辛いぎっくり腰を完全に回復させるための治し方

広告ロゴ
笑顔

ぎっくり腰はとてつもない痛みの伴う病気です。ぎっくり腰を完全に治すための治し方はあるのでしょうか?確かにあります。

とはいえ、ぎっくり腰は突然襲ってきます。思ってもみなかったようなところでぎっくり腰になることもあるでしょう。例えば階段やトイレ、ベッド上などです。比較的安全な自宅でぎっくり腰になった場合はすぐに処置をすれば良いのですが、自宅では無いところでぎっくり腰になった場合はまず安全を確保することが大切です。必要な場合は周りの人に助けを求めるようにしましょう。

しっかり安全を確保できたところから、ぎっくり腰の治療は始まります。では、ぎっくり腰を完全に治すための治し方とはどのようなものなのでしょうか?この記事ではその点についてご紹介してみたいと思います。ぎっくり腰になった時のために、完全に治す治し方を事前に知っておくのは良いことです。是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ぎっくり腰を完全に治す治し方

はてな

ぎっくり腰は完全に治しておかないと慢性的な腰痛の原因になると言われています。ですから、ぎっくり腰になった時には完全に治す治し方を実践するようにしましょう。では具体的にどうすれば良いのでしょうか?幾つかご紹介してみたいと思います。

ぎっくり腰を完全に治す治し方その1:安静にする

ぎっくり腰を完全に治す治し方の基本は安静です。ぎっくり腰などの急性腰痛は筋肉の疲労が原因で起きていることが少なくありません。ですから、炎症を起こした筋肉を休ませてあげる必要があります。ぎっくり腰に伴う最初の激しい痛みが治まるまでまずは安静にしましょう。これがぎっくり腰を完全に治す治し方の最初のステップです。

ぎっくり腰を完全に治す治し方その2:冷やす

ぎっくり腰を完全に治す治し方として、患部を冷やすのも大切です。これは、最初の痛みがある程度治まったところで行なう方法です。ぎっくり腰になると腰の筋肉が炎症を起こして熱を持ちます。冷やすことによってその炎症を和らげ痛みを軽くしていくことができるのです。ぎっくり腰になった患部に氷嚢やアイスパックをタオルで包んで痛みが和らぐまで冷やすようにしましょう。

これはぎっくり腰を完全に治す治し方の2番目のステップです。

患部を冷やし過ぎると低温やけどを起こす危険もあります。長時間同じ場所を冷やすのは避けましょう。

ぎっくり腰を完全に治す治し方その3:温める

患部を冷やして炎症が治まり、痛みが引いてきたなら今度は患部を温めます。ぎっくり腰になった患部を冷やしたことによって腰の筋肉はこわばっています。そのまま無理に動かすと再度腰を痛めることになりかねません。ぎっくり腰が原因でこわばってしまった筋肉を温めることによってほぐしていきましょう。温湿布やカイロなどを患部に当てると効果的です。これはぎっくり腰を完全に治す治し方の3番目のステップです。

冷やさずに最初から温めた方がぎっくり腰が早く治ると考える専門家もいます。炎症は腰の筋肉を再生するために起きているので冷やしてそれを止める必要はないというわけです。この方法もぎっくり腰の治し方として効果的ですが、痛みに耐える必要があります。ぎっくり腰の痛みに耐えることができる人は試してみると良いでしょう。

ぎっくり腰を完全に治す治し方その4:腰を動かし始める

このステップは腰を温めるのと同時に行われる場合もあります。ぎっくり腰の痛みがある程度引き、筋肉をほぐす段階に入ったなら、同時に腰を動かして腰の筋肉をさらにほぐし、強化していく必要があります。それで、ぎっくり腰を完全に治す治し方の最後のステップとして、腰のストレッチを行ないましょう。初めから激しく行なうと腰痛が悪化するかもしれませんので、軽く腰の筋肉を伸ばす運動から始めると良いでしょう。

ぎっくり腰になった場合に病院へ行くべきか?

ぎっくり腰を完全に治す治し方として、病院へ行くべきなのでしょうか?

ぎっくり腰になった場合、歩くことも出来なくなるので救急車を呼んで病院へ行く必要があると感じるかもしれませんが、実際救急車で病院へ行っても、湿布だけ処方されて帰らされることが少なくないようです。ですから、必ずしも病院へ行く必要はないでしょう。

とはいえ、高齢の方がぎっくり腰になった場合や、ぎっくり腰と思っていたものがなかなか治らないという場合には病院で検査を受ける必要があるかもしれません。

まとめ:正しい治し方でぎっくり腰を完全に治しましょう

この記事では、ぎっくり腰を完全に治す治し方をご紹介致しました。参考にしていただけたでしょうか?

基本的にぎっくり腰になった場合は安静にしていることが一番の治し方です。腰の筋肉を休ませてぎっくり腰を完全に治しましょう。またある程度回復したなら腰の筋肉を補強することも大切です。このようにしてぎっくり腰を完全に治しましょう。

なかなか治らないように感じるなら別の病気を疑って検査を受けることも大切です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。