左足のむくみが教えてくれる2つの病気の可能性

足の裏

左足だけにむくみが出てしまうのは、正常な状態とはいえません。足に出るむくみそのものは、長時間同じ姿勢でいるだけで起こりやすいものです。しかし、そんなむくみが左足だけに出ている場合、左足側に何らか問題がある可能性が考えられます。ただし、あくまでも両足を確認し左右差が大きい場合です。むくみというのは一般的に悩む人の多い不定愁訴の一つであり、マッサージなどで改善するものから、病気の症状として出るものまで様々です。特に、左足だけむくみがひどいという場合に考えられる原因について紹介しましょう。

スポンサーリンク

左足だけにむくみが出てしまうことがある

足

むくみは、細胞間のリンパ液が滞り皮膚下で膨れてしまうもので、代謝が低下した状態にあります。特に足に出るむくみは、長時間立ちっぱなしや座りっぱなしといった姿勢だけでも起こります。重力によって足の方へ水分がさがりやすく、筋肉の活動が少ないと血液やリンパの循環が悪くなってしまうからです。

よくあるのは、むくみが両足に出てしまうもので、筋肉の低下やリンパの流れが悪く、全体的にバランスが低下している状態です。また、腎臓疾患などで排泄力が低下する場合にもむくみやすくなります。

しかし、左足だけが極端にむくんでいるというのは、かなり状態の悪い代謝低下が起こっている可能性があります。その原因は人によって様々ですが、単なるむくみと放置せずに病気の可能性を考えてみましょう。

左足のむくみが教えてくれる2つの病気とは

両足のむくみに悩んでいる人でも、どちらかというと左の方がひどい…という人も少なくありません。身体の構造上、左足の方が血液が滞りやすくなっているからです。むくみは不調の初期サインでもあります。特に、むくみは日常的に出やすい症状なので、軽く考える人も少なくありません。しかし、むくみという最初の症状から、ひどい場合は死に至る場合もあるのです。左足のむくみは、重篤な病気のサインかもしれません。まずは、左足のむくみを起こしやすい2つの病気の可能性を知っておきましょう。

左足のむくみと痛み…深部静脈血栓症

左足側にむくみが出やすいのは、左足の付け根にある太い血管の交差が原因です。また、心臓に向かう上方の血管では大腸にも圧迫される位置にあり、血流が悪くなりやすいのです。血管が圧迫されることで起こりやすくなるのが「血栓」です。特に、深部にある静脈に血栓ができることで、むくみをおこし、ひどい場合は死に至ってしまう「深部静脈血栓症」があります。

血栓とは、細くなった血管内に滞った血液が血管壁にくっついて壁を作ってしまったものです。血液はサラサラと流れているからこそ、栄養や酸素を運ぶことができますが、血栓ができてしまうと道幅が狭くなります。ひどい場合は、血管をふさいでしまい、血栓が詰まった場所から先は血液の流れが止まってしまいます。血液が流れなければ、その先にある細胞の代謝が低下してしまうことになります。血液の流れが悪くなることで、滞った血液が細胞間へ染み出し、むくみをおこすというわけです。代謝された老廃物が滞り、むくみだけでなく、痛みやしびれなど様々な症状が起こります。

むくみは血栓が血管内に残っているために起こる症状ですが、血栓が勝手にはがれてしまうと、今度は全身への不安が起こります。血栓は静脈から肺の方へ運ばれ、肺の血管をふさいでしまう可能性が出てきます。こうなると呼吸困難などをおこし、酸素不足によって脳をはじめとする臓器の障害や、死に至る可能性もあるのです。

深部静脈血栓症は左足に起こりやすく、むくみの程度も左右差がかなり大きく出るようです。左足だけのむくみの症状が強い場合は早目に循環器系を専門とする病院を受診しましょう。

左足のむくみとだるさが気になる…下肢静脈瘤

左足にむくみがでているだけでなく、血管が浮き出るような症状が現れたら「下肢静脈瘤」の疑いがあります。その病名があらわすように、静脈部分にコブのような塊が浮き出るのが大きな特徴です。

しかし、血管があまり浮き出ていない場合でも、むくみやだるさが気になってしまうという場合は、下肢静脈瘤の可能性があるようです。痛みは少なく、盛り上がった血管を押すとぶよっとしています。膝の裏にある血管が表面化することもあります。ひどい場合は、脛やふくらはぎに盛り上がった血管が見えるようになります。下肢静脈瘤内に血栓があることもあるため、勝手な判断はできません。また、下肢静脈瘤によって血流が悪くなっても、足先がしびれたりすることは少ないようです。明らかに、右足と左足のむくみの差があり、温度差が違うということであれば、上記した深部静脈血栓症の疑いの方が強いようです。

まとめ

左足のむくみがひどく、左右差がひどい場合は早目に専門医の受診を行った方がよさそうです。左右差があまりなく、左足の方がちょっとむくみがひどいかな、という場合でも、下肢静脈瘤の可能性を考えてみてください。特に女性はホルモンの関係でむくみやすい体質です。長年むくみに悩む人も多いため、軽く考えてしまいがちです。左足のむくみは病気の可能性がありますので、日々左右差をチェックするようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment