あなたを悩ます鼻いびきの原因と対策方法

鼻水の女性

鼻いびきと喉いびきの対策方法はそれぞれ異なるということをご存知ですか?喉いびきは、舌の付け根が寝ている間に喉の奥に落ち込んでしまい、それが原因で気道が狭くなり、いびきの原因になるのです。

喉いびきは、対策をしないでそのままにしておくと睡眠時無呼吸症候群などの原因となります。睡眠時無呼吸症候群になってしまうと、寝ている間に窒息死してしまったり、そうでなくても寿命を縮める原因となります。ですから、適切な改善方法を見つけることが必要になります。

では、鼻いびきはどうなのでしょうか?鼻いびきにはどのような原因と対策方法があるのでしょうか?この記事では、鼻いびきに焦点を当て、その原因と対策方法をご紹介してみたいと思います。鼻いびきで悩んでおられるのであれば、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

鼻いびきの原因と対策

寝る馬

鼻いびきが起きる原因は、鼻が詰まっているためです。鼻が詰まると鼻呼吸ができないため、口で呼吸をするようになります。そのため、いびきをかくようになるのです。これを鼻いびきと呼びます。
鼻が詰まる原因は主に風邪の症状ですが、それ以外にも鼻いびきの原因となりうる病気があります。では幾つかご紹介してみたいと思います。

鼻いびきの原因と対策その1:鼻中隔湾曲症

最初にご紹介する鼻いびきの原因となる病気はこれです。
鼻中隔湾曲症というのは鼻の穴を二つに分けている部分が曲がってしまっている病気です。この曲りが強くなり過ぎると、空気が鼻を通りにくくなり、鼻いびきの原因となります。また、鼻詰りや鼻血の原因にもなりやすいと言われています。

人間の顔はほぼ左右対称ですが、完全に左右対称という人はほとんどいません。ですから鼻もある程度曲がっているのは普通のことです。しかし、その曲りが強すぎるために、鼻いびきに悩まされているのであれば、対策として手術が必要になることでしょう。効果的な対策方法を見つけるために、まずはお医者さんに相談することが必要です。

鼻いびきの原因と対策その2:花粉症

花粉症も鼻いびきの原因となります。花粉症になる人は年々増えています。今まで花粉症になったことが無い人が、突然鼻の詰りに悩まされるようになると、風邪の症状と勘違いして、対策方法として風邪薬などを飲むかもしれませんが、ほとんど効果は得られないでしょう。

花粉症は残念ながらまだ、最善の治療方法が見つかっていません。そのため、対策方法も人それぞれ異なります。薬を飲んで改善する人もいれば、鍼治療を行なう人もいます。また、鼻や体を温めることによって改善する人もいます。
花粉症が原因かもしれない鼻いびきで悩んでおられるのであれば、ご自分に合った対策方法を見つけるために、お医者さんに相談しましょう。

鼻いびきの原因と対策その3:慢性副鼻腔炎

あまり聞きなれない病名かもしれませんが、これは蓄膿症のことです。この病気も、鼻いびきの原因となります。
顔の中には鼻とつながっている4つの空洞がありますが、その空洞に膿がたまってしまうのが蓄膿症です。
この病気の対策方法は、気長に耳鼻科で治療を受けることです。風邪の症状をそのままにしておくと、そこから細菌などが入り、蓄膿症の原因となります。早めに病院で治療を受けましょう。

鼻いびきの原因と対策その4:鼻茸

鼻茸も鼻いびきの原因となります。鼻茸は、鼻の中にできるポリープのことで、鼻炎や蓄膿症が原因で起きることが少なくありません。
このポリープが大きくなってしまうと、鼻の空気の通り道をふさいでしまいますので、鼻いびきをかく原因となります。
この鼻茸は、ほとんど危険性はないと言われていますが、あまりにも息苦しい場合は手術が必要になります。気になる症状があるのであれば、早めに病院へ行き、効果的な対策方法を見つけましょう。

鼻いびきの原因と対策その5:アレルギー

先程ご紹介した花粉症もこのアレルギーの部類に入りますが、ここではその他のアレルギーについて取り上げてみたいと思います。
鼻いびきの原因となるアレルギーにはダニやハウスダストといったものが関係している場合があります。これらのアレルギーに対する対策方法は、原因を無くすことしかありません。部屋をきれいに掃除したり、布団を取り換えるか掃除するなどして対策を講じることが必要です。

ネルネル 21回用 (口閉じテープ)
三晴社 (2006-06-05)
売り上げランキング: 129

まとめ:鼻いびきの原因を見つけ出し、正しく治しましょう

この記事では、鼻いびきの原因となる事柄と、その対策方法についてご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか?鼻が詰まる原因には様々な事柄が関係しています。この記事に上げた事柄以外にも原因はたくさんあると思いますので、鼻いびきに慢性的に悩まされているのであれば、早めに病院で診察してもらいましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment