歯ぎしりは体のサイレン?全身に影響を及ぼす歯ぎしりの対策

広告ロゴ
歯

あなたは歯ぎしりしていませんか?自分の歯ぎしりの音で目が覚める方もいれば、隣で寝ているパートナーの歯ぎしりで目が覚めてしまう方もいると思います。いずれにせよ歯ぎしりはする方もされる方もストレスを感じてしまいますよね。歯ぎしりにはいくつかの原因があると言われています。

今回は歯ぎしりの原因とその対策についてご紹介します。歯ぎしりに悩んでいる方、パートナーの歯ぎしりに悩んでいる方は原因の把握をし、自分自身にとって最適な対策を見つけ出して欲しいと思います。

スポンサーリンク

歯ぎしりは心のサイレン

ハート

歯ぎしりの原因は複数考えられますが、そのうちの一つでストレスが挙げられます。歯ぎしりと自分の心は無関係のようで実は密接しているのです。仕事のストレス、人間関係のストレス…生きていく上でストレスは日常につきまとうものです。そのストレスを歯ぎしりをすることで解消しようとしている、ストレスが蓄積されて力を入れて噛みしめてしまうことが原因となることが多いようです。

ストレスで歯ぎしりをしてしまう方は何よりもストレスを解消することが一番の対策になるのです。一度感じたストレスは私たちの中から消えることはありません。消すことはできないですが、忘れることはできるのです。友達と遊ぶ、読書をする、モノづくりをする、自然と触れ合う、どんな些細なことでも、楽しいと感じられることを少しずつ増やしていけばストレスを忘れることができます。もちろん人によって解消法は異なりますが、ストレスが溜まって歯ぎしりしているのだとしたら、好きなこと、普段しないことをぜひ試してみてください。

そうすることで歯ぎしりが改善されるのであれば、日々を楽しむということが一番の歯ぎしり対策になると言えるでしょう。

噛み合わせによる歯ぎしり

元々噛み合わせが悪い場合に歯ぎしりが起こるケースもたくさんあります。その場合、治療法は複数あるので病院で相談することが一番でしょう。歯ぎしりというのは自分では気づきにくいものですが愛するパートナーに聞かれてしまうのが怖いと感じる方も多いでしょう。または、社員旅行や友達との旅行などで迷惑をかけてしまうのが怖くて泊まりに行けないという方もいるかもしれません。

そうなってしまうと今度はストレスによる歯ぎしりが起こり、悪循環になりかねません。噛み合わせの悪さから歯ぎしりを起こしてしまう方は早めの対策をお勧めします。
一言で噛み合わせと言っても、元々の噛み合わせの悪さ、虫歯の影響で歯が削れていき噛みあわせが悪くなる、歯ぎしりによる歯の摩耗でさらに歯ぎしりが悪化するなどが考えられます。

歯ぎしりの対策がわからない、身近な人には相談できないと感じている方はそれだけでストレスが溜まってしまうと思います。自分で歯ぎしりしたくてしている訳ではないのに自分自身に起こっていることでストレスや体の不調が起こってしまうのはとても辛いですよね。次では歯ぎしりの治療法をご紹介します。

歯ぎしりの対策

歯ぎしりの対策と治療法は下記3点になります。

  • 歯医者での治療
  • 菌を注射する
  • 心療内科への通院

歯医者での治療

もっとも一般的な治療法です。ただ歯医者と一括りにしていますが、治療法は様々です。一番多く用いられているのはマウスピースをしながら寝ることですが、口に物をくわえながらの就寝なので息苦しく感じてしまう方もいるようです。その他に噛み合わせを改善するために少しずつ歯を削って揃えていくという方法もあります。

菌を注射する

ボツリヌス菌を顎の筋肉に注射するという治療法もあります。こちらは「ボトックス」とも言われ、顎の筋肉に毒素を注射することで麻痺させ歯ぎしりをなくすという治療法です。ただし、日本ではほとんど治療法としては用いられておらず、保険も適応外のため金額やリスクなど事前に確認しておく必要があります。

心療内科への通院

ストレスが原因で歯ぎしりをしてしまう方は心療内科への通院をお勧めします。誰かに悩みを言えない、ストレス解消法がわからない場合は専門医に相談することが一番の近道です。「心療内科」と聞くと抵抗を持ってしまう方も多いかもしれませんが、実際は治療しにくい雰囲気などではありません。話を聞いてもらうだけでストレス発散になるということも充分にあり得ます。

歯ぎしり対策 スリープライト
ヤマオカインターナショナルコーポレーション
売り上げランキング: 44,192

歯ぎしりは自分を見つめなおすきっかけ

本記事では歯ぎしりが起こる原因と対策を紹介しました。もう一度下記にまとめますので今後の対策の参考にして頂ければと思います。

  • 歯医者での治療
  • 菌を注射する
  • 心療内科への通院

歯ぎしりは心身共にあらゆるところに悪影響を及ぼします。自分の心と体を見つめて向き合うことで今後の具体的な対策が見えてくるのではないでしょうか。歯医者にせよ、心療内科にせよ、専門医にしっかりと診てもらうことが重要です。ぜひ歯ぎしりを改善して楽しい毎日を送って頂ければと思います。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。