偏頭痛が後頭部に生じる理由と対処方法

犬の後頭部

偏頭痛が後頭部に生じる理由を理解しておくことは、痛みの症状を早期に改善するために重要なことです。

多くの場合、偏頭痛は頭の片側のこめかみあたりに生じることが多く、こめかみに生じる頭痛が偏頭痛であると多くの人達が認識しています。

しかし、偏頭痛はこめかみだけでなく、後頭部や前頭部にも生じることがあります。その理由を理解しておくことで、後頭部などに偏頭痛が生じた場合にも、落ち着いて適切な方法で症状を緩和していくことができるようになります。

そこで、本記事では偏頭痛が後頭部に生じる理由と対処方法についてご紹介していきます。偏頭痛のような症状が後頭部に生じて悩んでいる方は、是非本記事と一緒に、後頭部に生じる偏頭痛の適切な対処方法について学んでいきましょう。

スポンサーリンク

偏頭痛が後頭部に生じる理由

悩む男性

偏頭痛は、「ストレスや生活習慣の乱れなどが要因となり、脳の血管が拡張して周囲の神経を刺激することで生じる頭痛」です。

血管の周囲にある「三叉神経」は、血管の拡張によって刺激されることで、痛みのもととなる信号を出します。その信号が多くの場合は、こめかみ付近への痛みとして脳で処理されるのですが、後頭部や前頭部に痛みの場所が変わることもあります。

そのため、後頭部や前頭部において頭痛が生じ、偏頭痛のようなズキズキとする痛みや吐き気が生じる場合には、偏頭痛の処置をすることで症状の解消を見込むことができるのです。

しかし、頭痛は様々な原因で発生するため、素人判断で偏頭痛と決めつけることにもリスクがあります。例えば、頭痛は脳腫瘍などの重大な脳疾患の前兆として現れる場合があります。そのため、頭痛の症状があまりにも強かったり、症状が慢性的に続く場合には、頭痛外来や脳神経外科にかかり、頭痛の原因を特定することが大切になります。

後頭部に偏頭痛が生じた時の対処方法

後頭部の頭痛が偏頭痛である場合、対処方法はこめかみに発生する方法と同じです。

偏頭痛は、脳内の血管の拡張が原因となっているため、脳へ刺激となることを避けて、血管を収縮させる工夫をすることが大切になります。

後頭部に偏頭痛が生じた場合には、次の対処方法を実践しましょう。

  • 痛む場所を冷やす:患部を冷やすことで、脳内の血管の炎症を押さえ、痛みを和らげていくことができる
  • 静かで暗い場所で一人になる:音や光などの刺激も脳の刺激となり、脳の活動を活発化させる契機となってしまうため
  • コーヒーを飲む:コーヒーや紅茶に含まれるカフェインには、血管収縮作用があるため、偏頭痛の痛みの原因である血管の拡張を抑えることができる

応急的には、これらの方法を実践することで、後頭部に生じた偏頭痛であっても症状を改善することができます。しかし、偏頭痛は日常のストレスや生活習慣の乱れ、またはチョコレートの食べ過ぎや女性の月経前といった要因で引き起こされるため、改善できる部分は改善し、根本の原因となるものを解消することが大切です。

ハンディ氷のう Sサイズ 400ml
富士パックス販売
売り上げランキング: 8,422

まとめ:体の仕組みは複雑

ここまでで、偏頭痛が後頭部に生じる理由と対処方法についてご紹介してきました。

偏頭痛は通常こめかみ付近に発生しますが、後頭部や前頭部に生じる場合があります。後頭部等に生じた偏頭痛であっても、冷やすことやコーヒーを飲むことで、一時的に症状を緩和することができます。

また、頭痛の原因は多岐に渡り、非常に危険な要素が原因となっている場合もあるため、症状が治らない場合には、専門の病院にて診察を受けることが大切になります。

後頭部への偏頭痛で悩んでいる方は、是非本記事を参考にして頂き、適切な方法で偏頭痛の症状を解消できるようにしていって下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment