強い依存性、デパスの依存性と離脱症状

夜明け

デパスの依存症またはデパス依存による禁断症状でお悩みの方は沢山いらっしゃいます。
眠れない、不安感、イライラが治まらない、肩こりがひどい、こういった理由から病院へ通うようになり主治医にデパスの服用を求められるケースは少なくありません。

しかしながら多くの人が語るようにこれらの症状が緩和されるのはデパスを服用している間だけです、デパスの効果が切れると前にもまして症状が悪化したように思え、もう一度デパスを服用します。この行為を繰り返す事によって薬の服用量はどんどん増えていきます。

軽い鬱から始まり最後はデパス依存の為に入院というケースも少なくありません。

薬に対する知識を持ち薬に頼らずとも心身を健康に保つように努力をしていくのがベストなのではないでしょうか?

スポンサーリンク

そもそもデパスとは!?

夜景

デパスとは日本国内における商品名であり正式にはエチゾラムという抗不安剤(マイナートランキライザー)で、緩和精神安定剤としては最もポピュラーな薬でもあります。

主に神経症からの不安や緊張、睡眠障害、更年期障害、パニック障害などの治療に用いられます。

デパスの効果

デパスはイライラやドキドキなどの精神状態を落ち着かせる効果がある為、睡眠導入剤として用いられる他、大脳辺縁系や視床下部に作用する事によって意識や精神活動に影響を及ぼさない程度に不安や緊張感を取り除いてくれると言われています。

デパスの依存性

そんなデパスですが副作用やデパス依存に悩む人は少なくありません。薬物の接種をやめた時に現れる身体的、精神的襲ってくる様々な症状を離脱症状と呼びますが、デパス依存になってしまった人たちが抱える離脱症状には以下のようなものがあります。

  • 薬が切れてしまった時のフラフラ感
  • 薬が切れてしまった時の以前にも増すイライラ感
  • デパスを服用していた時期は良く眠れていたが一旦止めてしまうと眠れない日々が続く
  • 薬が切れると苦しくなり服用せずにはいられなくなる
  • 幻覚症状や妄想
  • 痙攣や発作

その他にもめまい、吐き気、肝機能障害、頭痛、言語障害、生理不順、倦怠感、集中力の低下などの副作用が報告されています。

デパスがきっかけで薬物中毒!?

デパスをはじめとして抗不安剤、睡眠導入剤と呼ばれるものはこの世に無数にあります、鬱を克服するために医師の診断を受け飲み始めたデパスをきっかけにその他にも色々な薬を服用するようになる患者さんも少なくありません。

これらの薬はベンゾジアゼピン系と呼ばれ主だった成分にエチゾラム、クロチアゼパム、フルタゾラム、ロラゼパム、アルブラゾラム、フルジアゼパム、オキサゾラム….

数えだすときりのないこれらの薬物の中には海外では依存症や離脱症状に苦しんだ人たちによる医師への起訴をきっかけに規制のかかっている物もあります、これからデパスやその他の抗不安剤、精神安定剤の服用を考えている方はその症状に本当に薬が必要か、又は必要な場合は信用のおける医師からの適切な診断のもと、適切な用法で処方されるようにしましょう。

またこれら依存性の高い薬を使用して精神疾患の治療にあたる際は薬を摂り始めた時から断薬までの事を考えておくのが良いでしょう。

これら抗不安剤は一時的に鬱や精神的な不安から精神を解放する効果はあっても根本的な原因を取り除いてくれる訳ではないという事も頭に入れておく必要があります。

デパス依存、抗不安剤依存は終わらないループの始まり

抗不安剤を服用すると気分が優れる、切れれば以前にもまして不安を感じる、そして薬の量が徐々に増えていく。そこへさらに薬が増えていく事に対する不安とイライラが覆いかぶさる。

この様な悪循環に陥ってしまうケースもあります、そして薬を服用し続けてしまったツケは最後に必ず肝機能障害など肉体的なダメージとして目に見える形で表れてしまう事でしょう。

実際に多くの人が依存症による入院を余儀なくされてしまっているという事実がそれを証明しています。

薬に頼らない鬱病や睡眠障害の治療

依存症という二次的な被害のリスクを避けるために近年では薬に頼らない鬱病や睡眠障害の治療の研究も進んでいます。

また薬よりも依存のリスクが低いハーブ治療などの研究もおこなわれています、薬の服用を検討されている方はこういった治療法も一度検討されてみてはいかがでしょうか?

特に周囲の人間の理解は鬱病や不眠症の治療には不可欠です、まずは身近なご家族や友人への理解と協力を求め、薬だけに頼らない根本的な治療法を検討されてみてはいかがでしょうか。

デパスの依存性と離脱症状のまとめ

  • デパスとはエチゾラムという抗不安剤で、その依存性の強さが指摘されている。
  • 依存性の強さに加えて離脱症状に倦怠感、更に大きな不安感、フラフラなど多くの事例が報告されている。
  • 近年薬に頼らない精神疾患の治療も研究が進んでいる。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment