ぎっくり腰になった時の屋内・屋外での応急処置方法

ぎっくり腰の男

ぎっくり腰はふとした瞬間にいきなりなってしまうことが多く、いざぎっくり腰になるとどうしていいか分からないものです。しかし、ぎっくり腰の応急処置の方法を知っていれば、慌てることなく落ち着いて対処することができます。

ぎっくり腰は家の中でなるとは限りません。そこで、ぎっくり腰になった時の屋内・屋外での応急処置方法を紹介します。ぎっくり腰に襲われたときに活用してみてください。

スポンサーリンク

自宅での応急処置の方法

腰に効くツボ

自宅にはぎっくり腰に対応できるグッズがありますので、応急処置がしやすいと言えます。

①安全の確保をする

自宅でぎっくり腰になった時は、車や自転車などによる危険は少ないのですが、ガスコンロなど何か危険なものを取り扱っている途中であれば、まず安全な状態にしましょう。

②横になって安静にする

できるだけ体を冷えない場所で、横になって安静にします。横になれない場合は、安定性のあるものや壁に寄りかかって、なるべく体の力が抜ける状態にしましょう。

③患部を冷やす

ぎっくり腰になった時に、一番悩むことは冷やすか温めるかということです。ぎっくり腰では、患部に炎症がある可能性があり、熱を持っているかどうかで確認できることもあります。炎症の痛みを抑え緩和させるためにも、できるだけ早く患部を冷やすようにしましょう。

風邪で熱が出た時によく使われる変容タイプの冷却枕や、アイスパック、氷嚢、水をくぐらせた氷を数個ビニールに入れたものを用意します。直接冷やすと凍傷になってしまうことがありますので、タオルやハンカチを巻いて患部に当てるようにしてください。

冷却アイテムを用意したら、患部に約10分間当てます。血管を収縮させて痛みを緩和してくれます。強い痛みが軽減されるまで、人によっては2~3日かかる場合もあります。

心配であれば、翌日家族や知人に車で病院に送ってもらって、検査をしてもらいましょう。往診してくれる整形外科もありますので、歩行が困難な場合には相談してみるといいでしょう。

自宅以外の屋内での応急処置の方法

自宅以外の屋内でぎっくり腰になった時は、冷却するアイテムが用意できないこともあります。時間の経過とともに痛みが強まる可能性がありますので、助けを呼ぶか自力で処置ができる場所へ移動しましょう。

屋外での応急処置の方法

①安全の確保をする

まず優先して行うべきことは、安全な場所に移動するということです。外を歩いている途中に、突然ぎっくり腰になってしまうこともあります。人通りが多ければ、助けてもらって道の端へ移動することもできますが、その場にうずくまってしまった場合には、四つん這いになって自力で移動しなければならなくなることもあります。

腰が痛くても、痛めた直後は動くことができ、時間が経つにつれて動くことが難しくなる場合もあります。そのため、できるだけ早く安静にできる場所へ移動しましょう。

②連絡を入れる

仕事中にぎっくり腰になった時には、職場に連絡を入れて状況を説明する必要があります。場所によっては同僚が来てくれて介助してくれたという人もいます。

仕事ではない場合には、家族や知人に連絡して、手助けしてくれる人がいれば介助してもらえる方が安心です。

③整形外科やドラッグストア、コンビニを探す

ぎっくり腰は、炎症による強い痛みが多く、どうにかすればすぐに痛みがおさまるということは難しいことです。そのため、緩和させる処置をするのが最善の応急処置になります。

例えば、ドラッグストアやコンビニで、氷とタオル・ハンカチを購入し、氷を袋の上からハンカチで覆い、痛めた部分に10分くらい当てて冷やします。また、冷却シートや冷湿布で痛みの感覚を和らげるという方法もあります。ドラッグストアで、腰部を保護して安定させる腰痛ベルトを購入することもできます。

近くに整形外科があったら、受診して痛み止めや湿布などを処方してもらうという方法もあります。場合によっては、腰痛ベルトを処方されて、装着することで痛いながらもゆっくり歩行ができるようになることもあります。

KONAMI 腰椎保護ベルト パワフルギア ワイドタイプL
コナミスポーツ&ライフ
売り上げランキング: 1,493

まとめ:屋内でも屋外でも安全確保をした上で、安静と冷却で応急処置をしよう

ぎっくり腰はいつどのような場所でなるか分からないものですから、屋内でも屋外でも落ち着いて対処したいものです。

共通して必要なのは、安全確保です。特に屋外でぎっくり腰になった場合は、車や自転車などの危険がありますので、安全な場所に身を置くようにしてください。

屋内では、横になって安静にして、患部を冷やすようにしましょう。屋外では、冷やすアイテムがすぐに手に入らないこともありますので、職場や家族に連絡して助けを求めることもいい方法です。また、痛みが出た直後は動ける場合も多いので、整形外科やドラッグストアで冷やすものや腰痛ベルトを入手したり、受診したりしてぎっくり腰が悪化しないような処置をしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment