パパ」「やだ」などをおしゃべりできる子もいます。おしゃべり出来る子がいる?そうです。それだけ、周りの物事や人の区別がつき、知恵がまわってきているということです。

6ヶ月から人見知りする!と育児書には書いてあったけど、うちの子は6ヶ月の時は、人見知りはなかったの。8ヶ月にもなって、なぜ今人見知りし始めたのかわからない。と戸惑うママいるかもしれません。赤ちゃん達はロボットではありませんので、みな個人差があって当たり前です。

のんびりやさんの赤ちゃんで、知らない人にも興味津々の赤ちゃんなら、もっと遅く1歳過ぎてから人見知りを始める赤ちゃんもいます。

ママやパパ以外の人と他の人の区別が付くようになったんだわ!かしこくなったのね!ちゃんと成長している証ね。とおおらかな気持ちで見守りましょう。

ママがお家にばかり居るから?

赤ちゃんを連れてお出かけは大変なものです。久しぶりにあった、祖母や祖父に人見知りする赤ちゃんもいるでしょう。そんな時、「ママがお家にばかりいるから、他の人に慣れないのよ~!」と言われ自分を責めてしまうママが居ます。

生後1ヶ月から毎日お出かけしたり、生後3ヶ月から保育園にいく赤ちゃんでも、人見知りをする赤ちゃんは沢山います。生後6ヶ月の時はしなくても、8ヶ月になった途端、他の人と目があっただけで大泣きする赤ちゃんもいます。

ママ以外の人に触れている時間・回数 = 人見知りしない

ではないのです。周りに何を言われても、気にせず、人見知りの時期だから~と流しましょう。

もし、人見知りを軽減させたいなら、祖父母などに会う前に、赤ちゃんを抱っこしたり、正面にお座りして、やさしい顔で目を合わせて、「今日はおじいちゃんとおばあちゃんに会いに行くよ。おじいちゃんもおばあちゃんも、あなたのことが大好きでとてもやさしいのよ」と繰り返し伝えてから会ってみましょう。8ヶ月の赤ちゃんは話せなくても、ママが何を話しているかわかっています。繰り返し伝えることで、ママがそういうなら大丈夫。と赤ちゃんも安心して、会うことができます。

ママの愛情不足?

人見知りは、ママから赤ちゃんへの愛情不足という人がいます。赤ちゃんに普段から、十分に手を掛けてあげられなかったり、スキンシップに十分に時間をかけられなかったりすることが原因ともいわれています。

本当にママの愛情不足が原因なのか?

人見知りは、乳幼児期にみられる一過性のものです。ママとママ以外の人を見分け、区別し、この人誰だろう?と赤ちゃんが警戒しているのです。一概に、ママの愛情不足とは言えなさそうです。

仮に、ママの愛情不足だとしても、愛情不足かどうかは誰が決めるのか?そうです。人見知りの張本人の赤ちゃんです。8ヶ月の知恵のまわってきた赤ちゃんは、なんでも、自分の思うとおりにいかないと気が済まない赤ちゃんも沢山います。ママに一日中抱っこしてもらいたい赤ちゃん。早めで8ヶ月で、ハイハイやおすわり、つかまり立ちなどが出来る赤ちゃんは、一人遊びに夢中になり、ママの抱っこを嫌がる赤ちゃんもいます。ママの愛情不足は周りが決めるものではありません。赤ちゃんが求めそれをママが十分にこたえてあげられていれば、赤ちゃんは満足しているのです。

自分は赤ちゃんへ愛情不足なのかも。などと自分を責めずに、ママ自身の赤ちゃんへの愛情に自信をもってくださいね。

赤ちゃんがピタッと泣きやむ100のコツ―いま、すぐ、試せるコツ満載
主婦の友社
主婦の友社
売り上げランキング: 602,148

まとめ

いかがでしたか?赤ちゃんの人見知りに対しての不安が薄らぎましたでしょうか?

  • 8ヶ月の赤ちゃんは、知恵がまわり、人見知りするのは当たり前!成長の証と思い、見守りましょう。
  • 8ヶ月の赤ちゃんは、どれだけ小さいときから、毎日お出かけしていても、人見知りする赤ちゃんは沢山います。赤ちゃんの性格や個性と思い、一過性ものだから大丈夫!とおおらかな気持ちで受け止めましょう。
  • 8ヶ月の赤ちゃんは、色々なことに興味をもっています。抱っこする時間が短いから、遊ぶ時間が短いから愛情不足ではありません。赤ちゃんが求めればそれに笑顔でこたえてあげましょう。赤ちゃんがママに愛されていると感じれば愛情不足ではないのです。逆に、赤ちゃんへの愛情が十分だからこそ、ママ以外の人に警戒が強くなるのかもしれない!と思い乗り切りましょう。

ママが、今日は人見知りしないかな?と不安なると、ママの不安が赤ちゃんへ伝わります。ママが、おおらかな気持ちでいることで、赤ちゃんのママ以外の人への不安は和らぎますよ。一過性のものだから、成長の過程で当然のことだから、この子は感受性が豊かでかしこい子だから、とおおらかな気持ちで、人見知りする8ヶ月の赤ちゃんに接してあげてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。