偏頭痛について知ろう!発作を防ぐ方法と偏頭痛について

偏頭痛の女性

頭痛には原因のはっきりしたものと、はっきりしないものがあります。外傷や脳腫瘍などは原因も対処方法も確立されていますが、患者の多い偏頭痛は未だ解明されていません。

今では800万人を超えるほどの偏頭痛患者がいます。その中には寝込んでしまうほど日常生活に支障をきたしている重症者もいて、大変な苦労をして毎日を過ごしています。

つらい発作がなくなればいいのにと思う人も多いでしょう。そこで、本記事では偏頭痛の発作を抑える方法や発作の対処法をご紹介していきたいと思います。自分にあった対処法をみつけて発作がおこらないよう過ごしていきましょう。

スポンサーリンク

偏頭痛の発作

偏頭痛の男

偏頭痛の原因とされている有力な説は三叉神経血管説とセロトニン説です。三叉神経から放出されるなんらかの物質が脳を興奮させるという説と神経伝達物質のセロトニンが大量に放出された影響で脳内の血管が収縮して脳に炎症をおこすという説です。

これらに対応した薬品も作られてはいますが、いまだにどの人にも効果のある対処法は確立されていません。しかも偏頭痛は遺伝が大きく関係しているとの発表もあり、完全には防ぎようがないのが現状です。

そこで、偏頭痛の発作をおこしやすい環境や逆におこしにくい環境を知ることで、偏頭痛でお悩みの方の生活が過ごしやすくなるのではないでしょうか。

発作の原因になりがちなことを下記に並べました。

  • ストレス
  • 疲労
  • 空腹による低血糖
  • 睡眠不足や寝すぎ
  • 生理前の「テストステロン」の急激な減少
  • アルコール
  • タバコなどの濁った空気
  • 強い光や騒音、急激な温度差などの刺激
  • アレルギー
  • ストレートネックなどの首の異常
  • チーズや赤ワインなどに含まれる「チラミン」
  • 味の素に含まれる「グルテン」
  • ハムやベーコンなどの「硝酸塩」を含む加工食肉

このほかにもナッツ類やアボカド、バナナ、にんにく、乳製品、コーヒーなども誘因とされています。食品によっては、全く食べてはいけないのではなく量の加減が必要なものもあります。自分の体質がどうなっているのかを知るためには、発作の記録をつけて自分の適正量を知ることが肝心です。

また、偏頭痛対策として摂取を薦めるものは下記の通りです。

  • ビタミンB2を多く含む食品(納豆、牛乳、ヨーグルトなど)
  • マグネシウムを多く含む食品(大豆製品、海藻類、緑黄色野菜など)
  • ナツシロギク(フィーバーユー)のハーブ系サプリメント
  • 西洋フキ(バターバー)のハーブ系サプリメント
  • 「呉茱萸湯」「釣藤散」「五苓散」などの漢方
  • 偏頭痛予防薬(カルシウム拮抗剤など)

偏頭痛発作の治療

もし偏頭痛の発作が出てしまったらどうすればいいのでしょうか。

偏頭痛を感じたときに効果的な対処法は下記の通りです。

  • 偏頭痛予防薬や鎮痛剤をとる
  • コーヒーなどのカフェイン摂取
  • 音や光などの刺激の少ない場所で休む
  • 頭を冷やす
  • 睡眠をとる

偏頭痛は早めの対処をしないと症状が治まりにくいといわれています。前兆のあるタイプの偏頭痛を持っている人は前兆が出たときに対処しましょう。前兆のない人も「いつ発作が出るか」というストレスが引き金になることもあるので、いつでも対処できるようにしておく必要があります。

ただし、偏頭痛予防薬のトリプタン製剤だけは注意が必要です。この薬は血管を収縮させる作用があるので、血管が収縮しているとされる前兆時ではなく偏頭痛の発作が出た初期のタイミングでとりましょう。

偏頭痛と関連するもの

発作には女性特有の生理も大きくかかわっています。偏頭痛で悩む女性の半数は生理と関係があり、エストロゲンという女性ホルモンが減少するタイミングで発作が出ているとされています。そのためPMS(生理前症候群)対策が偏頭痛にも有効だとされています。

また子供の偏頭痛にも注意が必要です。大人の偏頭痛と違い、幼少期におこる偏頭痛には短時間かつ腹痛をおこすものが多くみられます。偏頭痛は遺伝するとの報告もあり、偏頭痛をもつ親御さんは自分の子どもにも気を配る必要があります。

偏頭痛を持っていると、持っていない人に比べて2倍脳梗塞になりやすいとされています。あまり神経質になる必要はありませんが、通常と痛みが異なる、体が動かしにくい、まひや言語障害が出るといったときは、通常の対処ではなく早く病院へ行くべきです。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Mサイズ 378102
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 1,626

まとめ:偏頭痛の知識をもとう

ここまでで、偏頭痛の詳細や偏頭痛の発作対策をご紹介してきました。いまだ解明されていない偏頭痛ですが、効果のある対処法が示されている以上、試行錯誤を繰り返しながらでも試してみることが大切なのではないでしょうか。

症状のわりにあまり詳しいことが知られていない偏頭痛ですが、このような知識を得ることで、自分だけでなく周りの人たちの役にも立てるのではないかと思い、こちらの記事を作成させていただきました。本記事が少しでも皆様のお役に立てるなら幸いです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment