偏頭痛に多い「閃輝暗点」。間違えやすい疾病と対策方法

偏頭痛の女性

「閃輝暗点」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。

偏頭痛をお持ちの方なら、一度は聞いたことがあるのではないかと思います。

この「閃輝暗点」は、視覚障害です。具体的には目がチカチカしたり稲妻のような光がみえたり、視界が暗くなるなどの症状をおこします。

しかし、この閃輝暗点と関係があるのは偏頭痛だけではありません。

そこで本記事では、偏頭痛と間違えやすい閃輝暗点が出る疾患と、閃輝暗点が出る偏頭痛やそのほかの疾患の対処法をご紹介していきます。閃輝暗点に心当たりのある方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

偏頭痛に多い閃輝暗点とは

偏頭痛の女性

閃輝暗点(せんきあんてん)は、普通にものを見ているとき、突然視野に光や線が入り、しだいに視野が揺らいだり欠けたりして見えづらくなるものです。視界の急激な変化で知識がない方だとパニックになることもあります。

  • 黒いキラキラした点や線が現れる
  • 視界が歪んで見える
  • ギザギザしたガラス片のような光が見える
  • 光が稲妻のようにチカチカしながら拡がっていく
  • 目の前が真っ暗になる

このような症状が5~40分くらい、目をつぶっていても繰り返しておこるのであれば、閃輝暗点を疑いましょう。

偏頭痛は、この症状が治まった後に強い頭痛が始まる傾向があります。
閃輝暗点は偏頭痛の大きな特徴のため、どうしても偏頭痛ばかりがクローズアップされがちです。

閃輝暗点がみられるもの

閃輝暗点の症状があらわれたときに考えられる疾病は、おもに下記の4つです。

  • 偏頭痛
  • 飛蚊症
  • 光視症
  • 脳梗塞などの脳の疾患

これらを病気ごとに詳しく説明していきます。

閃輝暗点のおこる病気①偏頭痛

閃輝暗点の後にドクンドクンと脈打つような痛みを感じ、酷いときは吐き気を伴います。光や音に敏感になり、めまいや耳鳴りを伴うこともあります。

偏頭痛の原因は三叉神経説とセロトニン説があり、どちらが正しいのかはまだ医学界で結論が出ていませんが、有効な治療法としては下記のものがあげられています。

  • 激しい光や音などの刺激を避ける
  • 首の後ろをマッサージする
  • 生活のリズムを整える
  • 偏頭痛予防薬や治療薬を使用する
  • チョコレートやチーズなどの「チラミン」を含むものを控える
  • 味の素に含まれる「グルテン」を含むものを控える
  • アルコールの摂取を控える

閃輝暗点のおこる病気②飛蚊症

眼球内部の硝子体が濁り、何もないところでも白い線や黒い線が見えます。

蚊が飛んでいるようにも見えるため、飛蚊症と呼ばれます。

生理的な飛蚊症であればそのままにしておいても構いませんが、下記の症状が現れたときは、失明の危険がある網膜剥離などの重大な病気である可能性が高くなります。

  • 黒い点や線の場所が突然増えた
  • 暗い場所で稲妻のような光が見える
  • 視野の一部が欠けている
  • 急に視力が落ちた

症状が進むと視力はどんどん落ちていってしまいます。軽い場合は薬物療法で済みますが、回復しない場合は手術する必要が出てきます。早めに眼科を受診しましょう。

閃輝暗点のおこる病気③光視症

実際には存在しない光が見える症状です。

視野の端や中心に光が走る、目を閉じると無数の光がうごめくなどがあります。原因は網膜が変形してもろくなり、刺激をうけるためとされています。

過労や睡眠不足、頭をぶつけたときにもおこりますが、一方で脳の病気や網膜剥離の可能性もあります。もしこのような症状が数週間も続くようでしたら、一度眼科医の診察を受けてみましょう。

閃輝暗点のおこる病気①偏頭痛

偏頭痛は脳の血流に関わることなので、同じような症状があるなら脳梗塞や脳出血、脳腫瘍などの疾患の可能性も捨てきれません。

偏頭痛は、後頭部の下、首のつけ根あたりをマッサージすると症状が軽くなる傾向がありますが、脳の疾患だと効果を感じることができないでしょう。

心配なときは一度こちらの4点を確認してみましょう。

  • 笑顔が歪んでいないか
  • 話しかたがおかしくないか
  • しびれや麻痺がないか
  • 両腕を上げると片側だけ下がっていかないか

これらは脳疾患でおこりやすい症状です。
もし不安な点があるようでしたら、早急な受診をお勧めします。

オールカラー版 家庭の医学 【第2版】
成美堂出版
売り上げランキング: 72,443

まとめ:閃輝暗点を正しく知ろう

ここまでで、閃輝暗点と偏頭痛などの原因となる4つの病気についてご紹介してきました。

閃輝暗点は脳や目のトラブルが引き起こしています。

偏頭痛でおこる閃輝暗点や、飛蚊症でおこる閃輝暗点の症状は似ていますが、目には目の、脳には脳の対策が必要であり、原因を知らずに対処することは取り返しのつかない結果を生むかもしれません。

本記事が、閃輝暗点を知らなかった方や閃輝暗点でお悩みの方に、少しでもお役にたてれば幸いです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment