ヒノキによる花粉症の症状を効果的に予防、改善する方法

森林

4月から5月にかけて、くしゃみが止まらない、目がかゆい、鼻水が止まらない、鼻が詰まる、という症状に悩まされる場合はヒノキによる花粉症の症状の可能性があるでしょう。ヒノキの花粉はその時期を目安にピークを迎えます。

日本ではヒノキを重点的に植林した時期がありますので、それらのヒノキがこれから先成長していくにつれて、ヒノキ花粉による花粉症の症状に悩まされる人は増えていくだろうと考えられていいます。ですから、今現在ヒノキの花粉による花粉症に悩まされていないとしても、これから先その症状を発症する可能性は十分に考えられます。

それで、今のうちからヒノキの花粉による花粉症対策を行なっておくことは大切です。では具体的にどのような方法で、ヒノキの花粉による花粉症の症状を改善、または予防することができるのでしょうか?ご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

ヒノキによる花粉症の症状を効果的に予防、改善する為の方法

森林

ヒノキによる花粉症は、他の花粉症と同じく確立された治療方法が存在しません。そのため、一度花粉症の症状が出てしまうと、毎年その辛い症状に悩まされることになります。症状がひどくなると、鼻詰りや目のかゆみだけでなく、皮膚のかゆみや下痢、熱っぽさに悩まさることになるでしょう。ですから、ヒノキによる花粉症になる前にその効果的な予防方法、また、改善方法を知っておくことは大切です。

では具体的にどのような方法があるのでしょうか?ご紹介してみたいと思います。

ヒノキによる花粉症を効果的に予防、改善する為の方法その1:眼鏡やマスク

眼鏡やマスクはヒノキの花粉が体内に入ることを防止することができます。花粉症の原因は一定のアレルギー物質が体内に蓄積されることによって起こります。ですから、花粉症の症状を起こりにくくするために花粉を体内に取り入れないようにすることが大切です。

マスクや花粉症専用の眼鏡は効果的に花粉を防止することができます。眼鏡が曇りにくいマスクや、花粉をしっかりからめ捕る薄手のマスクも販売されています。そのようなものを活用して効果的に花粉症を予防しましょう。

ヒノキによる花粉症を効果的に予防、改善する為の方法その2:食事

ヒノキによる花粉症を予防するためには、良い食生活も必要です。花粉症対策を体の中から行なうように意識して、ヒノキ花粉症、またその他の種類の花粉症を効果的に予防しましょう。

花粉症対策に役立つ成分として、タンニン、ビタミンC、テアニン、カフェイン、ポリフェノールなどが挙げられます。また、乳酸菌を多く含む食材も花粉症の症状を改善するのに役立つと言われています。

ヒノキによる花粉症を効果的に予防、改善する為の方法その3:部屋の中に花粉を持ち込まない

花粉症対策として大切なことは、花粉に近づかないことです。ヒノキによる花粉症に関しても同じことが言えます。外に出た時は花粉が衣服に付着するのを避けることは難しいでしょう。その状態のまま家の中に入るなら、花粉を部屋の中にまき散らすことになります。家に中に入る前には花粉を体からしっかり落としましょう。

また、家の中をこまめに掃除することも大切です。花粉が部屋の中に溜まらないように一日一回は掃除するようにしましょう。また窓やドアはこまめにしめて、花粉が部屋の中に入らないように注意することも効果的な花粉症対策です。

ヒノキによる花粉症を効果的に予防、改善する為の方法その4:薬の使用

花粉症の症状を改善する為の薬もあります。残念ながら、花粉症を完治させるものではありませんが、それでも効果的だと感じておられる方は多いことでしょう。ヒノキによる花粉症にも効果的です。内服薬や目薬、点鼻薬などがありますので、症状に合わせて服用を検討してみましょう。まずは病院へ行って相談してみましょう。

ヒノキによる花粉症を効果的に予防、改善する為の方法その5:鼻を温める

花粉症の方は夜寝る時に鼻が詰まってしまいよく眠れない、と感じることがあるかもしれません。そのようなときに手軽にできる鼻詰り解消法が、鼻を温めるという方法です。蒸したタオルや温まったカイロを鼻の上に置いてみましょう。お風呂で湯気をたくさん吸い込むというのも効果的です。

これは、鼻を温めることによって鼻の血流が改善し、鼻詰りが治ると考えられています。花粉症でどうにも鼻が詰まって寝苦しい、と思うときに試してみると良いでしょう。

まとめ:ヒノキによる花粉症に悩まされる前に予防方法を習慣にしておきましょう

この記事では、ヒノキによる花粉症の症状を予防、改善する為に役立つ方法を幾つかご紹介いたしました。参考にしていただけたでしょうか?

ヒノキによる花粉症は、他の花粉症と同じく一度その症状がでてしまったなら、毎年その症状と付き合っていく必要があります。ですから、ヒノキによる花粉症になる前から、その予防をしておくことは賢明でしょう。是非この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment