ぎっくり腰になった時はお風呂に入るのか入らないのか

日常何気ない動作さえできなくなってしまうのがぎっくり腰ですね。このぎっくり腰になってしまった時に、一体お風呂はどうすればいいのでしょうか?ぎっくり腰は予想だにせず不意に襲ってきます。お風呂に入りたい状況の時もあることでしょう。

今回は、ぎっくり腰になった時お風呂はどうすればいいのか、知っておかなければならないことを詳しく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

お風呂が体に与える効果

最初にぎっくり腰であるなしに関わらず、お風呂に入ることで体はどのような影響を受けどのような変化があるのかを知っておく必要があります。まずは、お風呂が体に及ぼす作用について学んでいきましょう。

温熱効果

お風呂はお湯につかると体が温まります。体温よりも温度が高いお湯につかるわけですから当然と言えば当然ですが、たとえ湯船に浸からなくても室内の湿度の高さから必然的に温室効果があります。

湿度が高くなると皮膚呼吸の代謝は活性化され、汗をかきやすい状態になります。この汗をかく状態というのは、体全体の代謝が活発化していますから、それだけでも温熱効果があるという事になります。銭湯や温泉に行った時に、湯船につかる前に温まってしまっていざ湯船に浸かったら長く入っていられないという経験はありませんか?これは決して温泉や銭湯だけのことではなく、自宅のお風呂でも同じようなことが起こります。よほど寒いお風呂でない限り、このような温熱効果は起こるものです。

また、お湯の温度でもその効果には若干の違いがあり、体温に対し2℃前後の誤差のお湯では副交感神経が働きはじめ、リラックス効果が最も現れやすいのは低めのお湯でゆっくりつかるのがいいと言われています。さらに40℃前後の温度のお湯になると、血液の循環が活性化され、さらに副交感神経の働きが良くなると言われています。半身浴にその効果が現れやすい温度も、このお湯の温度だとされています。それよりも熱いお湯になると、交感神経が働き代謝能力が最も活性化されます。老廃物や疲労物質を体外に最も排泄する温度がこの温度だと言われています。

お湯の温度を調整することでその時々の自分の体調に合わせたお風呂に入ることができるというわけです。

水圧効果

湯船につかると、当然のことながら水圧というものがかかります。水の分子は目に見えませんが、液体は温度が上がれば上がるほど分子の動きが激しくなります。お湯につかるという事は、この分子の動きを絶えず体に受け続けているという事になります。これが水圧効果というものです。

この水圧を受けると、人の体は知らず知らずのうちにマッサージ効果を受けていることになります。人はマッサージされるとリラックスし代謝がよくなります。温熱効果に続いて、リラックス効果を得る大きな要因の一つとなっているのがこの水圧効果というわけです。

また、水圧効果のもう一つの特徴としてお湯の中では人の体は浮力を受けます。湯船から出た途端に体を重く感じるという事がありますが、これは水中では人の体の重さが半減されているという事の証です。浮力が働くことで、常時抱えている関節や筋肉などへの負担が一時的に軽減され、緊張を解きほぐすことができます。お風呂に浸かって気持ちいいと感じる一番の要因には、この浮力が働いて体の力をごく自然に抜くことができることが挙げられます。

肌の活性化

お風呂で体を洗うと、老廃物などが洗い流され肌の感性が高くなります。すると、体の隅に行き渡っている毛細血管や末端神経の働きが良くなり、体を循環する血液やリンパの流れが良くなります。お湯につかることで受ける影響と相乗効果を生み出し、よりストレスを解放した状態になります。

ぎっくり腰の時のお風呂は?

では、これらの効果がぎっくり腰の時にどう影響するのかを見ていきましょう。

痛みがある場合

傷みがあるという事は筋肉に炎症が見られているという事になります。炎症は冷やすことで静まっていきますが、温めると逆に広がってしまう傾向にあります。つまり、痛みがあるうちはお風呂はよくないという事が言えます。

お風呂に入ることで得られる効果はみな体が温まり代謝がよくなる効果ばかり。さしあたり痛みを何とかしたいという時には冷やさなければなりませんから、お風呂は逆効果なわけです。

傷みがあるうちにどうしてもお風呂に入りたいのであれば、できれば体をぬれタオルでふく程度にしておきましょう。どうしてもという時はせいぜいシャワーを短時間で浴びる程度にしておくことです。痛みがぶり返してしまってからではどうしようもありません。

痛みが引いた場合

痛みが引いてしまっていれば、炎症は鎮静化していると判断していいでしょう。そうなれば、今度は温熱療法を進める段階に来ていますので、温めながら筋肉の緊張をほぐしていかなければなりません。つまり、この段階に来れば今度はお風呂に入ったほうが良いという事になります。

温熱療法を進めていく場合、今度はシャワーだけで済ませるのではなくしっかりと湯船につかって体全体を温めてあげたほうがより効果が得やすいという事を覚えておきましょう。

腰に痛みがあった時、腰に負担をかけないようにする為に体の他の部分にかなり負担がかかっていますから、腰以外もストレスを抱えていると考えたほうが賢明です。入浴することでしっかりと全身をリラックスさせて、代謝能力を高めておきましょう。代謝能力が高くなると、リハビリをしている場合にはリハビリ効果を高めることができます。

ただ、温熱療法を始めたらまた痛みがぶり返すことが稀にあります。このような場合にはアイシングしたりして痛みのある場所を冷やすようにし、炎症を拡げないようにするとよいでしょう。

リッチェル ハユール腰かけTH Y 33434
リッチェル (2012-09-15)
売り上げランキング: 52,722

まとめ:ぎっくり腰のお風呂は状態によって決める

ぎっくり腰の時に、お風呂に入っていい時とそうでない時の違いを見てきました。

ぎっくり腰で痛みがあるときは炎症がまだまだあるときですからお風呂は控えるべきですし、逆に痛みがなくなって温熱療法に入ったらしっかりと温めえて代謝を促進させてあげることが大切です。

自分のぎっくり腰の状態をよく判断して、適切なお風呂の対処をしていきましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment