市販のマウスガードで歯ぎしり改善は可能かを検証

歯磨きする女性

歯ぎしりの癖がある人にとって、効果的な治療を行なうためにはマウスガード(マウスピースとも言う)が必要です。

マウスガードを作るのであれば、病院へ行って作るのが一番おすすめですが、保険があったとしても意外に高額です。

自分が歯ぎしりの傾向があるのではないか、と思う場合には、まず簡易的な治療方法として市販のマウスガードを使ってみると良いかもしれません。最近では市販のマウスガードにも自分の歯の形に合わせられるものが販売されていますので、是非活用してみてください。とはいえ、自分で歯型を取らなければならないので、失敗する確率も高くなります。歯型の整形に自信のない方は、病院などでマウスガードを作った方が良いでしょう。

マウスガードは薬局やインターネットなどで購入することができます。では、歯ぎしり防止用の市販のマウスガードには具体的にどのようなものがあるのでしょうか?幾つかご紹介してみたいと思います。マウスピースの購入を検討しておられるのであれば、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

歯ぎしり防止のための市販のマウスガード

眠っている犬

市販のマウスガードを使うにあたって覚えておかなければならないことは、買ってきてそのまますぐにはめることができない、ということです。

自分で自分の歯型を取り、自分の歯に合わせてマウスガードを整形していかなければなりません。病院でマウスガードを作らない分、このような手間のかかる作業も自分で行なう必要があります。そのような作業に自信のない方は、市販のマウスガードは使わず、病院で作る方が良いでしょう。

何度も失敗していると、市販のマウスガードは元に戻らなくなってしまいますし、整形に失敗するたびに新しいマウスガードを購入していては、病院へ行くよりも高くついてしまう可能性があります。市販のマウスガードを使う際にはこのようなことも覚えておきましょう。

市販されているマウスガードその1:歯ぎしりマウスガードR

最初にご紹介するのは低価格なマウスガードです。普通病院でマウスガードを作ると5000円ほどかかりますが、こちらのマウスガードは1000円以下で購入することができます。

また、お湯につけて自分の歯の形に成型するタイプなので、上手に整形できれば、低価格に歯ぎしり対策をすることができるでしょう。新しいものと取り換えるとしても、1000円以下なら購入しやすい価格です。初めて市販のマウスガードを購入されるという方はこのようなマウスガードから初めて見られると良いかもしれません。

市販されているマウスガードその2:コジット デンタルマウスピース

このマウスガードは先程のものよりも少し価格が高めのマウスガードです。1480円程で購入できます。

このマウスガードもお湯につけて自分の歯の形に整えることのできるタイプのものです。ちなみに使うお湯の温度は70度程度で大丈夫なので、他のマウスガードと比べると、低温で整形できます。うまく作ることができれば、かみ合わせ不良による歯ぎしりや、いびき、またフェイスラインのゆがみなどの調整に効果的です。

市販されているマウスガードその3:ドクターズ ナイトガード アドバンス

このマウスガードは歯科用のマウスガードと同じ素材を使用しています。
マウスガードは、市販のものの場合、自分で形を整えなければなりませんが、このマウスガードはお湯につけてやわらかくした後にさっと水に浸け、自分の歯型をつけて再度冷水に浸けて完成、という非常に簡単にできるマウスガードです。価格は3600円と少々高めですが、失敗する確率が低いので、おすすめのマウスガードだと思います。

市販されているマウスガードその4:歯ぎしり対策 スリープライト 一般用

このマウスガードの特徴は、お湯を使った整形が必要ないということです。そのため購入後すぐに使うことができます。このマウスガードは、なるべく早くマウスガードに頼らないようにする、ということです。歯ぎしりや噛み合わせが悪いなどの状態から早く抜け出すように、働きかけます。また寝ている時に神経や筋肉をリラックスさせる効果もあります。

価格は8800円とかなり高めですので、病院へ行った方が安く済ませられるかもしれません。買う前には慎重に検討することが必要です。

歯ぎしりマウスガードR
歯ぎしりマウスガードR
posted with amazlet at 13.11.29
東京企画販売
売り上げランキング: 188

まとめ:市販のマウスガードの効果は人によって異なります

この記事では、歯ぎしり治療のために市販のマウスガードを簡易的に使うことができる、という点についてご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか?
市販のマウスガードは自分で歯型を取らなければならなので、失敗する確率も高くなります。そのため市販のマウスガードで歯ぎしりを治そうと思う場合、その効果には個人差があります。市販のマウスガードを購入するのであれば、慎重に検討しましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment