やっぱり昼寝をすると太るのか?ポイントになるのは2時間

昼寝する男

昼寝をすると太ることにつながってしまうというイメージを持たれている方は多いかもしれません。

しかし、国によっては昼寝をすることが文化となっている国もあるのに、その国の人すべてが太るというわけではありません。昼寝をすると太るということは本当に正しいことなのでしょうか。本稿では昼寝と太るということの関係について検討していきます。

スポンサーリンク

昼寝は太るというけれど?

昼寝犬

昼寝、特に昼食後の昼寝は太るのではないかというイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。昔から「食べたあとに寝ると牛になる」といわれます。このような言葉が示すように、昼食後の昼寝は牛のように太るというイメージが強いのではないかと思います。

しかし、欧米のシエスタのように昼食後に昼寝をする文化がある国さえあります。その国の人がみな太っているかというとそんなことはありません。昼寝と太ることの間には本当に関係があるのでしょうか。

昼寝で太るのは2時間以上の昼寝!

昼寝と太るということに関係があると考えられる物質はノルアドレナリンという物質です。ノルアドレナリンは、新陳代謝を促す物質でダイエットとの関係で言えば脂肪燃焼を手助けしてくれる物質ということになります。いわば、太ることを防止してくれる「ダイエットの味方」がノルアドレナリンです。

このノルアドレナリンは、起きている時間に多く分泌されるという性質があります。起きていたほうがノルアドレナリンの分泌が盛んになる結果、太ることの防止につながるということになります。

このことからすれば、昼寝をして睡眠時間を長くしてしまうこと(夜も寝ますので昼寝をすれば睡眠時間は長くなります)で、ノルアドレナリンの量が減る結果、太りやすくなるということができます。「食べたあとに寝ると牛になる」という言葉は一定の根拠があったということができます。

しかし、ノルアドレナリンの分泌に影響を与えるほどの昼寝の時間は2時間程度昼寝をしてしまった場合です。2時間程度の長時間昼寝をするとノルアドレナリンの分泌に影響を及ぼし、太ることにつながってしまいます。

一方で、食後の短時間の昼寝は健康・脳の覚醒に非常に良い効果をもたらすこともわかっています。「昼間の30分程度の仮眠は一晩の睡眠に匹敵する」ほど質が良いとも言われます。ダイエットとの関係(太る・太らないとの関係)で言えば、昼食後に1時間程度の昼寝をしたからといってノルアドレナリンの分泌に影響を及ぼすとは考え難いということができます。

そのため、結論としては、昼寝は2時間程度の長時間に及ぶものでない限りは太るということにはつながらないということができるでしょう。

注意したいのは昼寝よりも生活習慣

むしろ昼寝以外にも太ることを防止するためにはその他の生活習慣に配慮することが重要ということができます。例えば、昼寝をしてしまうことで夜眠ることができなくなり、ダラダラと起きていてお菓子などをつまんでしまっていないかということ、食事のカロリー自体が高いために太ることにつながっていないかということ、昼寝をする習慣から運動不足となっていないかということなどを考えてみることが大切と言えます。

太るということの原因は、複合的です。根本的には消費カロリー<摂取・保持カロリーであるという状態となってしまえば太るということに帰着します。しかし、この消費カロリー<摂取・保持カロリーとなってしまうに至る原因は、カロリー自体の摂取が多いのが原因なのか、体質として消費カロリーが少ないのが原因なのか、運動不足が原因なのか、あるいはこれらの原因が積み重なっているのかなど多様です。

「昼寝が原因で太る」という単純な理由では決してないはずです。昼寝をするから太ってしまうのではないかとお感じになられた場合には、(2時間以上の昼寝であれば習慣を見直す必要もありますが)まずは昼寝それ自体よりも他の生活習慣を見直すことこそが重要となるということができるでしょう。

なお、幼稚園児などの小児の場合には、昼食後の昼寝は成長のためにむしろ必要なことと言えます。小学校入学前の子供の場合、健全な身体成長のためには、昼寝も含めて睡眠時間は12時間以上は取らせてあげることが必要です。

そのため、小さな子供の場合には太ることが心配でも昼寝はしっかりと撮らせてあげることが大切です。仮に太ることが心配であれば、外で遊ばせて運動をさせるなどに注意してあげることが大切です。

王様のうたた寝枕 ネイビー
富士パックス販売
売り上げランキング: 2,330

まとめ:昼寝をするから太るということではありません

以上、本文で述べました昼寝と太るということについてポイントをまとめてみますと以下のようになります。

  • 昼寝は太る原因となると言われることもありますが、昼寝が太る原因となるのはおおむね2時間以上の昼寝時間をとったような場合です。2時間以上の昼寝時間を取ってしまうとノルアドレナリンの分泌量に影響を与えて太ることにつながりえます
  • 太ることの原因については昼寝よりもその他の原因がないかどうかを考えられることが大切です。様々な原因を考えて消費カロリー<摂取・保持カロリーとなっていないかを検討することが最も大切ということができます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment