羽布団のクリーニングで覚えておきたい2つの注意点

広告ロゴ
2

水鳥の羽から布団やクッションに使われる素材には、ダウンと呼ばれている羽毛とフェザーやスモールフェザーと呼ばれる羽根があります。それぞれの使用比率が50%以上のものを羽毛布団あるいは羽根布団として取り扱われていますが、これらの物を総称して羽布団として呼ぶことがしばしばあります。

羽布団の手入れには家庭でできる方法もありますが、一定期間でクリーニングに出すことで長持ちさせたり品質を持続させることができますが、その際に2つどうしても注意しておきたい点があります。

今回は、羽布団をクリーニングに出す際に必ず気を付けておきたい2つの注意点について、是非皆様に紹介しておきましょう。

スポンサーリンク

クリーニングをする頻度

羽布団の寿命は清潔に保つことが最も大きく関わってきますが、だからと言って頻繁にクリーニングすることがいいとは限りません。まずはこの注意点について見ていきましょう。

クリーニングするタイミング

ベッド

毎日使う寝具はいつも清潔にしておきたいと思うのは誰でも同じことですね。清潔な布団は気持ちがいいですし、新品のようにふっくらとした羽布団はとても気持ちがいいものです。

このような状態を常に保ちたいがために高い頻度でクリーニングをかけてしまうと、かえって長持ちしなくなったり品質が劣化してしまう原因になってしまいます。

余程汚れがひどくなったりした場合にはすぐにでもクリーニングしたほうが良いですが、ちょっとした汚れ程度なら家庭でのお手入れで対処することが大切です。

クリーニングに出すサイクルは、大手ふとんメーカーによると3年~5年に一度が適切とされています。布団のクリーニングを専門にしている業者でも、どうしても気になるのでもう少し頻度を上げてクリーニングしたいという場合2年に一度くらいにしたほうが良いといわれています。

クリーニング前の確認

クリーニングに出したときに最も多いトラブルは、クリーニング前後でみられる品質の違いです。まずはこの注意点を詳しく見ていきましょう。

確認しておきたいポイント

クリーニング後のトラブルの原因となる点には次のものがあります。

  • 羽毛が生地からはみ出すようになった
  • 羽毛が偏って使い心地が悪なった
  • ボリューム感が乏しくなった
  • 生地に傷みがみられる
  • キルティングや縫い目のほつれがある

このような品質に関することは、事前にチェックしておくべきです。クリーニングではオプションサービスで修復をしてくれる場合もありますから、事前にこれらに関するチェックをしておいて、クリーニングに出すときに説明して対処してもらえるかどうかを相談しておくといいでしょう。

明確な回答がない場合

上記の項目についてクリーニング店に相談した際に明確な回答がない場合には、そのクリーニング店には出さない方がいいでしょう。

羽布団はとてもデリケートなものですから、その特徴と扱いをよく知っている業者に任せた方が安心です。

クリーニング業者によっては羽布団に適さない洗い方でクリーニングをするところもあるようですから、どのような方法でクリーニングをするのか細かく確認しておくこともお勧めします。

一般的に羽布団のクリーニングで知られている業者に頼むか、クリーニング方法を詳しく紹介しているネットクリーニングに依頼することも上手にクリーニングしてもらう一つの手段と言えます。

クリーニング価格

羽布団に限らず、布団類のクリーニングはきちんとした工程で行うためにはそれなりの設備が必要になります。そのためある程度クリーニング費用が掛かってしまう事はどうしても避けられません。

しかし、数を受注することで利益を得ている業者の中にはとても低価格でクリーニングを受注しているところもあります。このようなところではその方法をきちんと説明できないような業者の場合はやめておいた方がいいでしょう。

メーカーへの確認

クリーニングに出す前に、使われている素材の特徴や注意点などを無トンメーカーに確認することもトラブルを回避するための一つの方法です。

素材の中には特殊な加工をすることで防菌防虫効果を上げているものもありますが、その加工方法によってはどのような洗い方をしなければならないかなどの細かい指示がある場合があります。

商品の詳細やタグなどにクリーニングの方法や洗濯の方法でこれはできないというような指定がある場合には当然そういった処置をすることもできませんので、しっかりと確認することで誤ったクリーニングを回避することができます。

羽布団は品質によって価格が違いますが、それでも決して使い捨てができるようなお買い物ではありませんから少しでも長く使えるようにするためにもこのような注意点に気を付けて取り扱うといいでしょう。

スウィートドリーム 羽毛布団クリーニング丸洗い1枚コース!羽毛布団専門
快眠ショップスウィートドリーム
売り上げランキング: 402,450

まとめ:羽布団のクリーニングは事前チェックでトラブル回避しよう

質の高い睡眠を得るために考えられている羽布団は、手入れや普段の使い方はもちろんクリーニングや打ち直しでもその品質を保ったまま寿命を長くすることができます。

特にクリーニングや打ち直しは人の手によって行われるものですから、今回の注意点に十分気を配って最高の仕上がりでクリーニングから戻ってくるようにするといいでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。