ぎっくり腰に効く薬を使って治療期間を短縮する方法

市販薬や処方される薬の数はたくさんあります。様々な症状に効果を発揮できるようにその種類もたくさんあります。痛みを和らげるもの、発熱を抑えるもの、炎症を抑えるもの、病気予防に使われるものなど、用途に応じて使われています。

ぎっくり腰の時に適切な薬というのは、どのような薬がいいのでしょうか?ぎっくり腰と言えば急激な腰痛が代表的な症状ですが、痛み止めだけでもいいものなのでしょうか?

今回は、ぎっくり腰の時に使う薬の種類による違いと、正しい薬の選び方を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ぎっくり腰で選ぶ薬の種類

まずは、どのような薬の種類があるのかを見ていくことにしましょう。

痛み止め

ぎっくり腰になったら誰もが何とかしたいと思うのが痛みですね。この症状を抑えるために、痛み止めを使う人は多いことでしょう。

痛み止めの中には、ゆっくりと効果を表し長時間持続するものから即効性がある分効果が切れるのが速いものまでいろんな種類のものがあります。鎮痛効果の高いものになると当然その成分も強いため、胃腸に副作用を感じるケースもあります。

また、効果が切れてしまうことで痛みを軽減しようとして繰り返し服用することで嘔吐や下痢などの症状に発展してしまう事もあるようです。

炎症を抑える薬

ぎっくり腰の痛みを発症している時というのは筋肉が炎症を起こしてしまっている状態だと言われていますから、この炎症を抑えることで根本的に痛みを和らげることにつながっていきます。

ただ、炎症を鎮静化させるには時間がかかりますので、炎症止めの薬が痛みをなくすまではぎっくり腰の痛みを乗り越えなければなりません。

塗り薬

浸透薬は飲み薬よりも早く患部に浸透して効果を発しますから、症状によっては大変効果的な種類の薬です。

ぎっくり腰の場合、痛みがあるときには炎症を引き起こしていますので、この炎症を抑えるには冷却と安静が最も重要です。塗り薬の種類によっては温熱効果や活性化を促すものもあるので、このような物を使ってしまうと逆に炎症を拡げてしまう場合もあります。

貼り薬

貼り薬は俗に湿布薬として知られていますが、この湿布薬も塗り薬同様に温感と冷感のものがあります。

温感のものは患部を温めて血流を良くし、患部の周辺を活性化させる働きがあります。冷感のものは、患部を冷却することで炎症を鎮静化させる成分が含まれています。

麻酔薬

一般的にブロック注射としてよく知られているのがこれに当たります。神経ブロック注射は直接痛みを発症している患部に働きかける麻酔薬ですので、痛みを軽減させると同時に炎症をいちはやく抑えることができますので、段階治療としてその治療期間を大幅に短縮できることでヘルニアなどの治療にはよく用いられている方法です。

ただし、市販されてはおらず病院に行って専門医の判断がなければ投薬できませんので、自宅で手軽にという事はできません。

ぎっくり腰の症状に合わせて薬を選ぼう

では、上記に紹介してきた薬はぎっくり腰がどのような症状の時に効果的なのかを見ていくことにしましょう、

ぎっくり腰の発症時期

ぎっくり腰を発症したばかりだと、患部には相当な炎症が見られます。まずはこの炎症を抑えることが最も大切になりますので、炎症止めや冷感湿布、自宅にない場合は氷嚢などで患部を冷やすのが適切な処置と言えます。

また、場合によってはブロック注射が処方される場合もありますが、痛みが最も軽減されるのがこれです。だからと言って炎症そのものがすぐに収まるわけではありませんので、痛みが軽くなったからと言って絶対に無理をしないようにしましょう。

痛みが治まりつつある時期

傷みが治まりきるまでは、まだ冷却を繰り返す必要があります。ただ、痛みが引いてきているという事は炎症も収まりつつあるという事ですから、炎症止めや痛み止めは医師から処方された場合を除いては飲み続けなくてもいいでしょう。

傷みが完全に収まるまでは冷却と安静を保つようにして、もし薬を使うのであれば冷感湿布や冷感クリームなどで処置するといいでしょう。

痛みがなくなったら

炎症がほぼ収まると、痛みを感じなくなります。このような状態になったら、今度は炎症を引き起こしたことで固まった筋肉をほぐして再発の防止をする必要があります。ぎっくり腰にリハビリが必要だと言われるのも、これが原因です。

固まった印肉をほぐすには、まずは温めることが大切です。ぎっくり腰の痛みがあった時期とは逆に、湿布薬は温感のもの、また塗り薬についても血流を良くしたり患部を温めるタイプのものがいいでしょう。お風呂に使ってゆっくりと患部を温めることも大切です。温めることで、よりリハビリの効果を得やすくなるでしょう。

まとめ:ぎっくり腰の薬は時期で選ぶのが大切

ぎっくり腰に使える薬には様々な種類のものがあることがわかりましたが、それらの選び方としてぎっくり腰の症状がどの状態なのかによって効果を発揮したり逆効果になったりします。

正しい薬の選び方としては、痛いときは冷やし、痛みがなくなったら温めるものを選ぶという事が基本です。また、痛みをとるよりも炎症を抑えることの方が大切という事も同時に言えます。

正しい薬選びをして、速やかにぎっくり腰のつらい痛みから解放されるといいですね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment