羽根布団でもできる洗濯の方法

広告ロゴ
洗濯ばさみ

布団の洗濯はなかなか大変なイメージがあります。真綿を使ったものや動物の毛を使ったものの洗濯を家庭でする人は少ないでしょう。手入れが必要になったときは殆どの方がクリーニングに出すとあるアンケートでも答えています。

では、羽根布団を家庭で洗濯する方法は本当にないのでしょうか?今回は、家庭でできる驚きの羽根布団の洗濯方法を紹介していくことにしましょう。

スポンサーリンク

洗濯の方法

では早速、羽根布団の驚きの洗濯方法を見ていきましょう。

洗濯の準備

洗濯機

羽根布団を選択するにはまず選択できるようにコンパクトなサイズに畳まなければなりません。布団が入るサイズの洗濯ネットに入れて洗う事で中の羽根を傷めないようにしますから、そのサイズになるように中の空気を押し出すようにして少しずつ丁寧に空気を抜いていきます。

空気が抜けたらネットに入れて形を整えるようにしましょう。この時も中の羽根が折れてしまわないように優しく扱います。

洗濯機で洗う

かさ高が低いものであれば、羽根布団を洗濯機で洗う事ができます。驚きの洗濯方法とは実は洗濯機で洗えるという事なのです。

薄手の毛布やクッションなどを洗濯機で洗ったことがある方は多いと思いますが、まさか布団が洗濯機で洗えるという事を知っている人は少ないでしょう。

そうはいっても羽根布団はデリケートですので手洗いモードのようにいちばんやさしい洗い方で洗うようにしましょう。選択モードを一番優しい洗い方に設定しましょう。

まず洗濯機にたっぷりの水をためて、中性洗剤をしっかりと溶かします。洗濯洗剤や中性以外の物、特に漂白剤などは使わないようにしましょう。羽根の脂質が落ちてしまうと劣化が早くなって傷みやすくなってしまうからです。

洗濯機にかける前にゆっくりとネットに入った状態の布団を浸していきます。しっかりと中に水が入るまで浸していきます。洗濯機で洗うのがどうしても不安な方はこのまま手洗いをしてもいいでしょう。手洗いする場合には優しく押し洗いをして中の汚れを押し出すようにして洗います。およそ5分から10分も洗えば十分です。

濯ぎ

洗浄が終わったら、軽く脱水をかけます。脱水のモードが選択できる洗濯機であれば、これも一番優しいモードにして脱水しましょう。3分から5分ぐらい脱水すれば十分泡切れできています。

たっぷり水を使って3回ほど濯ぎをしていきます。濯ぎの途中で水を入れ替えるときにできれば布団の向きを変えたりしてまんべんなく濯ぎができるようにすると尚良いでしょう。

濯ぎが完了したら、今度はちょっと長めに脱水をします。脱水機能が強い洗濯機では1分ごとに布団の上下などを変えて脱水するといいでしょう。トータルで5分から10分ほど脱水しておきましょう。

乾燥

手早く乾燥させたいのであれば、コインランドリーの大きめの乾燥機で乾かすとそれだけでもふっくらして元のかさ高に戻せます。

家庭で干す場合はしっかりと天日干しをしましょう。丁寧に縫い目やキルティングに沿って布団を伸ばしながら干していきます。

また、表裏と上下を1時間おきに返しながら干していくと乾きが早いです。寒い冬場でも容器の暖かいお天気の日なら6時間から8/時間ほどで殆ど乾きます。

さらに翌日2時間ほど天日で干せば乾燥は終わります。布団を取り込んだら端を持って数回布団を大きく振ります。すると元のかさ高に戻っていきます。もし天気がすぐれないのであれば、家庭用の布団乾燥機を1時間ほどかけるだけでも乾燥が仕上がります。この時も、乾燥が終わったら数回大きく振ることを忘れずにしましょう。

こうすることで、家庭でも簡単に羽根布団の洗濯ができてしまうのです。

羽根布団を洗濯するときのポイント

一連の洗濯方法の流れをその方法とともに紹介してきましたが、さらにちょっとしたポイントを紹介しておきましょう。

洗剤・柔軟剤

洗剤には中性洗剤を使うように紹介しましたが、最近は羽毛布団を自宅で洗いたいという人が増えていることから羽毛布団や羽根布団用の洗剤が売られています。柔軟剤に関しても同様のものが売られていますので、これらを使って選択するのがベストです。

中性洗剤があるからそれで構わないという人は、洗剤にパークエチロンという成分が含まれてい枚ことを確認しましょう。この成分が入っていると、先述のような羽根の脂質を洗い落としてしまいます。羽根や羽毛の脂質は適度に残っているからこそ品質や寿命を保つことができますから、決して適していないものを使わないように気を付けましょう。

乾燥

羽根布団や羽毛布団は、湿気をまとったままにしておくとカビやダニが繁殖しやすくなります。選択した後の乾燥はしっかりとしておきましょう。また普段からこまめに天日にさらすことでも殺菌効果がありますしダニ退治にもなりますから、普段から天気のいい時に1・2時間程度干すようにしておくことで布団の寿命そのものを長くすることができます。

まとめ:羽根布団は洗濯機で洗うことができる

せっかくの寝心地を提供してくれる羽根布団ですから、大事に長く使う事はもちろん日々気持ちよく使いたいですよね。

家庭でも簡単にできる方法でいつも清潔にしておけば長持ちします。せっかく洗濯機が使えるのですから、使わない手はありません。良質の睡眠を得るために、一度思い切ってご自分で洗ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。