偏頭痛の大きな原因、ストレスを解消するための考え方

頭痛の男

一度痛むと何もできなくなる偏頭痛ですが、大きな原因の一つにストレスがあるのはご存知でしたか。

ストレスを解消することによって、偏頭痛になる可能性がグッと低くなるのです。

偏頭痛や緊張型頭痛は、ストレスが痛みの原因である血管の収縮を誘発しておこります。目先の痛み止めや頭の冷却は、一時的な解消にはなっても根本的な対処になりません。ストレスと偏頭痛の関係を知り、ストレス解消をすることが偏頭痛対策には有効です。

そこで、本記事では、偏頭痛とストレスの関係や偏頭痛の原因の一つであるストレスを生まないための考え方をご紹介していきます。毎日仕事や家庭でストレスを抱えている方は、ぜひ本記事と一緒に、物事の見方をかえてストレスをためない生活をしていきましょう。

スポンサーリンク

ストレスと偏頭痛

頭痛のおじさん

偏頭痛は「自律神経」が乱れ、血管が拡張することによって起こります。

自律神経は、通常であれば、活動を促進する交感神経と休息を促す副交感神経がその場に対応した働きをみせています。しかし、過労やストレスにより脳を休める時間が減ると、自律神経が興奮し、交感神経と副交感神経のバランスを乱してしまい、過剰な血管の拡張へとつながるのです。

自律神経の乱れは、偏頭痛と逆で血管の収縮によりおこる緊張型頭痛や、自律神経失調症、神経性胃炎、過敏性腸症候群、メニエール病など様々な症状を引き起こします。

偏頭痛が出る前に自律神経の乱れの原因であるストレスの対処をすることは、様々な症状を防ぐ対策にもなるのです。

ストレスフリーの考え方

ストレス解消には、運動、マッサージなど様々なものがありますが、それらを試しても効果が現れないときは、あなたの考え方を変えていく必要があるのかもしれません。

考え方一つで何が変わると思っている人もいるかもしれませんが、人は自分の感じたままの世界しか認識できません。少し物事の見方を変えるだけで、周りの環境が全く違ったものになり、今までこんなことでストレスを溜めて悩んでいたのかと馬鹿らしい気持ちになることでしょう。

ストレスフリーの考え方:①完璧主義をやめる

仕事をする上で、より良いものを作りたいという考え方は大切です。しかし、より良いものを追求するあまり、完璧主義になってはいませんか。

人は欲のある生き物なので、たとえ良いものを作っても、より良くしたくなるものです。その考え方自体には問題はないのですが、それがエスカレートすると、今の状態を「良くないもの」と認識して許せなくなります。完璧ではない自分の状態、相手の反応全てが許せなくなると、当然ストレスは甚大なものになります。

これを解消するには、「現状を認める」ということが重要です。いかなる理由があっても、一度今の自分を認め、それをより良くしていこうという考え方がストレスをためないためには重要になってきます。

ストレスフリーの考え方:②見方を変える

どうしてもイライラする人やウマの合わない人はいるものです。そういった人からストレスを受けていると思っていませんか。

どこに行っても何をしても、自分の理解できない人は必ず現れます。そういう人にストレスを感じていてはキリがありません。もしイライラしてストレスが溜まってしまうときは、自分と違う生き物だと思ってみましょう。

人は、自分と同じ考えや対応をしないからイライラするのです。自分と違うものだという前提があれば、「この人はなぜこういうことをするのか」を冷静に観察できるようになります。そうなればしめたもの、こちらのイライラがなくなったことで相手の対応も変化してきて、ストレスがたまりにくい環境に変わっていくことでしょう。

ストレスフリーの考え方:③気分をかえる

ストレスが溜まっているときは、自分が思っている以上に視野が狭くなっています。

そういったときは思い切って休憩してみるのはどうでしょうか。休めないときは、窓を開けて外の景色を眺めたり、飲物を味わって飲んだりするだけで、意識が他にそれて柔軟に物事を考えることができるようになります。

時間がとれるときには、カラオケや遊園地などに行き、童心にかえってはしゃぐのも気持ちの切り替えには有効です。自分が楽しめることをすることで、脳の血流がよくなり、ストレス解消する上に脳の働きまで向上します。日常の仕事の中で楽しめることをつくるのも、大変効果的です。

頭痛女子のトリセツ
頭痛女子のトリセツ
posted with amazlet at 14.01.14
清水 俊彦
マガジンハウス
売り上げランキング: 7,114

まとめ:考え方でストレス解消

ここまでで、偏頭痛とストレスの関係、ストレスがおこす偏頭痛以外の症状、ストレスをためないための考え方を3つご紹介してきました。最後にもう一度、ストレスをためない考え方を確認していきましょう。

  • 完璧主義にならない
  • 物事の見方を変える
  • 自分の気持ちを切り替える

偏頭痛は突然やってくる辛いものです。この嫌な偏頭痛を予防するためには、適度なストレス解消が必要であり、ストレスを生まない考え方をすることが偏頭痛解決には大切だということがわかったのではないでしょうか。

ぜひ、本記事を参考に、ストレスをためない生活を意識してみませんか。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment