耳の病気?偏頭痛?耳鳴りを引き起こす4つの原因とは

偏頭痛の女性

キーンという耳鳴り、こもったようなボーという耳鳴りなど様々な耳鳴りがあります。
静かな夜にこれらの耳鳴りがあると、気になって仕方がないですよね。

周囲にはたかだか耳鳴りといわれますが、本人のストレスは大変なもの。しかも原因によって耳鳴りの対処方法は違い、ますます複雑なものにしています。

そこで、本記事は耳鳴りの原因を4つのタイプに分けてご紹介していきます。ぜひ本記事を参考に原因不明の耳鳴りを適切に対処していきましょう。

スポンサーリンク

耳鳴りの違い

頭痛の男

同じ耳鳴りといっても、実際に音がおこっている耳鳴りと頭の中でおこっている耳鳴りでは発生のかたちが違います。脳の中でおこっているのに、耳をいくら治療しても解決にはなりません。そこで、こちらでは4つの原因となる症状を探っていきます。

  • 耳が原因の耳鳴り
  • 中耳炎、外耳炎、内耳炎、鼓膜炎耳硬化症、外リンパろうなどが発生するときに耳鳴りをともなうことがあります。これらの耳の症状は、耳鼻科で対処しやすく、比較的治療しやすいとされています。原因となる疾患がなくなれば、耳鳴りも消失します。
  • 筋肉やゆがみが原因の耳鳴り
  • 肩こりや背中の痛み、体のゆがみが耳鳴りの原因になります。体の筋肉が緊張やゆがみでバランスを崩している場合、バランスの乱れから耳鳴りがおこることもあり、ゆがみを取る、コリを取るなどの体のバランスを整えることによって耳鳴りも改善に向かいます。
  • ストレスが原因の耳鳴り
  • 聞きたくない、考えたくないといった拒否の気持ちが強いと、耳鳴りがおこることがあります。耳には、「カクテルパーティ効果」のように自分の意識したものを取り入れる性質があり、耳に入るものをどうして取り入れたくないときに自己防衛として耳鳴りがなるのです。

    この場合は、強い拒否の気持ちが耳鳴りをおこしているので、意識をそこからそらす、こだわりを手放すなどして執着を手放しましょう。

  • その他、脳や神経などが原因の耳鳴り
  • 突発的難聴やメニエール病、偏頭痛などがこちらに当てはまります。

    突発性難聴は、詳しいことはわかっていませんが、循環機能障害が原因ではないかという説もあります。メニエール病は心身のストレスや不規則な生活によっておこりやすいと言われていますが、原因についてはまだよくわかっていません。神経質で几帳面な人がかかりやすいようです。

    ビタミンなどの栄養をしっかりとって安静にし、必要であれば血管拡張剤やビタミン剤、副腎皮質ホルモン剤を使用して様子をみます。突発的難聴は早期であればあるほど早く症状が治りやすいので、早めの対策をしましょう。

    また、あまり知られていませんが、偏頭痛が耳鳴りの原因になることもあります。メニエール病や突発的難聴とは違い、聞こえにくくなるなどの聴覚障害を伴わない耳鳴りについて、次の項目で詳しく解説していきます。

偏頭痛と耳鳴りの関係

2010年に頭痛学会で「慢性的な偏頭痛が耳鳴り・めまい・不眠をひきおこす」といった発表がされました。

この耳鳴りは、実際に耳で音がなる耳鳴りではありません。慢性的な偏頭痛によって脳が興奮状態になり、聴覚をつかさどる部分が誤作動をおこしているのです。

ただの頭痛と違い、偏頭痛は、自律神経の乱れなどにより脳が急激に働くことでおこっています。この急激な活動を幼いころから続けていれば、脳の興奮状態が長い期間続き、他の部分にも影響を与えると考えられているのです。

偏頭痛は、早ければ幼児のころからおこります。頭痛だけではなく、腹痛などの症状もあらわれる、子供の偏頭痛については「朝の「お腹が痛い」は仮病じゃない?!子供におこる偏頭痛とは」をご覧になって、自分が偏頭痛であったかを確認してみてください。

偏頭痛からおこる耳鳴り・めまい・不眠は、偏頭痛の早期治療により軽減しますが、耳鳴りをしずめるには脳の興奮状態を抑えなくてはいけません。そのため、鎮痛剤で痛みを感じなくするだけでなく、脳の働きを正常にするための対策が必要です。

こちらの学説では、脳の働きを正常にするために、脳の興奮を抑える抗てんかん薬や気持ちの興奮を抑える抗うつ薬が有効とされています。偏頭痛の対処としては、トリプタン製剤で血管の拡張を抑えると、脳の過敏な反応も治まるとのことなので、若いうちからきちんとした対処が望まれます。

日常生活では、リラックスする時間を持つようにし、ビタミンB2やマグネシウムを取るようにしましょう。「呉茱萸湯」「桂枝人参湯」「釣藤散」「葛根湯」「五苓散」などの漢方も効果があるといわれています。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Mサイズ 378102
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 4,206

まとめ:耳鳴りには適切な対処を

ここまでで、耳鳴りを引き起こす原因を4つにわけてご紹介してきました。

耳鳴りにもさまざまな種類があり、治療方法も一つではありません。中でも偏頭痛が耳鳴りをおこすという説は比較的新しく、まだまだ広く認知はされていませんが、原因不明の耳鳴りでお悩みの方には画期的な説だと思われます。

たかだか耳鳴りと軽んじられやすい症状ですが、毎日続くと大きなストレスになる耳鳴り。辛い耳鳴りを解消するために、本記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment