ヘルニアの痛みによく効くブロック注射の効果について

広告ロゴ
注射

ヘルニアによる腰の痛みを抑えるために効果があると評価の高い対処法として、ブロック注射というものをご存知でしょうか。ブロック注射はいわば一種の麻酔注射であり、ヘルニアによる腰の痛みを抑えるために非常に高い効果があります。ただ、ブロック注射はヘルニアを根本から治す効果はありません。そのため、ブロック注射を利用して痛みを抑えながら、ヘルニア根本的な治療を続けるということが効果的と言えます。

本記事では、ブロック注射についてその効果や費用等についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ヘルニアの痛みに効果的なブロック注射

腰痛

腰の椎間板ヘルニアは、骨と骨との間にある椎間板という部分の一部が本来あるべき場所(椎間腔といいます)から飛び出して神経を刺激し続けている状態です。神経が直接圧迫されてしまうために、腰がたいへん痛みます。

椎間板ヘルニアの非常にやっかいなところは、痛みがどんどん悪化していくということです。つまり、痛みによって、交感神経の緊張が高まり、血管が収縮して血流が悪くなります。そして、その血流悪化によって、ヘルニアの痛みがますます激しくなっていくという非常に悪い流れが形成されてしまうのが腰のヘルニアの非常にやっかいなところです。

ヘルニアを根本的に解消するためには、最終的には手術なども含めてさまざまな治療法を受けることが必要ですが、まずはその痛みを解消することが重要です。ヘルニアの痛みを抑えなければ、日常生活に支障が出るばかりか、精神的にもまいってしまいます。

ヘルニアによる痛みの解消にとても効果的な治療法としてブロック注射という治療法があります。

ブロック注射とその効果

ブロック注射とは、いわば、一種の麻酔注射です。ブロック注射には種類があり、タイプごとに効果があるとされるブロック注射の種類はいくつもありますが、もっとも多く実施されるヘルニアのブロック注射としては、硬膜外ブロック注射と言われるタイプの注射です。

硬膜外ブロック注射は、腰部硬膜外ブロック注射と仙骨部ブロック注射という2つに分かれます。前者は背骨のあたりに注射をする方法であり、後者はお尻のあたりにある仙骨の部分に注射をするためにこう呼ばれます。

ブロック注射は一種の麻酔注射ですので、ヘルニアの痛みを解消するためには非常に高い効果を持ちます。ブロック注射によってヘルニアの痛みがおさまったという方は少なくありません。ブロック注射は腰のヘルニアの痛み解消にはとても効果的です。

ヘルニアの痛みが激しく、たまらないという場合にはご自身からブロック注射の実施を医師に申し出ることもおすすめできます。

ブロック注射の副作用

ブロック注射はヘルニアの痛みを抑えるためにはとても効果的ですが、一定の副作用があることも否定できません。つまり麻酔薬の注射ですので、体がフラフラしてしまうなどの効果、つまり副作用もあります。そのため、ブロック注射の実施後はしばらくは安静にしていないとなりません。

ただ、注射の際の痛みなどはほとんどなく効果と比べれば副作用も弱いものですので、安心して受けることができる「痛み止めの注射」ということができるでしょう。

ブロック注射にかかる費用など

ブロック注射にかかる費用については、病院・医院によって異なりますがおおむね5000円以下の費用で受けることが可能です。ブロック注射は保険の適用対象ですので、費用は大変安くて済みます。ただ、その他の検査費用や診療費などを含めるとある程度高くなってしまう可能性あるので注意が必要です。

また、ブロック注射を実施する回数などですが、痛みが強い場合には定期的に通院して継続してブロック注射を受ける必要があります。

さらに、ブロック注射の効果は、あくまでも痛みを抑える効果がある対処療法です。ブロック注射によって腰のヘルニアが根本的に治るわけではなく、ヘルニアを根本から治すためには、ブロック注射とは別に治療を受けなければなりません。ブロック注射はあくまでも対処療法であり、ブロック注射で痛みが治まっても安心して通院を辞めるなどしてしまっては痛みが戻ってしまいます。

ブロック注射はヘルニアを治すためには過渡的な治療法と言えます。ブロック注射でヘルニアの痛みを抑える効果を得ながら、根本的にヘルニアを治すための治療を受け続けることが大切と言えます。

まとめ:ヘルニア注射の効果についてのまとめ

以上、本文で述べましたブロック注射の効果などをまとめますと以下のようにまとめることができます。

  • ヘルニアの症状がある場合には、ブロック注射が効果的です。ブロック注射は一種の麻酔注射であり、ヘルニアによる腰の痛みを抑える効果があります
  • ブロック注射はヘルニアを根本から治すものではなく、あくまでもヘルニアによる痛みを抑えるためのものです。ヘルニアを治すためには他の治療を受け続けることが必要です
  • ブロック注射は保険の適用対象となっているので、費用もあまりかけずに受けることが出来る上、注射による痛みもあまりないので、痛みが激しい場合にはご自身からブロック注射を申し出ることもおすすめできます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。