椎間板ヘルニア治療のための手術の種類

広告ロゴ
痛い

椎間板ヘルニアになると、手術をしないと治らないと思っている方も多いですが、一般的には手術は行われません。しかし、症状によっては排尿障害や下肢の麻痺といった運動障害、知覚障害があって緊急を要する場合があります。このような時には、手術をして椎間板ヘルニアの治療を行います。また、保存療法を行っても改善の見込みが見られない場合も、医師によって手術を勧められることもあります。

椎間板ヘルニア治療のための手術の種類がさまざまありますので、紹介します。手術を受ける時には、どのような手術なのかをきちんと理解して受けたいですね。

スポンサーリンク

レーザー治療

はさみ

椎間板ヘルニアのレーザー治療は、経皮的髄核減圧術(PLDD)といい、高出力レーザーを用いて治療する方法です。レーザー治療は、保存療法と切開して椎間板ヘルニアを取り除く手術の中間的な治療法で、日本ではまだ歴史が浅く、1992年から行われています。

椎間板ヘルニアになると、椎間板の内圧が上昇します。そのため、ヘルニアが神経を圧迫して痛みが起こります。レーザー治療では、レーザーで椎間板の髄膜を照射して減少させて椎間板の内圧を下げ、ヘルニアを引っ込めて神経への圧迫を無くすという仕組みです。

レーザー治療は、10分程度で終わる簡単な治療法ですが、健康保険が適用されないため高額な医療費がかかります。また、全ての椎間板ヘルニアに有効なわけではありませんので、レーザー治療を希望する場合には医師によく相談してから行いましょう。

LOVE法

LOVE法は、椎間板ヘルニアの手術の中では一番一般的な方法で、メスを使用する療法です。LOVE法は背中から5cm程度切開して、腰椎の一部を削り、神経を圧迫している髄核を取り出す手術で、全身麻酔をかけて行います。30分~1時間ほどの時間がかかります。

LOVE法の手術を行った後は、およそ1~3週間の入院が必要になります。この療法はメスを使用し、入院期間も長引くことから、最近はあまり行われなくなってきています。その代わりに、もっと簡単で短期間に治療できる方法をとることが多くなってきています。椎間板ヘルニアの状態や大きさなどによって医師が判断し、LOVE法を行うこともあります。

M法

M法は椎間板ヘルニアの手術の一つで、内視鏡を使用する方法です。全身麻酔をかけた後、背中から1.5~2cmほど切開し、内視鏡と外筒管を挿入して、内視鏡からの映像をモニターで見ながら髄核を摘出します。手術は1時間くらいで終わり、1~2週間の入院が必要となります。LOVE法よりも切開する傷口が小さいため、術後の痛みも少なく、傷口も小さくて済みます。そのため、大がかりなLOVE法よりもM法が行われることが多くなっています。

ただし、全身麻酔をかけることや背中を切開すること、入院が必要なことはLOVE法と変わらないので、手術を受ける場合は医師とよく相談しましょう。

PN法

PN法は、痛みが激しい椎間板ヘルニアの場合に痛みを取り除くために行われる手術です。局所麻酔をかけてエックス線で透視し、背中に直径4mmほどの小さな管を差し込んで髄核の一部を摘出します。髄核の一部を摘出することで椎間板内の内圧を下げ、神経への圧迫を弱くし、痛みを緩和させます。手術は30分~1時間程度で終了し、日帰り手術も可能ですが、予後を見るために1日の入院をさせる病院が多いです。

PN法では、椎間板ヘルニアを完全に摘出できるわけではありませんので、PN法を受けたからといって、椎間板ヘルニアが治るわけではありません。しかし、痛みが緩和されますので非常に楽になります。

脊椎固定術

椎間板ヘルニアになると、椎間板内の圧力が高くなり、そのために髄核が飛び出して神経を圧迫します。そのため、痛みやしびれなどの症状が現れますが、その症状を緩和するために椎間板内の圧力を下げて神経への圧迫を無くす手術を行います。

その手術を受けた後は、脊椎が不安定になる場合があります。その不安定になった脊椎に骨の移植をしたり、金属器具を取り付けたりして固定する手術を行いますが、これが脊椎固定術です。脊椎固定術では、できるだけ本人の骨の移植をすすめます。それは、骨が完全にくっつくことで腰椎を確実に固定することができるからです。

脊椎固定術は、最近では技術が非常に進んでおり、難しい手術ではなくなってきています。手術時間もかなり短縮され、以前と比べて手術を受ける人の負担も軽くなってきています。

椎間板ヘルニアと言われたらこの本を読もう
諸岡 正明
文芸社
売り上げランキング: 161,011

まとめ:手術の内容や効果などを把握して、症状に合った手術を受けよう

椎間板ヘルニアの手術にはいくつかの種類があり、その方法や手術時間、入院が必要かどうかなど、それぞれ異なります。医師とよく相談して、症状に合った手術を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。