花粉症の根治的(根本的)治療法「減感作療法」のメリットとデメリット

花粉症女性

花粉症の治療法として減感作療法(げんかんさりょうほう)と呼ばれる治療法があります。花粉症の治療の中では、唯一、花粉症を根治することができる(根本から治すことができる)方法とも言われます。減感作療法とはどのような治療法なのでしょうか。また、メリット・デメリットはどのような点にあるのでしょうか。本稿では減感作療法と呼ばれる花粉症の治療法についてまとめています。

スポンサーリンク

花粉症を根本から治すには?減感作療法の基礎的な発想

薬局

花粉症は、日本人の25パーセントがかかっていると言われ、身近な症状ということができますが、そのメカニズムはやや複雑です。

まず、私たちの体には異物を排除しようとする免疫の働きがあります。花粉症の場合には、スギやヒノキなどの花粉が異物となります。この花粉という異物に対して体内の免疫が抗体を作ります。すると、花粉という異物が入ってくると、それに対して体で作られた抗体が反発をして化学物質を放出し、体外に排出することになります。

花粉症に沿って言えば、体内で生成されるヒスタミンという化学物質が花粉症を排除するようにくしゃみやなみだなどが出るということになります。

つまり、花粉症の症状は体の防衛システムが十分に働いている結果としてくしゃみや涙などが出るということになります。

とはいえ、花粉症の症状は決して楽なものではなく、可能であれば、花粉症の症状を抑えたいものです。そこで、花粉の原因となる物質を体内に取り込ませて徐々に花粉に慣らせてしまえばよいのではないかというのが減感作療法の発想です。予防接種などと発想は同じということができるでしょう。

つまり、減感作療法とは、原因となる花粉を少しずつ体内に与えて花粉に慣らせてしまうことでかえって花粉症への抵抗力をつけるという治療法ということになります。

減感作療法の実施

減感作療法は、施術を行ってくれる病院・医院へ行き、まず、アレルギー検査を行います。これは花粉症の重さの程度を測るためです。そして、減感作療法は注射を用いて、花粉症のエキスを注射していきます。

おおむね1週間に1回程度のペースで減感作療法の注射を行い、体に花粉症に対する態勢をつけていきます。春先などスギやヒノキの花粉症のピークを迎えたら、1週間に2回程度の注射を行います。

このように、減感作療法は、施術をしてくれる病院・医院へ通って注射を受けるという方法で行われます。施術自体は難しいところはないと言えます。

減感作療法のメリット

減感作療法のメリットは、まず、今述べましたように治療法自体が簡易であり、誰でも簡単に受けることが出来るということが挙げられます。

そして、減感作療法の最大のメリットとしては、おそらく唯一と言ってよい花粉症の根治療法であるという点です。つまり、毎年襲ってくる花粉症の症状を抑えるのではなく、花粉症そのものを治療するという意味で根っこから花粉症を治すのが減感作療法の最大のメリットということができます。

減感作療法のデメリット

このように減感作療法は花粉症の根治療法として高い効果があります。それにも関わらず、減感作療法は花粉症の治療法としてあまり普及しているとは言えないという現状があります。(減感作療法という言葉自体をこの記事で初めてお知りになった方もおられるのではないかと思います。)

この減感作療法が普及していない点が減感作療法のデメリットをものがたっていると言えます。つまり、減感作療法は、1年を通して定期的に通院し、注射をしなければならないので、通院の費用・時間・手間などがかかってしまいます

減感作療法で花粉症が根治するまではおおむね5年程度、治療を続けなければならないと言われます。5年間、病院へ通院を続けるというのは費用の面でも時間などの面でもなかなか難しいということができます。

また、花粉症の治療法としては、対症療法が中心となっていますので、病院等でも減感作療法を実施している医療機関が少ないということも問題です。

このように減感作療法は、継続して治療をし続けることが難しいこと、減感作療法を実施している医療機関自体が少なく減感作療法を受ける機会が多くないことなどが問題ないしはデメリットということができます。

まとめ:本気で花粉症を治したいなら検討を

以上、本文で述べました減感作療法のメリットやデメリットについてまとめますと以下のようになります。

  • 減感作療法は花粉症の治療方法の一つです。体に花粉症を注射をしていき、花粉症自体に対する抵抗力を作るという治療法です
  • 減感作療法のメリットとしては、花粉症を根治することができること、施術自体は難しいものではないことなどを挙げることができます
  • 減感作療法のデメリットとしては、週に1度程度、数年間の治療を受けなければならないことから費用や通院の手間がかかってしまうこと、減感作療法を実施している医療機関が多くないことが挙げられます

減感作療法は、本気で花粉症を治したいという方であれば、インターネットなどで実施している医療機関を調べて相談されることがおすすめできます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment