ぎっくり腰になった時はどんな病院に行けばいいのか

何らかの病気にかかってしまった時には皆さん病院に行きますね。でも、病院に行くと言ってもその医療機関は様々です。おなかの調子が悪ければ内科に行きますし、鼻や耳のことであれば耳鼻科に行きます。

では、ぎっくり腰になった時にかかる病院はどこがいいのでしょうか?また、かかる病院で診察や処置の違いはどのようなことがあるのでしょうか?

今回は、ぎっくり腰になった時の病院について、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ぎっくり腰になった時に行くべき病院は?

まずは、様々な医療機関の中で、最初に行くべき病院について説明していきたいと思います。

初診治療は整形外科へ

ぎっくり腰と言ってもその原因が特定できなければどの医療機関に行っても根本的な治療は受けられません。そのためには、まず最初に整形外科に行く必要があります。整形外科では、様々な検査の方法がありますし治療方法も根幹的なものが医学として立証されていますので、最も基本的な診察と治療を受けることができます。

例えば、筋肉の炎症などでぎっくり腰になる場合には自宅で療養して治すことも可能ですが、それが関節や骨などに障害があった場合や、内臓疾患からくる関連痛だった場合には、また別の診察と処置が必要になるからです。

このようなことを判断してもらうためにも、まずは専門の整形外科に行くことが最も望ましいでしょう。

整形外科から内科を紹介される場合

内臓疾患などの関連痛から腰痛を発症している場合には、整形外科から内科を紹介される場合があります。内臓の疾患がある場合には神経経路が同じ場所の異なる部位に痛みを感じる場合があります。これを関連痛と言います。

関連痛の原因が内臓にある場合、整形外科ではその治療を行うことができません。専門科である内科でなければなりませんので、そちらに紹介されることになります。

整形外科でなかなか改善されない場合

整形外科で治療を受けていてもなかなか完治せずにいる場合で、その原因が筋肉痛や関節痛などからくるものだという事がわかっている場合には、他の医療機関をあたってみてもいいでしょう。

例えば整体師や鍼灸などはちゃんと国家資格を取得していなければ開院できませんし、きちんとした技術と知識が確立されている分野です。病院と異なる点は、現代西洋医学的にその根拠が見られないとされているという点だけで、実際に整形外科では痛みが改善しなかったのが整体や鍼灸に通院したらすっかり良くなったという事例も珍しくありません。

医療機関での処置の違いについて

では、かかる医療機関によってどのような処置の違いがあるのかを見ていくことにしましょう。

整形外科

整形外科は現代西洋医学において関節や骨のことに関する専門分野ですから、当然ぎっくり腰に関してもその原因の特定をすることができます。整形外科での診察でその原因がヘルニアなどに代表される骨や関節などにあるという事が特定できた場合には、大抵段階治療になります。その処置の一例として、ブロック注射やレーザー治療などが有名ですが、根本的には生活改善が基本と言われています。

また、腰痛の原因が内臓疾患の関連痛と判断された場合には、内科に紹介されることになります。内臓の専門外である整形外科では臓器に関する治療ができない為、専門の内科にその治療を委ねることになります。

筋肉痛などの炎症によるぎっくり腰だと診断された場合には、炎症が治まるまでの初期治療は冷却と固定の上安静をとる処置をします。その後炎症が治まり痛みが引くと、リハビリと温熱療法で処置をしていくことになります。

内科

臓器疾患の関連痛から腰痛を引き起こしている場合、ブロック注射などの対症療法はともかくとして、根幹治療は疾患を抱える部位の処置になりますので、内科での治療が始まります。臓器の疾患は手の届かない見えない部分の治療ですから、初期治療としては投薬と食事制限などの療養が原則になります。症状によって手術を行ったりすることで関連痛の腰痛が解消することになります。

整体・接骨・鍼灸・マッサージ

これらの医療機関は現代医学分野から除外されてはいるものの、それぞれ国家資格を有している医療機関だという事をまず最初に知っておきましょう。

ある意味それぞれの分野においては整形外科よりも専門の分野であるという事が言えます。通院する医療機関によってその処置方法は全く異なるので一概にこうだという事は言えませんが、いずれにも共通して言えることは温熱療法に基づいた治療であるという事が言えると思います。ですので、症状が治まってからのリハビリや、整形外科では改善しない場合にはこのようなところに通院してみるのも健康を取り戻す手段の一つだという事が言えます。

これらの医療機関にかかるときにその処置内容を知りたかったり不安に感じるのであれば、どのような診療を行っているのか、症状を詳しく説明したうえで教えてもらうといいでしょう。

まとめ:ぎっくり腰はまず整形外科で診てもらう

ぎっくり腰の原因や症状によって様々な医療機関で処置できる可能性があるという事が今回の説明でお分かりいただけましたでしょうか?

とはいえ、まずは専門科の整形外科で一体自分のぎっくり腰の原因んが何なのかを把握することが第一だという事が言えます。

つらいぎっくり腰になってしまったら、まずは整形外科で正確な診断をしてもらうようにして、適切な処置を受けていくようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment