風邪の時でも半身浴ならOK!?風邪に効く半身浴治療の秘密

風邪の男

「風邪の時にお風呂だなんてけしからん!」とおこられた記憶がありませんか?いえいえ、最近の医学では風邪の時でもお風呂に入るのは有効な治療の一つであると認められているのです。

風邪の際にお風呂に入ると湯冷めしてよけいに悪化するといままで信じられてきました。でもそれも昔の話。今は半身浴で体を温めてはやく治療しちゃいましょうというのがトレンドです。

本記事では風邪の時の、半身浴治療についてお話します。

スポンサーリンク

風邪とお風呂との関係

お風呂

風邪の時にお風呂に入るとダメ。と言われているのは「全身浴」をモデルにしての言い方です。全身浴は体の、特に内蔵への負担が大きく体力を消費してしまいます。

しかし、足湯や半身浴なら体力の消費は比較的わずかですみます。それよりも「発汗による体温の低下」と「血行促進による老廃物のデトックス」といった効果が大きいので、風邪の症状が軽くなってきた時に半身浴を試すことは実に効果的な治療となりうるのです。

しかし、正しい半身浴の浴び方を心得ていないと、むしろただ体を冷やすだけになってしまうかもしれません。半身浴は上半身がお湯に浸からないため、体温が上昇するまでやや寒い思いをすることもありますし、血行が促進されて汗をかきだすまでの時間もかかります。

熱が高すぎるときや体力の消費が著しい時は避けるべき

半身浴は風邪の時にやってもよい入浴方法ですが、体力の消費が激しい時などにすると逆効果です。体調不良が激しかったり、特に吐き気がする時などには半身浴であっても控えるべきですね。

また、食中毒などの時にも半身浴はよくありません。水分補給ができる程度にはお腹の具合がよくないと、脱水症状になってしまう怖れがあります。体の血行促進を行いたい場合には、砂風呂や岩盤浴などもよいでしょうが、これらは自宅で行うのは難しいと思います。

風邪の時の半身浴の入り方

ここでは風邪の時の半身浴の入り方を説明します。とはいっても普段と何かが違うわけではありません。しかしながら「湯冷めしないこと」と「上半身までしっかり血行を促進する」という二点には気をつけておかないといけません。

お湯は40度をキープ

体温よりも二度ほど高めをキープしましょう。この温度は体の副交感神経を刺激する温度で、風邪の時でも代わりません。給湯器がある場合なら定期的に追い焚きをして温度をキープするのがよいのですが、給湯器がない場合にはヒーターをいれて置くのもよいかと思われます。「お風呂バンズ」のように高機能多機能な追い焚きアイテムがありますから、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

また、お風呂の蓋をつけて頭だだけ出しておくなどの工夫をしてみると意外と熱が逃げずに温かい湯温をキープしてくれますよ。

かけ湯は下半身だけにする

入浴前に体を洗ったり洗髪をしたりすると思いますが、風邪をひいているときはかけ湯はあくまで下半身だけにしましょう。肩や首などは汗をかくだけ。水滴をつけていると熱を奪われて風邪を引いてしまいます。タオルなどをもって入って腕や上半身の水滴は拭うようにしましょう。

寒い時期にはお腹の上までつかる

寒い時期にはお腹の上までしっかりお湯につかるようにしましょう。お腹が冷えると風邪が一気に悪化してしまいます。お腹ももちろん血流で温かくなっていきますが寒い時期ですと逆効果かもしれません。お腹を冷やさないようにいろいろな工夫をする価値があります。

入浴時間は30分

ダイエット目的で半身浴につかる方は一時間程度を目安にされていると思いますが、風邪のときはあくまでも健康目的。長時間入りすぎると病気になってしまいます。
長くても30分で収めましょう。逆に、30分が長く感じる方は30分は入っていられるようにしましょう。肩から汗がじわじわとでてくるぐらいがよいですね。

空気清浄の作用があるアロマなどを試してみるのもよいかもしれません。

乾いたタオルを方にかける

半身浴で風邪を悪化させてしまう方の多くがやっていないのがこれです。肩だけが冷えてしまうことを肩冷えといいますが、肩冷え対策は「乾いたタオルを肩にかけておく」というだけで十分なのです。

木曽工芸 桧半身浴用風呂椅子 (御影石)
木曽工芸
売り上げランキング: 119,778

風邪の時でも半身浴なら大丈夫

以上のように風邪の時でも半身浴なら大丈夫ということです。湯冷めしないように注意する必要がありますし、普段よりも体を冷やさないように気をつけることが多いのですが、上で書いたことをきっちりと守れば大丈夫です。

気持ちのよいバスタイムを満喫したら、そのまま早めに寝るようにしましょう。疲労回復と病気の治療には睡眠が一番ですからね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment