半身浴の時間についての考察

時計

最近注目を集めているダイエットテクニックの半身浴。

全身お風呂につかって「あーー、きもちいー」とリラックスするのもいいですが、じっくりゆっくり湯船につかって体の新陳代謝を向上させる半身浴は、体の負担も少なく理想的な入浴方法だといえるでしょう。

しかし、案外その正しい入り方は知られていないもの。短時間の入浴では体が冷えてしまいますし、あまりに長時間だと体がふやけてしまいます。

この記事では、半身浴の効果がでる長時間入浴のための方法をご紹介します。

スポンサーリンク

半身浴の入浴時間とお風呂温度との関係

アメニティ

半身浴は全身浴と違い、適切な温度を維持して長時間入ることが理想とされます。

半身浴で一番危険なのは「体が冷えてしまうこと」です。腰まで浸かる半身浴は上半身、心臓や内蔵に大きな負担をかけずにすみますが、湯温が低すぎたり、血流がうまく流れていかないと上半身に熱がわたらず、風邪を引いてしまうことがあります。

また、よくある半身浴の間違いに「腕まで湯につける」ということがあります。これはあまりよくありません。腕はずっと付けると末端神経が熱されてすぎて長めの入浴が難しくなってしまうのです。また、「熱いなー」と思って腕をあげていると、水滴によって熱が奪われ、ぎゃくに手脚が冷えてしまうことにもなりかねません。

半身浴は腕を外にだして、腰まで少し暖かめのお湯に入るのが理想です。少し冷えてきたら腕や腹部までお湯に入るのもいいでしょうが、また熱くなってきたら水滴を軽く拭ってください。

半身浴を行う適切な温度は、40から42度程度のお湯に入り始め、1時間程度まず入るのがオススメです。40度だと少し熱いかも、という方がいるかもしれませんが、お湯に入っているうちにだんだんと湯温が低下してきますし、湯温にもだんだん慣れてきます。少し熱めのお湯に入ることで、まずは体の「汗腺」を開いて汗を出しやすくするのです。
温度が37度を割り込むと風邪を引いてしまうかもしれません。最低でも39度程度になるように調節しましょう。

もし、「汗をうまくかけないなぁ」と思うのであれば、最初の数分は全身浴をしておくのもよいですね。

同時に「室温」も重要です。最低25度以上の室温をキープしましょう。室温が低いと汗をかくのが難しくなりますし、体も冷えやすくなります。お湯の放射熱で25度程度は保てることが多いのですが、換気扇が回っていたり窓が開いていたりするともっと下がってしまいます。もし室温を上げたい場合は、熱いシャワーを壁に向けて流しましょう。それだけでも随分室温を上げる効果があります。

半身浴を補助する湯船に持ち込むべきグッズ

半身浴を楽しみたいならば下のリストにあげたようなものを持って行くとよいでしょう。

  • 水か麦茶の入ったペットボトル(大きめの2Lが理想)
  • バストイや本など時間を潰すもの
  • 乾いたタオル

水分補給は重要です。スポーツドリンクだと糖分が多いため、ダイエットの効果が期待できなくなってしまいます。水でもよいのですが、ミネラル分が多い麦茶がオススメです。
麦茶はカフェインレスで飲みやすく、汗とともに失われてしまう成分を大分補給できます。少しの塩を入れるのもよいでしょう。

バストイなどは時間を潰すのにうってつけです。以前も「子供も大人もハマるお風呂のおもちゃ10選!」を紹介しました。ご参照ください。あるいは、携帯ゲーム機などをお風呂で使えるグッズにいれて遊ぶのもよいですね。ただし、携帯をお風呂で使えるグッズなどは、耐水性があっても「結露」には弱いこともありあす。商品の性質を十分に理解して使いましょう。

また、アロマやバスソルト、ホームスターのようなプラネタリウムなどをいれて香りや星星を楽しむのもよいですね。リラックスしていると半身浴の効果があがります。ただ、長時間になるので、短時間なら心地良いことでも長時間になると気持ち悪くなってしまうかもしれません。自分の体調とご相談ください。

乾いたタオルは、上半身や顔の汗を拭き取るのに使います。案外汗がでてくると気持ち悪いものですし、汗だくの状態でいると風邪をひきやすくなってしまいます。半身浴の効果を高めるためにも適宜汗を拭き取ったほうがよさそうですね。

半身浴の入浴時間

以上のように準備が整ったら、半身浴の入浴を開始します。最初は20から30分、なれてきたら一時間を目指しましょう。一時間から一時間半程度の入浴を二ヶ月ほどすると、だんだんと体重も落ちてきます。

入浴前、入浴中に、に簡単な運動をしたり、お風呂でできる作業を考えたりするのも効果的です。

木曽工芸 桧半身浴用風呂椅子 (御影石)
木曽工芸
売り上げランキング: 118,035

まとめ

半身浴の適切な入浴時間は一時間程度ですが、最初からそんなに長時間つかれない人もおおいと思います。また、長時間の半身浴が可能な湯温も自分なりに探す必要がありますね。楽しいバスグッズと一緒に、まずはお風呂での半身浴を楽しむことから始めてみましょう。

水やペットボトルを忘れずにご持参ください。風邪を引きそうになったら全身浴に切り替えたり、温度を上げたりして調節することも重要です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment