ミニチュアダックスフンドがヘルニアになってしまった時の治療方法

広告ロゴ
ダックス

ペットとしてミニチュアダックスフンドを飼われている方が増えてきています。ミニチュアダックスフンドはとても可愛らしく、大切に一緒に生活していきたいものです。このミニチュアダックスフンドについて、気をつけてあげたい病気・身体症状の一つとしてヘルニアがあります。ヘルニアというと、人間がかかるイメージが強いかもしれませんが、実はミニチュアダックスフンドもかかってしまいます。

ミニチュアダックスフンドがヘルニアになってしまった場合には動物病院ではどのような治療がされるのでしょうか。またその症状はどうやって見抜けば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

ミニチュアダックスフンドもヘルニアにかかる

寝るダックス

ミニチュアダックスフンドはとても可愛いですよね、公園などでミニチュアダックスフンドを見かけると可愛さについ見入ってしまいます。ミニチュアダックスフンドをペットとして飼われてる方も少なくないかと思われます。

この可愛いミニチュアダックスフンドがヘルニアにかかってしまう可能性があるということについてはご存知でしょうか?

まず、そもそもヘルニアとは体の臓器などが本来あるべき場所から別の場所に移動してしまっている状態を指して言います。例えば、頭のけがなどで生じる可能性があるものとして脳ヘルニアというものがあります。これは怪我によって脳が頭骨から飛び出てしまっている症状をさします。

ヘルニアとして有名なのは椎間板ヘルニアであると思われます。椎間板とは、背骨の間でクッションの働きをするもので、健康的な体のためには必要不可欠です。この椎間板が飛び出してしまい、神経を圧迫してたいへん痛む状態が椎間板ヘルニアです。

そして、この椎間板ヘルニアには人間だけではなく、ミニチュアダックスフンドもかかってしまうことがあります。

ミニチュアダックスフンドの椎間板ヘルニアの症状

ペットのミニチュアダックスフンドが椎間板ヘルニアになってしまったら当然治療を受けさせてあげることが必要です。ただ、ミニチュアダックスフンドはしゃべることが出来ませんので、治療を受けさせてあげる前提として、ミニチュアダックスフンドがヘルニアであることを見抜いてあげることが大切です。

ミニチュアダックスフンドがヘルニアになってしまった場合に、明確に表れる症状としては走らなくなるという状態を挙げることができます。毎日、走り回っていたミニチュアダックスフンドが走り出さず、ましてや歩くことも嫌がるようであれば椎間板ヘルニアになっている可能性があります。

このような場合には動物病院に連れて行き、治療を受けさせることを検討することが大切です。

ミニチュアダックスフンドのヘルニアの治療

では、動物病院ではヘルニアのミニチュアダックスフンドに対してどのような治療を施してくれるのでしょうか。

まずは診察により、ミニチュアダックスフンドがヘルニアかどうかを診断します。その後、
ヘルニアの症状の重さによって治療方法が異なります。例えば、症状が比較的軽い場合には、レーザー治療などが行われます。レーザー治療はヘルニアによる痛みを和らげて、神経を回復させます。

レーザーなどによる治療はあまり費用も高くなく、1回1000円程度で治療を受けることが出来る場合がほとんどです。

これに対してヘルニアの症状がひどくなってきてしまっている場合には外科治療、つまり、手術による治療が行われます。手術の種類は、一般的には片側椎弓切除という術式で実施され、1時間から2時間程度で完了します。

最近ではCTなどの技術の進歩により手術の成功率も高く、安心してペットのミニチュアダックスフンドの治療をしてもらうことができるようになってきています。ただ、手術治療の場合には、費用が10万円以上にもなってしまうこともあります。

手術治療が必要な場合には、費用のことも含めて獣医さんからしっかりと説明を受けることが大切です。

ミニチュアダックスフンドはかわいいだけでなく、ヘルニアなどの痛みを感じる一つの尊い「命」です。飼い主としては普段の様子をしっかりと見て元気がない、走り回ることができないなどの状態の変化をしっかりと見てヘルニア(あるいはその他の病気)についてもしっかりと面倒を見てあげることがとても大切になるということができるでしょう。

なお、ミニチュアダックスフンドの手術治療を行う場合には入院をさせてくれる動物病院もあります。

こうご動物病院犬種別セミナー『ミニチュアダックスフンド』編 [DVD]
ケイエムコンサルティングLLC (2009-11-01)
売り上げランキング: 183,830

まとめ:ミニチュアダックスフンドのヘルニア治療のまとめ

以上、本文で述べました、ペットのミニチュアダックスフンドがヘルニアになってしまった場合の治療等についてのポイントをまとめますと以下のように言うことができます。

  • ペットのミニチュアダックスフンドが、走り回ることがなくなったような場合には椎間板ヘルニアの可能性があります。ミニチュアダックスフンドの様子やいつもと違っている場合には注意をしてあげることが大切です
  • ミニチュアダックスフンドのヘルニアに対する治療法としては、レーザー治療や手術治療などの方法があります。手術治療の場合には費用がだいぶ掛かってしまうこともありますので、費用の面も含めて手術津料が適切かどうかを獣医さんとしっかり話し合われることが大切ということができます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。