ぎっくり腰で動けない時のひとまずの対策

ぎっくり腰

 
ぎっくり腰ってツラいですよね。外国では「魔女の一撃」と呼ばれるほどの激痛が襲います。ついついパニックになりがちですが、まず第一に体を横に寝かせ落ち着きましょう

こちらでは、ぎっくり腰で動けない時の対策方法をご紹介します。

スポンサーリンク


ぎっくり腰

ぎっくり腰とは

腰痛の男

ぎっくり腰とは、重いものを持ち上げたり、スポーツなどの運動によって突然発症する腰痛で、急性腰痛症とも呼ばれています。過度の負荷が引き金になることはもちろん、くしゃみや椅子から立ち上がるなど、日常のちょっとした動作が引き金になる場合もあります。

また、腰痛は背骨の異常が原因でおこるものや、血管や内臓の病気が原因でおこるものもあります。慢性の腰痛がある人でも別の原因で急性の腰痛が起こっている場合があるので、原因をはっきりさせるためにも必ず医師の診察を受けましょう。特に、痛みが激しい、しびれがある、呼吸が弱い、熱がある、尿が出ないなどの場合はすぐに救急受診しましょう。

症状の観察

動くと激しい痛みがあるため、比較的分かりやすいですが、代表的なものとして、以下のような症状が現れます。

  • 激痛で、上半身を少し前かがみにしないと歩けない
  • 上半身をそらすことができない
  • 歩く振動で痛みが増すため静かにしか歩けない
  • 激痛で立てない、歩けない、寝返りできない

ぎっくり腰発生直後

徐々に痛みが増し一旦全く動けない状況になる場合もありますので、まずは、以下の対応をしましょう。

  • まず第一に体を横に寝かせ落ち着きましょう
  • 手元に携帯電話等の連絡手段を確保し、助けてくれそうな人を探す
  • 腰を冷やすこと(アイシング)ができる状態を確保する
  • 起き上がり方を知る

避けたいこと

無理して病院や治療院に行くのはやめましょう。無理に動くことはおすすめできません。さらにここで問題になるのが、救急車を呼ぶかどうかです。一般的に腰の痛みだけで、内臓疾患等が疑われる場合以外、救急車を呼ぶのは控える方が良いと考えられています。嘔吐や腰以外に激しい痛みがある場合は、救急にかかりましょう。

ぎっくり腰で動けない時の対処法

痛みのある部分の冷却

ぎっくり腰を起こした部分は、炎症が起こり発熱する場合が多く、この炎症を抑えることにより症状を緩和する事が出来ます。炎症が治まるまで4~5日かかる場合が多いです、その間断続的に冷やしてください。逆に温めてしまうと炎症が増し、痛みを増幅してしまう事があるので注意しましょう!

氷で冷やす
氷嚢もしくはビニール袋に氷と少量の水を入れ、患部にハンカチ等を引いた上から乗せる。冷えすぎないように間隔を空けながら行う。

保冷剤で冷やす
保冷剤は、患部に直接当てると凍傷の恐れがあるのでハンカチ等、布に包み当てる。なお氷よりも冷えすぎる場合もあるので冷やしすぎに注意する。

シップで冷やす
市販のシップ剤は、熱が放散しにくい材質が多いので。受傷直後は、頻繁に張り替えることをお勧めする。(シップ剤が体温より熱く感じられる頃、2~3時間ごと)

冷やしすぎると、血管がリバウンドし血流が多くなると痛みが増幅されますので、冷やしすぎには注意してください。

寝方

痛みの現れ方が少ない寝方を探しましょう。一番リラックスする形は、エビのように背中と腰を丸めて横向きに寝ることです。上向きになる場合は、立て膝をした方がよいでしょう。その時、膝の下にクッションや布団を丸めたものを入れると良いです。うつ伏せが楽な場合は、(左右どちらかの)股関節を曲げ膝が側腹に近づけるようにすると楽になる場合があります。

起き上がり方

ベッドなど床からの高さがある場合
先ず横向きになり、下になる上腕の外側と上になる前腕の力を使ってベッド等を押し上半身を起します。同時に膝から下の下腿を床に降ろしていきます。必ず仰向きのまま腹筋、背筋を使わないように起きましょう。そして、一気に立ち上がらず臀部をゆっくり持ち上げてそれから上体を起こしましょう。

床、もしくは畳の上の布団より起き上がる場合
先ず横向きから、下になっている半身を腕と腿で後ろに引き込み、その腕と腿を立てていき四つん這いになります。その位置から壁、柱、椅子等を支えにして立ち上がります。周りに何もない場合は片膝立ちになり、立てた膝がしらにご自分の両手を置き両手で膝を押し込むようにして立ち上がります。

コルセットの着用

ぎっくり腰を起こした場合はできるだけ腰部に負荷をかけないよう安静にする事が大事になります。どうしても身体を動かさなくてはいけない場合は、腰部コルセットの着用をお勧めします。コルセットは原則非常時用として使用する方がよいと思われます。常時着用してしまうと本来の腰の筋力がコルセットのサポートに頼ってしまい、筋力低下が起こりうる場合がある為です。腰部コルセットは、ドラッグストア、薬局などで販売されています。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Mサイズ 378102
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 1,150

まとめ:ぎっくり腰で動けない時の対策方法

ぎっくり腰になったらパニックになりがちですが、まず落ち着くことが大事です。対応をおさらいしておきましょう。

  • まず第一に体を横に寝かせ落ち着きましょう
  • 手元に携帯電話等の連絡手段を確保し、助けてくれそうな人を探す
  • 腰を冷やすこと(アイシング)ができる状態を確保する
  • 寝方、起き上がり方を知る
  • コルセットを着用する

無理して動くと悪化させてしまいます。安静にして早く治してくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment