朝の学習は成功への近道!?早起きの勉強がもたらす学習効果

勉強する女性

早起き勉強は勉強の効率を非常に高いものとします。

これは、早起き勉強をすることで客観的に勉強しやすい状況となることと脳の働きから根拠付けることができます。本稿では
早起き勉強がなぜ効率的なものということが出来るのかということについてまとめています。

スポンサーリンク

早起き勉強のすすめ

夜明け

学生の方であれば期末試験や受験対策、社会人の方であれば、会社の昇進試験や資格取得のために日々勉強をしなければならない方がたくさんおられます。

受験や資格取得などのための勉強それ自体はあまり楽しいものではありません。しかし、受験勉強の先にある合格を手にすれば、新たな人生が開けます。その意味で受験勉強には大きな価値があります。

しかし、一方で忙しい毎日の中で勉強がはかどらないということも往々にしてあることもまた事実です。学生の方であれば部活の疲れなどは勉強の妨げとなります。また、社会人の方であれば仕事の忙しさが勉強の妨げになる程度は、学生の比ではないのが通常です。そのため、勉強をするためにはいかに効率よく勉強をするかが重要です。

効率よく勉強をする方法としては、隙間時間を活用することや記憶術の活用などさまざまな方法が言われますが、おすすめすることができる効率的な勉強方法として早起きをして勉強をするという方法が挙げられます。

早起き勉強のもたらすメリット

早起き勉強とは、早朝、誰も起きていない時間に集中して勉強をする勉強スタイルをいいます。この早起き勉強には効率的な勉強効果を生むために様々なメリットがあります。

早起き勉強のメリット1・妨害が入る可能性が極めて少ないこと

早起き勉強の第一のメリットとしては、勉強を妨げる事情が入る可能性が非常に少ないということが挙げられます。

早朝であれば、仕事の連絡・友人からのメールなどが入る可能性はほとんどゼロであり、外部の事情で勉強が妨げられるようなことはほとんどありません。

また、テレビなどの誘惑が生じる可能性も少なくなります(早朝であればほとんどがニュース番組です)このように早起き勉強であれば、外部の「邪魔」によって勉強が妨げられる可能性は極めて少なくなり効果的な勉強効果が期待できます。

早起き勉強のメリット2・脳の働きから得られる効率的な勉強効果

次に、早起き勉強は、脳の働きからも効率的な勉強効果を期待することができます。

脳は睡眠中に重要な情報とそうでない情報とを仕分ける作業を行います。重要な情報・何度も反復して触れた情報は脳の海馬と呼ばれる箇所に保管されます。一方で重要ではない情報は忘却されることとなります。

このように人間の脳では睡眠中に情報を重要度に分けて「仕分け」が行われています。この仕分けが睡眠中に行われた結果として、朝起きた時点では脳内は非常に整理された状態になっています。この脳内が整理された状態のもとで勉強をすることで、勉強の効率が著しく向上します。そのため、脳の働きから考えても早起き勉強は非常に効率が良いということができます。

他にも早起きで勉強をすることで脳内でドーパミンやアドレナリンといった脳内物質が分泌される関係から、効率が良いと言われます。さらに、睡眠の効果として脳がもっとも疲れていないのが早朝の時間です。そのため、数学の理論や法律の理論など思考が必要な学習内容を理解するうえでも早起き勉強をすることは効果的です。このように脳内の活動の観点からも早起き勉強は効率が良いということができます。

早起き勉強に向いている勉強内容と一日の勉強計画

早起き勉強をする場合には、その勉強内容にも注意することでさらに早起き勉強の効率を高めることができます。

つまり、早起き勉強をする際には、いわゆる「暗記もの」をするよりも理論的な思考を要求する勉強をしたほうが効率的ですこの点は少し前述しましたが、早起き勉強をする際には、脳内が最もクリアーになっているため理論的に考える能力が向上しています。

そのため早起き勉強は、高度な思考をする勉強時間に当てることがおすすめでできます。その一方で脳は睡眠中に記憶を整理します。そのため、睡眠前の学習は、「暗記もの」をすることで記憶の定着を図ることができます。このように早朝勉強と睡眠前の勉強方法を分けることで効果的な学習効果を期待することができます。

朝1時間勉強法
朝1時間勉強法
posted with amazlet at 13.10.26
山本 憲明
中経出版
売り上げランキング: 104,226

まとめ:早起き勉強で差がつく勉強効果をもたらす

以上述べました早起き勉強のポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 早起き勉強では外部の「邪魔」が入ることが少ないため、勉強に集中することが可能となります
  • 早起き勉強は脳の働きからも効果的な勉強方法です。睡眠中に情報が整理された後に勉強するので、新しい情報が脳に入りやすく、勉強の効率を高めることが期待できます
  • 早起き勉強は、理論的な思考を要する勉強をすることが特にオススメできます。一方で睡眠前の勉強は「暗記もの」をすることがおすすめです

資格取得や進学のための受験勉強は、決して楽しいものではありませんが、勉強に対する努力、その結果(資格取得・進学)などはあなた自身を次のステージへ進ませ、人生の可能性を花開かせます。早起き勉強によって、効率的に勉強効果を発揮されることを心からお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment