早起きをして効率的な1日を送りたい人のための早起きの方法

朝焼けの空

早起きを習慣化するための方法としては、(1)ベットから出て(2)その後ベットに戻らないという具体的な仕組みを作ることが効果的です。

早起きは習慣による面が非常に大きいため、習慣化することを意志の力よりも仕組みによって作り上げることが効果的な早起きリズムを作る方法としておすすめすることができます。

スポンサーリンク

早起きをすることのメリット

早朝

「早起きをしたい!」このような生活習慣を身につけたいとお考えの方は多いのではないかと思われます。早起きには様々なメリットがあります。

第一に、早起きをすると気持ちや頭が冴えわたります。「朝の気は鋭、昼の気は惰、暮れの気は帰」といわれます(孫子の兵法)。朝、日が昇り気温の上昇とともに早起きすることで体内リズムが調整され、頭や気持ちが大きく冴え渡ります。そのため、朝仕事をしたり、勉強をしたりすれば、非常に効率が良くなります。

第二に、朝の早起きによって客観的に時間を取ることができます。朝の4時や5時に仕事の連絡があるようなことはありえません。また、朝の炊事が必要な主婦の方などでも、前夜にある程度のご用意をされておけば、4時や5時などの時間であれば、自由に使うことができます。つまり早起きをすることで客観的に活用することができる時間が増加します。

そのため、早起きをして、朝1時間でも誰からも邪魔をされない自由な時間があり、かつその時間を資格の勉強や受験勉強、仕事の処理、読書などご自身がしたいことに当てることで、毎日の積み重ねにより、計り知れない「差」を得ることが可能となります。

第三に、早起きをするということは夜早めに寝るということとなり、自然に正しい生活リズムが身に付きます。そのため、健康への良い影響が期待できます。
このように早起きには数々のメリットがあり、昔の人が「早起きは三文の得」といったことには合理的な理由があります。

ただ、一方で早起きをすることは「つらい」という現実があるなど(特に冬場や仕事が多忙な時など)早起きをご自身の生活リズムに取り込むことはなかなか容易ではありません。早起きのリズムを身につけるための具体的な方法としてはどのような方法があるのでしょうか。

早起きの具体的な方法

早起きをする具体的な方法としては、まず、起床時間に目覚ましをかけることです。

それも、音がうるさく、布団の中からストップさせることができない場所に目覚ましを設置することが効果的な早起きの方法です。非常に単純な方法ですが、うるさい目覚ましの音を聞きながら眠っていることは人間はできません。また、近所迷惑・家族への迷惑の可能性もあります。

そのため、「とりあえず目覚ましをとめる」ためにベットから出る習慣を身につけることが早起きを身につける第一の方法です。ここを早起きのための第一の方法とされることがおすすめできます。

また、同時に、再度布団に戻らないための方法を具体的に決めておくことが重要です。例えば、(特に冬などは)起床時間の30分くらい前にエアコンをセットしておき、部屋を温めておくこと、すぐにコーヒーを飲むことができるようポットを置いておくことなどが早起きの習慣をつける方法としてはおすすめできます。

早起きをするためには、まず、何よりも早起きして布団から出る習慣をつけることが重要です。また、同時に布団から出ることが苦痛とならない為に部屋の温度を適温にしておくことやコーヒーなどを用意しておくことなどがおすすめできます。

さらに、体内リズムに着目した早起きの方法として、朝、光を目一杯浴びるということも非常に効果的です。光を浴びると体ではセロトニンと呼ばれる物質が大量に分泌されて、目が覚めるようにできています。天気が良い日は朝日、また、冬場で日の出が遅い場合や
天気が悪い場合には部屋の電気を強めにすると同時に蛍光灯もつけるなどすれば体内でセロトニンが分泌され、早起きの習慣をつける方法として役立ちます。

このようなさまざまな方法により早起きの習慣を身につけ、早起きに体が慣れれば、自然に早起きをすることができるようになります。

まとめ:早起きの方法は生活習慣から

以上述べました、早起きの具体的方法をまとめますと以下のようになります。

  • 早起きを身に付ける方法の第一は、まず、布団から早く出る習慣を身につけることです。そのためには、目覚ましをベットから手の届かない距離においてとにかくベットから出ざるを得ない状況を作り出すことが効果的な方法です。
  • ベットから出ることができたら、再度ベットに戻らなくても良いようにする方法を用意しておくことが重要です。例えば、部屋の温度を早起きに適切な温度としておくことやコーヒーなどを用意しておくことなどが具体的な方法としては考えられます。
  • さらに、朝、光を浴びることは目を覚ます上で非常に効果的です。セロトニンという物質が分泌されるので、セロトニンにより目が覚めることとなります。

早起きの方法を身につけられ、健康的な毎日を送られることをご記念いたします。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment