ぎっくり腰でのブロック注射を使った治療方法と効果

とてもつらい腰の痛みの時には、本当にその痛みから解放されればどれだけ幸せだろうと思いますよね。

ぎっくり腰になってしまうと、それほどつらい痛みに耐えねばなりません。また、慢性化してしまうと常に腰痛を抱えることにもなっていってしまいます。

では、ぎっくり腰の時にブロック注射はどのように使うのでしょうか?また、その効果とはどのように現れるのでしょうか。今回はぎっくり腰でのブロック注射を使った治療について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ブロック注射とは

最初にブロック注射とはどんなものなのかを知るところから始めていきたいと思います。まずは、どのような症状の時にブロック注射を使うのか、その種類から見ていきましょう。

星状神経節ブロック注射

体の注意信号を痛みとして発するのは神経ですが、末梢神経などの交換神経節に局所的に麻酔を注入することで神経機能を一時的に麻痺させて、脳へ伝わる痛みの信号をブロックするのがこのブロック注射です。

星状神経節というのは、体の交感神経が集中している首の付け根にありますが、体のどの部分に適用するかによってブロック注射する位置が変わります。体中のどの部分でもこの星状神経節に注射することで処置ができるため、現代医療では最も代表的なブロック注射になっています。

トリガーポイント注射

痛みを発症している場所が筋肉など組織全体にわたって見られる場合、直接その痛みの原因となる場所に局所麻酔をするブロック注射のことを言います。

痛みをブロックするために直接患部となる組織全体に効果を発揮しますので、一般的にはブロック注射というより麻酔に近い状態になります。

硬膜外ブロック注射

脊椎には硬膜と言われる幕がありますが、この硬膜と筋肉をつなぐ人体との間にある空間に局所麻酔をすることを硬膜外ブロック注射と言います。これも同じく局所麻酔に当たります。

実際のブロック注射用例

では、これらのようなブロック注射は一体いつどのようにして用いられるのでしょうか?ここからは、実際に用いられるときのことを説明していきたいと思います。

どんな時にブロック注射を使うのか

ブロック注射は傷みの原因そのものを消し去るわけではありません。段階治療の中で痛みを軽減しながら治療を進めていくためのものです。

つまり、ブロック注射はよほどの痛みが続く時という事になります。もちろん一時的に痛みを抑えることでその後の症状が予想以上に早ければ、1回だけで済むこともあります。ですが、大抵の場合は段階治療で数回にわたってブロック注射を使っていくというのが一般的です。

ブロック注射の効果はどの程度なのか

1回のブロック注射で効果が現れている期間は症状によって異なりますが、短い場合でも数日、長ければ数週間の効果があります。

ぎっくり腰の場合、数日安静にしていれば腰痛の原因となっている筋肉や関節組織の炎症に鎮静化が見られますので1回の注射で済んでしまう方が殆どで、多くても2回ですっかり完治してしまうと言われています。

ブロック注射による効果はどのようなものか

ブロック注射は局所麻酔で交感神経に働きかけるものですから、痛みを感じる神経はもちろん運動神経や自律神経にもある程度は作用します。炎症を起こしている部分の痛みの伝達をブロックするほかに、緊張状態にある筋肉を脱力させ、血液の流れをよくするという効果もあります。

ブロック注射の中身は麻酔薬が殆どですが、症状の重さによってはステロイドなど他の薬を調合して注射する場合もあります。

ブロック注射はどこで受けられるのか

先述でも説明している通り、ブロック注射は麻酔の一種です。この注射を処置できるのは麻酔の資格を持った医師でなければなりません。大抵の大きめの病院には麻酔科がありますから、そのような病院に行けばブロック注射を受けることができます。

また、ぎっくり腰などのブロック注射の場合は外来で行われますので注射を打った後はしばらく経過を観察し止血の確認をするためしばらく安静にしなければなりませんが、経過がいいと判断されればその時点で帰宅することができます。

ただし、がん治療などで使用する場合には入院していることが条件になります。

ブロック注射を打つにあたって医師に言っておくことは

神経ブロック注射を打つ際には、次のようなことがあれば事前に医師に申告しておく必要があります。

  • アレルギーがある
  • 血が止まりにくい
  • 常用薬がある
  • 内臓疾患がある
  • 生活習慣病を抱えている
  • 過去に手術の経験がある

このようなことが思い当たる場合には医師の判断によってブロック注射が受けられないことがあります。また、注射後のお風呂や食事についても制限される場合があります。

まとめ:ぎっくり腰はブロック注射で痛みを緩和できる

ブロック注射は何か特別な治療法というようなイメージがありますが、痛みを緩和することで病状を治療していくという意味では大変効果的な処置であるという事がわかったことと思います。

痛みの原因を治すものではないものの、痛みを軽減しながら早く治すことができるというのは、とてもつらいぎっくり腰の治療にとってはその役割は大きいと言っても過言ではないでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment