電車で一目惚れした相手に手紙を渡す時の3つのポイント

広告ロゴ
手紙

通学や通勤で電車を利用する人がいると思いますが、いつの間にか心を奪われた、つまり一目惚れをした経験はないでしょうか?毎日同じ時間帯に同じ車両に乗ることが多く、よく見かける素敵な彼(彼女)のことが好きになってしまった、しかしどうやって仲良くなろうかと考えるものの、いきなり声を掛けるわけにもいかず、手紙を渡したいけどどう書けば良いのか分からず、見ているだけで何もできないなんて・・・と何もできずに遠くから見守るだけという人もいるのではないでしょうか。

本記事では、一目惚れはどうして起こるのか、電車で見かける人に一目惚れした場合どう相手にアピールすれば良いか、そして手紙で想いを伝える場合の手紙の書き方についてご案内します。知らない人だから相手に近づく勇気がないと恥ずかしがり、せっかく好きになった人を諦めてしまうのはもったいないです。本記事を参考に、電車で会った一目惚れをした相手に手紙を渡してアピールしてみてくださいね。

スポンサーリンク

電車で見かける知らない相手にどうして一目惚れするのか

考える

電車で見かけるあの人。通学または通勤の時いつも同じ車両にいて、知らない相手だからいきなり声を掛けると驚かれるだろうし勇気もなくてただ遠くから見ているだけ。たまに見かけない日があるとどうしたかと気になってしまう・・・。性格も趣味も分からない相手なのにどうして一目惚れをするのでしょうか。

一目惚れのパターンはいくつかあります。まずは、相手の顔や容姿が自分の好みであること。昔好きだった人に似ている、好きな有名人に似ていると、一気に心が奪われてしまうことも。 「有名人で例えるなら、○○みたいな人と結婚したい」と思っていて、顔がそっくりな人が目の前にいたら気になってしまいますよね。

自分と顔や特徴が似ていて惹かれる場合もあります。それは知らない間に自然と相手に対し親近感を抱くからと言われています。

たまたま目が合って見つめ合っていたら好きになっていたということもあるのです。その時間は5秒程度。「相手のことが好きかもしれない」と脳が働き、恋に発展する可能性も無くはない話なのです。

電車で一目惚れした相手に手紙を渡す前にアピールしよう

電車で一目惚れをした相手に自分のことをアピールしましょう。好きになっても相手に気づかれないように遠くからそっと見守るだけでは相手も気づいてくれません。突然声を掛けるのは勇気も無いでしょうし難しいと思います。いきなり手紙を渡しても、「誰?」と警戒されてしまう可能性もあります。手紙を渡したい場合、その前にやっておくと良いアピール方法をご紹介します。

  • 相手と見つめ合うチャンスを作る
  • 目が合ったら2~5秒見つめ合う
  • 笑顔でそっと目をそらす

相手と見つめ合うチャンスを作る

まずは相手に自分の存在を気づいてもらいましょう。電車のイスに座っている相手の目の前に来てつり革につかまって立つと言っているのではありません。これでは確かに気づくでしょうがあまりにも近すぎますね。 電車の同じ車両でも少し離れたところから一目惚れした相手に視線を送りましょう。つい熱くなって周りも恐くなってしまうくらい凝視してしまいそうですが、やさしい目で相手を見ることを忘れないでください。時々見ては目をそらし、また見てはそらしというように、相手がこちらに気づくのを待ってみましょう。そのうち視線を感じて目が合うチャンスが訪れるでしょう。

2~5秒見つめ合う

せっかく目があってもすぐにそらしてしまわず、2~5秒見つめ合いましょう。 はじめはすぐにそらして良いですが、少しずつ見つめ合う時間を長くしてみることで、相手にとっても意識として残ります。 目が合うのにすぐそらしてしまうことを続けると、「どうしてこちらを見ているのだろう?」「どうしてこちらを見ているのにすぐに目をそらすのだろう?」という不信感や警戒心が生まれる可能性があります。少しずつ見つめ合う時間を長くすると、「もしかして自分のことが好きなのかもしれない」という気持ちになります。人に好かれて嫌な気持ちになる人はいないでしょう。そこから相手も自分に興味がわくかもしれません。

笑顔でそっと目をそらす

見つめ合う目をそらす時の方法です。ノバツが悪そうにサッとそらさないようにしましょう。目が合ったら一呼吸おいて、それからそっと下を向くようにそらせます。少し慣れてきたらレベルアップ。今度は、相手の警戒心を解くためにそっと微笑みながら視線をそらすのです。そうすることで、こちらから手紙を渡す前に向こうから話しかけられる・・・なんてこともあるかもしれません。

電車で一目惚れした相手に手紙を渡しましょう

電車で会う人に一目惚れしてしまうイ理由と、手紙で想いを伝える前に視線を使ってアプローチする方法についてご紹介しました。次は実際に手紙を書いて電車一目惚れした相手に渡してみましょう。手紙を書く時のポイントは次の3点が挙げられます。

  • 手紙の内容ははっきりと簡潔に書く
  • 丁寧な字で書く
  • シンプルな便箋・封筒を使う

手紙の内容ははっきりと簡潔に書く

何月何日のいつどこであなたを電車で見かけてあなたのどこに惹かれて・・・と書きたいことはたくさんあると思います。しかし、電車で見かけはするけど知らない相手から手紙をもらうわけですから、「結局何が言いたいのだろう」ということがないよう、好きという想いを率直に伝え、電話番号やメールアドレスと言った連絡先を書いていつでも連絡が取れるようにしておくのが良いです。ここまででやるだけのことはやりましたので、あとは相手の反応を待つのみです。

丁寧な字で書く

自分のことをアピールできることは限られています。せめて手紙の文字は丁寧に書きましょう。字が下手でも構いません。丁寧に書こうとするのは字を見て分かりますからね。字を書くのが苦手だからと言って、パソコンで打ったのを印刷して渡すということをしないように。 それでは気持ちが伝わりません。1枚の手紙でも一生懸命書くことで気持ちは伝わるものです。

シンプルな便箋・封筒を使う

便箋が変だった、汚かった、ダサかったなんて便箋の悪い印象が残ってしまわないように。あくまでも気持ちを伝えそこから前進することが目的なので、便箋や封筒はシンプルなものを選びましょう。見えづらい色ペンなどは使わず、黒のペンで書くのが無難です。あくまでシンプルに、相手への見やすさを考えて書きましょう。

柴崎マイ
大和出版
売り上げランキング: 15,644

まとめ:電車で一目惚れしたら視線を送り、見つめ合えたら手紙を渡してアプローチ

本記事では、電車で一目惚れをする過程と手紙でアプローチする前のアピール方法、そして手紙の書き方についてご案内してきました。もう一度、どうして電車で見かける人に一目惚れするのか、そして一目惚れをした相手に自分の存在を知ってもらうこと、手紙の書き方についておさらいしましょう。

  • 自分の好みの顔や自分と特徴が似ている相手だと一目惚れすることがある
  • 視線を送り、目があったらそっと笑顔でそらす
  • 手紙は丁寧、簡潔に書く

電車で見かける人知らない人に一目惚れするということはあり得ます。それは自分の好きなタイプだったり自分と特徴が似ていたりするとびビビッとくることがあるのです。また、たまたま目が合いそこから気になるという場合もあります。気になった相手を逃したくないなら早速アプローチしましょう。まずは視線を送ることから始め、相手がこちらに気づいたらそっと目をそらし、慣れてきたら見つめ合う時間を長くするだけでなくそっと微笑むことも忘れずに。相手が自分の存在に気づいてくれたらいよいよ手紙を渡すチャンスです。シンプルな便箋に、好きな思いと連絡先を簡潔に書いて渡しましょう。連絡が来てそこから発展するといいですね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。