早寝早起きのメリット、心身のバランスを整える2つの神経

朝の景色

皆さん早寝早起きは出来ていますか?早寝早起きというとなんだか難しい事のように感じてしまうひともおられるのでは?

早寝早起きに一体どんなメリットが?と考える方もいるかもしれません。同じように規則正しく生活しているのだから遅寝遅起き出も良いのでは?

同じ睡眠時間でも早寝早起きには遅寝遅起きには無いメリットがあります。早寝早起きで心身共に健康的な生活を送りましょう。

スポンサーリンク

早寝早起きのメリットは自律神経

朝の馬

睡眠不足や夜更かしは自律神経を弱め、やがて自律神経失調症を起こす原因となってしまいます。

私たちの体の機能や免疫系の働きに大きく関係のあるこの自律神経、昼と夜とではその働きに大きな違いがあります。

自律神経は交感神経と副交感神経の二つに分かれそれぞれ昼の行動と夜の休息をコントロールする働きを担っています。

昼間は交感神経が優位に働くのに対して、夜は副交感神経が優位に働きます。これは私たちが太古の昔から続けてきた生命のサイクルとも言えるでしょう。この交感神経と副交感神経のサイクルは昼と夜で見事に入れ替わると言われています。

電気の発明される前、人間は日の出と共に目覚め、日の入りと共に休息していたのです。

その自律神経の働きに合わせて睡眠、行動をするのが早寝早起き。これには様々なメリットがある、というよりは私たちの体や心、免疫系の状態を本来あるべき形に保つというメリットがあります。

遅寝遅起きのデメリット

電球が発明され私達人間は夜でも昼のように行動が出来るようになりました、しかしそれによって交感神経と副交感神経のリズムの波は後ろの方にずれこむようになり、切り替えが本来のように上手くいかなくなってきています。

これによって引き起こされるようになったのがいわゆる自律神経失調症です。

自律神経失調症がおこるとどうなるか、まずは免疫力の低下があります。免疫力の低下とともに起こりやすくなるのが、近年増加するうつ病などの精神的な疾患であると言われています。

現代社会は電球以外にも遅寝遅起きの原因となる物であふれかえっています。コンビニや24時間営業のレストランなどでいつでも食事を手にする事が出来る為、朝と夜を意識して生活する必要がさらに無くなってきてしまいした。

しかし、心身を健康的に保ち高い免疫力を維持する為には、本来の人間の生活リズムである早寝早起きをして自律神経に無理の無い生活を送る事が重要となります。

寝早起きに沢山のメリットがあるのに対して遅寝遅起きには沢山のデメリットがあるのがおわかりいただけたでしょうか?

早寝早起き、その他のメリット

早寝早起きには心身の健康に対するメリットだけでなく他にも様々なメリットがあります。

気持ちよく一日をスタート

自律神経の話とも関係があるかもしれませんが、早起きは気持ちの良いものです。体も喜んでいるのが分かります、早起きをして気持ちよく一日をスタートさせましょう。

朝の静寂

あさの静けさは心を落ち着かせるのにとっても良いものです、自分の一日の予定を立てたり、しながらゆっくり過ごすにはもってこいの時間です。これも早起きのメリットなのではないでしょうか?

日の出が見れる

日の出を見て一日をスタートさせると、やる気も違います。楽しい一日の始まりを朝から予感できるというメリットが早寝早起きにはあります。

朝に運動が出来る

早寝早起きの最大のメリットと言っても良いのではないでしょうか?朝の運動はとにかく気持ちの良いものです。健康効果も絶大、ダイエットにももってこいです。何かとカロリーの多くなりがちな現代の食生活、朝の運動で余分な脂肪を燃焼させましょう。

しっかりと朝食が食べられる

きちんとした朝食は健康維持にとても役立ちます。朝食は一日三食の中で一番抜いてはいけないと言われている食事。きちんと食べて一日に勢いをつけましょう。行動力が増すというメリットもあります。

生産性の向上

早寝早起きをすると難しい仕事、クリエイティビティを要求される仕事を午前中に終えられるようになります。結果こなせる仕事量が増し、生産性がアップするのも早寝早起きのメリットです。

通勤も楽

早寝早起きのもう一つのメリットはラッシュアワーを避けられる事です。電車で出勤する人は満員電車を避けてストレス回避。車で通勤する人は渋滞を避けてガソリン代の節約にもなります。自然に優しいというメリットもあります。

自律神経にやさしい音楽
メンタル・フィジック
デラ (2007-07-25)
売り上げランキング: 238

早寝早起きのメリットのまとめ

  • 早寝早起きのメリットとして自律神経を整え、体の機能や免疫系の働きを本来あるべき強さに保つ事が出来る。
  • 遅寝遅起きが習慣になってしまうと、自律神経失調症になりかねないというデメリットがある。
  • 早寝早起きには他にも沢山のメリットがある、朝の運動やきちんとした朝食で心身の健康維持を。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment