デパスなどの抗不安薬がもたらす激しい離脱症状

月夜

エチゾラム、国内での製品名デパス。

穏やかな作用の抗不安薬として神経症やうつ病などの治療に服用されている方も沢山いる薬ですが、断薬の際に離脱症状に悩まされる方が多い薬としても有名です。

特に服用が長期間に及んだ場合はその離脱症状も如実で、軽いうつ病をきっかけに服用しだしたデパス依存を克服するために入院を余儀なくされる方もいらっしゃいます。

服用の際は以上の事を念頭に置きながら服用しましょう。

スポンサーリンク

デパスの効能

デパスには以下のような効能があるとされています。

  • 神経症における緊張や不安、神経衰弱や睡眠障害の緩和
  • うつ病における緊張や不安、睡眠障害の緩和
  • 心身症における身体症状(十二指腸潰瘍、高血圧症)の改善
  • 統合失調症における睡眠障害の緩和

この様な悩みを抱える方達の治療目的でデパスは医師より処方されます。しかし多くの方が断薬の際に訴える離脱症状も服用前に知っておかなければなりません。

デパスの離脱症状

月夜

デパスは抗不安薬であるため薬の効いている間は体調が改善され精神的な不安や緊張も緩和されますが、薬を飲まずにいるとまた不安や緊張が襲ってきてしまうという理由からデパスの服用を止められずに数年に渡って一日数錠を服用される方が多いお薬です。

長期間に渡ってデパスを服用した際は必ずと言っていいほど断薬の際に離脱症状が現れます。

デパスを長期間に渡って服用した際に現れる離脱症状の一例。

  • 幻覚や妄想、聴覚異常
  • 痙攣や発作
  • せん妄
  • 睡眠障害
  • 頭痛や全身の倦怠感
  • 吐き気、目の奥の痛み

この様な離脱症状を理由に一度断薬を決意した患者がデパスを再度服用するケースが多々あります。

悲しい事に全ての医師からこの断薬時の離脱症状について患者に明確な説明がなされていないという現状もデパス依存に悩む方が後を絶たない原因でもあります。

離脱症状と闘いながらの減薬と断薬

先にもご紹介したようにデパスは離脱症状の激しい薬です、数年間に渡り一日数錠を服用していた人が簡単に止められる物ではありません。

断薬に至るまでに長い減薬の期間を必要とします。

普段服用している一錠を半分に割りながら少しずつ減薬していくより他にありません。デパスを服用している多くの人が服用期間中にはすぐに止められると思っているのもまた現状です。

減薬から断薬までのステップ

デパスを実際に断薬された方が行った断薬までのプロセスです、急な断薬は激しい離脱症状の原因となりかえって危険です。

一日に3錠を服用されていた方が10日間を一つのステップとして少しずつ減らしていく方法です。

  • ステップ1・1錠、昼1錠、夜0.5錠
  • ステップ2・朝1、昼0.5、夜0.5
  • ステップ3・朝0.5、昼0.5、夜0.5
  • ステップ4・朝0.5、昼0.5
  • ステップ5・朝0.5

50日を要した計算になりますが、これでもかなりの離脱症状に悩まされたという事です。穏やかな精神安定作用のリバウンドが激しい離脱症状と言うわけです。

離脱症状の激しい抗不安薬服用の前にもう一度考えよう

以上のようにデパスをはじめ抗不安薬、トランキライザーと呼ばれる薬は必ずと言っていいほどに激しい離脱症状に悩まされます。離脱症状を乗り越えて断薬に成功したとしてもうつ病や神経症が根本的に治ったとは言い切れません。

抗不安薬はうつ病や神経症の患者の社会活動を一時的にサポートするのが目的であり、やはり病気を治すのは個々の治癒力のや周囲の人のサポートが必要となります。

うつ病を乗り越えた人が心がけた事

デパスをはじめ抗不安薬や睡眠導入剤を服用し続け、離脱症状に悩まされながらも最終的に断薬に成功し、自身の力でうつ病を克服した方が心がけた事です。

  • 周囲の自分に対する評価を意識しすぎない。
  • 自分のペースで生きるように、人生の主役は自分であることを忘れずに。
  • 自分の性格や特徴を理解する。
  • 自分に出来る事だけをやる、“やらなければならない”から“やりたい”へ。
  • 日頃から周囲の人へ心の内を打明けるように、何かあった時に相談できる環境を作っておく。
  • 趣味が無ければ趣味を見つける努力を。
  • カウンセリングは時に非常に高い効果があるのでカウンセリングを受けてみる。
  • うつ病は心の病という事だけでなく、神経伝達物質に関わる生物学的な側面を持ち合わせている事を理解する。(身体疾患と同じ様に休養と治療が必要)
  • 会いたい人とだけ会う。
  • 助けてもらって申し訳ないから、助けてもらってありがたいという思考へ。
  • 新しい事にチャレンジする気持ちを常に持つ。
  • 人間スポーツとお洒落は忘れずに。
  • 必ず治る病気であるという事を忘れずに。
  • 笑う!

以上デパスなどのマイナートランキライザーによる離脱症状の危険性でした。

デパスの激しい離脱症状のまとめ

    デパスやその他の抗不安薬、マイナートランキライザーと呼ばれるものを長期間服用すると必ずと言っていいほど断薬時の離脱症状がある。
    離脱症状は頭痛や倦怠感や幻覚など、服用量などによって人それぞれ。
    一生は飲み続けられない、いつかは断薬しなければならない薬。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment