ヘルニア対策にオススメのコルセット

腰痛の男

 
筋肉はコルセットである、と考えることができます。一般にコルセットは自然な筋肉の代用品であるといいます。コルセットとは、ある時に突然突発的に引き起こされてしまったぎっくり腰等の急激な腰の痛みに対応する為のもの。ぎっくり腰・すべり症・椎間板ヘルニア等の急性的な腰痛にその効果は抜群です。

こちらでは、ヘルニア対策にオススメのコルセットの役割と注意点などをご紹介します。

スポンサーリンク


腰痛とコルセット

腰痛ベルトとコルセット

ベルト

腰痛ベルトは骨盤ベルト、腰痛バンドという名前でも市販されていて、ゴム素材のものや一部ゴム素材で伸縮性のあるバンドまで、様々なものがあります。一方、コルセットというと、整形外科や整骨院などで利用される、医療用のものを指します。

主な役割

まず、腰痛ベルトもコルセットも、腰痛のときに体を支える筋肉や背筋の働きを助け、痛みの出る姿勢をとらないようにさせるものであり、腰痛を治すものではないということを知っておかなければいけません。体幹の動きを制限させ、痛みの出る動作や姿勢をとらないようにする物です。

腰痛持ちの方は1つ持っていると安心です。なぜなら「急な腰痛など不意の場面」や、「重いものを持つ時のサポート(腰痛予防)」に役立つからです。特に、重い物を取り扱うような業種の方には、椎間板ヘルニアの予防・再発防止の意味でも、力強い味方になることでしょう。

コルセットの効果

コルセットで腰全体を安定させることによって、お腹にある程度の圧迫力を与えることになります。このことで腹腔圧が上がり、体の中から体を支え、腰椎にかかる負担を軽くしてくれます。また、背中側を固定することで後に反りすぎるのをおさえてくれますので、腰全体にかかる負担も軽くなります。骨盤にも圧力がかかりますので、仙腸関節を引き締めて、仙骨がグラつくことを抑えてくれます。何よりも、腰全体を包み込みますので、保温効果もあります。

医療用コルセットの種類

コルセットには2種類あり、一般的に使われているものから、整形外科などで型をとり、使用する人専用で、オーダーメイドで作るものがあります。

軟性コルセット
一般的に使われているコルセットです。素材には弾力性があり、日常生活を送るうえで支障のないものです。ぎっくり腰や椎間板ヘルニア、強い痛みの腰痛に使われます。

硬性コルセット
外科治療用のコルセットになります。日常生活での動きをかなり制限される、プラスチックやセルロイド、金属などの素材で作られたコルセットです。圧迫骨折や、手術のあとの腰椎固定に使われます。

市販品コルセット

市販品のコルセットには、つぎのようなものがあります。

腰への大きな負担に対して2本の幅広コイルボーンがついていてタテ・ヨコ方向にガッチリ腰部をサポートするハードタイプ、それほど大きな負担が腰にない立仕事をする人向けにやわらかくて使いやすいソフトタイプ、また、プラスチックボーンで腰椎をしっかりサポートしつつむれにくいメッシュ生地で通気性バツグンのものなどもあります。

コルセットを使ってみよう

コルセットの選び方

医療用の硬性コルセットは、整形外科医が合ったサイズを選んでくれますので任せましょう。市販されているものを購入する際は、どのような物がベストなのかは痛む部位、痛みの程度によって変わってくるので一概には言い難いものがありますが、日常生活をサポートするという面で、以下の点を考慮して選ぶと良いでしょう。

  • 腹圧を逃がさずしっかりと固定できる
  • 日常生活の動作をできるだけ妨げない
  • 通気性が良い
  • ちょっとした動作で、ズレない

一昔前までは、「1段式(1本のベルト)」タイプが主流でした。現在では、「2段式(2本のベルト)で、骨盤から股関節までを、スッポリ包み込むタイプ」が、「ズレやすい1段式」より、ズレにくく、安定感が有るので、おすすめです。

コルセットの正しいつけ方

胃を圧迫させない
コルセットで胃を圧迫させると腰のあたり全体に均等な筋肉の動きができなくなります。そういう状態が腰痛を招きます。美容的な目的のためにコルセットをつけるわけではないので、胃を圧迫させるような装着方法はやめましょう。胸から下のわりと上目の位置にコルセットをつけても腰を保護してくれません。

骨盤を意識してつける
コルセットは骨盤を保護するようにつけるものです。骨盤とはいくつかの骨があつまっている骨の総称ですが、その骨のバランスがすごく大切なのです。仙骨がずれただけで腰痛はやってきます。そして腰痛が治りにくくなります。コツセットは「骨盤に正しい位置を教え込むもの」という言いかたは大げさですが、骨盤を保護するようにコルセットを使用するのが一番いいのです。

注意事項

急性期・日常生活のサポートという意味では、非常に有効なコルセットですが、ただ漫然とつけることは避けましょう。長く装着している事によって、逆に筋肉が弱くなってしまうからです。また、腰を締め付けることによって血流が悪くなってしまう点も好ましくありません。器具の使用は、治療と密接に関わるものですから専門家、すなわち医師のアドバイスに従って、正しく使うことが基本です。

急性期は医師の指示に従い痛みがそれほどでは無くなったら、長時間装着しつづけるのでは無く、必要に応じこまめに緩めたりつけたりはずしたりするよう心がけましょう。また運動やストレッチをして、腰まわりの筋肉を維持することが大切です。

KONAMI 腰椎保護ベルト パワフルギア ワイドタイプL
コナミスポーツ&ライフ
売り上げランキング: 1,623

まとめ:ヘルニア対策にはコルセット

腰痛の治療で使われるコルセットや腰痛ベルトは腰痛を治すものではありません。その働きをおさらいしておきましょう。

  • 腰を固定することで無理な姿勢になることを抑えてくれる
  • 腰をあたため腰まわりの筋肉の緊張を緩和させる
  • 腹腔圧を上昇させ腰の負担を軽くする

コルセットは急性期・日常生活のサポートという意味では非常に有効ですが、ただ漫然とつけることは避けましょう。自身の筋肉を鍛えましょうね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment