ぎっくり腰を予防するために役立つ効果的な運動

夕暮れ

ぎっくり腰は、腰の筋肉の過負荷によって起きると言われています。つまり、腰の筋肉に疲労が溜まりすぎてしまい、それが限界を超えるとぎっくり腰として表われるというわけです。このようなことを防止するためには日頃から腰の筋肉に疲れを溜めないように、適度に運動をさせておくことが必要です。

腰の筋肉を激しく運動させることは、逆に腰の筋肉の疲労の原因となるかもしれませんので避ける必要があります。適度に腰の筋肉を伸ばす、ほぐす、ということを意識して運動しましょう。そのような運動を習慣にするなら、ぎっくり腰を効果的に予防することができるでしょう。

ぎっくり腰は一度なってしまうと癖になるケガの一種だと言われています。ぎっくり腰になるとほとんど何もできなくなってしまいますので、日常生活に大きな影響を及ぼすことでしょう。生活習慣を乱さないためにも、ぎっくり腰をしっかり予防しておくことは大切なことです。では具体的にどのように行なうことができるのでしょうか?幾つか役立つ運動方法をご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

ぎっくり腰を効果的に予防するための運動方法

青空

では、ぎっくり腰を効果的に予防するための運動方法にはどのようなものがあるのでしょうか?幾つかご紹介してみたいと思います。自分に合った運動方法を見つけて毎日続けてみてください。

ぎっくり腰の予防に役立つ運動方法その1:仰向けになってひざを抱える

仰向けになってひざを抱える運動は、適度に腰を伸ばして効果的にぎっくり腰を予防する助けになります。

仰向けになって両ひざは立てます。その後両手で片方のひざをゆっくりと胸に引きつけていきます。ある程度引きつけたならその状態で数秒間止まりましょう。腰の筋肉が伸びていることを感じることができたでしょうか?感じることができていれば効果的にぎっくり腰予防のための運動ができているということです。

数秒間キープしたならゆっくりひざを戻して次は反対側のひざを抱えて腰を伸ばしていきましょう。

片方ずつ伸ばし終えたなら、次は両ひざを抱えます。両膝を抱えて胸に引きつけます。腰の筋肉がしっかり伸びていることを感じてください。感じることができていれば腰の筋肉がしっかり運動している証拠です。数秒間キープしたならゆっくり元に戻していきましょう。

ぎっくり腰の予防に役立つ運動方法その2:体をひねる運動

適度に体をひねることによって効果的に腰の筋肉をほぐすことができ、ぎっくり腰予防のための運動を行なうことができます。

まずは仰向けに寝転がります。両ひざを立て、両肩を床から離さないようにしながら両ひざを真横に倒していきます。最初はひざが床に付かないかもしれませんが、やっているうちに徐々に腰の筋肉がほぐれひざが床に付くようになるでしょう。毎日続けるなら、効果的にぎっくり腰予防のための運動を行なうことができるでしょう。

ぎっくり腰の予防に役立つ運動方法その3:ラジオ体操

ぎっくり腰予防にラジオ体操が効果的だということをご存知でしょうか?日本人であればラジオ体操は小さなころから覚えさせられる体操なので、知らない人はほとんどいないことでしょう。夏休みの早朝に子供たちがラジオ体操をするのは夏の風物詩とも言えるでしょう。

このラジオ体操はぎっくり腰予防のための運動としても効果的なのです。ラジオ体操には全身の筋肉を適度にほぐすことができる運動がたくさん含まれています。腰を回す運動やひねる運動も含まれていますので、腰の筋肉をほぐし鍛えることができます。ラジオ体操を毎日行うならぎっくり腰を効果的に予防することができるでしょう。

ぎっくり腰予防のための運動を行なうタイミング

ここまでで、ぎっくり腰を予防するために役立つ運動方法を幾つかご紹介致しました。これらの運動は、正しい方法で行なうならぎっくり腰予防のために大きな効果を発揮します。

腰に違和感がある、また腰が痛むときに無理やりこのような運動を行なうなら、腰の筋肉を傷めてしまい、ぎっくり腰の原因になるかもしれません。腰の筋肉が疲れているように感じるのであれば、無理に運動を行なうのではなく、腰の筋肉をしっかり休ませることが必要です。正しい方法でぎっくり腰予防のための運動を行ないましょう。

ALINCO(アルインコ)  エクササイズ フロアマット 厚さ 9mm EXP150
ALINCO(アルインコ) (2012-04-05)
売り上げランキング: 141

まとめ:自分に合ったぎっくり腰予防のための運動を行ないましょう

この記事ではぎっくり腰予防のために役立つ運動方法と、それを行なうタイミングについてご説明致しました。参考にしていただけたでしょうか?

自分に合ったぎっくり腰予防のための運動を行ない、決して無理をしないように注意しましょう。毎日腰の運動を行なうことは大切ですが、腰に違和感がある時や痛みがある時には無理をして運動するのではなく、休ませる方が良いでしょう。是非この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment