早起きしたいのに早起きできない人のための具体的な解決方法

寝坊した女性

早起きできないという悩みを解決するためには、具体的な早起きの「システム」を構築することがおすすめできます。

早起きは習慣のたまものであり、意志の力や行き当たりばったりのリズムでは、早起きできないという問題を解消することは難しくなります。本記事では、早起きできないという問題・悩みを解消するための具体的な方法・仕組み作りについてまとめています。

スポンサーリンク

早起きできないことがもたらす様々な損失

朝

「早起きできない」ということで悩んでおられる方は、意外に多くおられます。早起きできないことが仕事に直結して問題が生じる場合もあれば、早起きできないことで様々な「損」をしてしまっている場合もあります。

例えば、資格の取得を目指す場合には早起きできない場合と、朝早起きして勉強をした場合とで合格可能性は大きく異なることになるでしょう(しかも資格試験は、多くとも年に数回程度であることが通常です)。また、早起きできないことで1日のリズムが乱れてしまい、したいこと、しなければならないことがどんどんたまっていってしまうという悪循環を呼び起こすこともあります。

このように早起きできないことは、一種の大きな「機会損失」ということができます。逆に考えれば早起きできないという悩みの解消は生活に大きなメリットをもたらす事が明らかということができます。

早起きできないという悩みを解消するためには具体的にはどのような方法があるのでしょうか。

早起きできない原因が生活リズムなどである場合

まず早起きできないという悩みを解消するためには、その原因から問題解決の糸口を考えることが重要です。早起きできないという悩みの原因として第一に考えられることは、生活リズムに問題があるケースです。

例えば、早起きできないという悩みを抱えていながらも、夜眠りにつく時間が午前0時をまわってしまっているような場合であれば、早起きできないのは、ある意味当然ということができます。このような場合には体が睡眠を欲しているためです。一般に人間は6時間から7時間程度の睡眠時間を取ることが健康には良いとされており、体も一般的にはその程度の睡眠時間を欲します。

そのため、そもそも睡眠不足である場合には、早起きできないというのは、いわばやむを得ないことということができます。この場合には、早起きできないという悩みの解消のためには、生活リズムの見直しが最も重要なこととなります。

睡眠時間に問題がなく早起きできない場合

次に、睡眠時間に問題がなく早起きできないという場合には、意識と行動を変えることで早起きできないという悩みを解決することにつながります。まず意識面では、早起きできない場合のデメリットと早起きした場合のメリットを紙に書き出して具体的にイメージすることがおすすめできます。

例えば、資格取得を目指される方であれば、早起きできないことで勉強が進まず、次回の試験で不合格となってしまうデメリットと合格することで人生の新しい展望が開けるメリットを髪に書き出して具体的にイメージすることが効果的です。これによって早起きできないということのデメリットを明確に意識して早起きをする意識付けが極めて強力になります。

次に、具体的な早起きのための方策・仕組み作りとして、早起きできない場合のペナルティを設けることなどがおすすめできます。例えば、SNSなどで早起きすることを友人などに宣言した上で、早起きできない場合のペナルティを自ら決めるということ(例えば、朝5時に早起きしたことを示すブログ記事を更新しなければ、昼ご飯をおごることを宣言するなど)が周囲の強制力が働くため、おすすめできます。

また、早起きできない場合には、友人や恋人などに叱ってもらうという義務を自らに課すなども効果的ということができます。コーヒーや濃い日本茶などを枕元に置いておき、目覚めとともに飲むということも効果的です。

さらに、目覚めに熱いシャワーを浴びる習慣をつけることなどが効果的です。熱いシャワーは交感神経を刺激して目を覚ます効き目があるためです。このように、早起きできないことによって様々なペナルティが生じることを自ら甘受したり、早起きに役立つ方法を自分なりに決めることが早起きできないという悩みを解消するためには効果的ということができます。

早起きできないという悩みの解決方法のまとめ

以上述べましたように、早起きできないという悩みを解決するための方法をまとめますと、以下のようになります。

  • 早起きできないという悩みの原因がそもそも睡眠不足ではないかということを確認します。一般的には1日の睡眠時間が6時間から7時間程度ない場合には早起きできない原因が睡眠不足である可能性があります
  • 早起きできない悩みを解消するためには、周囲の強制力を得ることが効果的です。例えば、早起きブログをつけることを義務付けるなどがおすすめできます
  • 早起きできない状況を改善する身体への影響を与えることも効果的です。例えば、熱いシャワーやコーヒー・日本茶などを前夜に用意しておくことなどが早起きした後に目を覚ますために効果的です。

早起きできないという悩みを解消されて、活き活きとした素敵な毎日を送られることをお祈りしています。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment