実用性の高い抱き枕を選ぼう!テンピュールの抱き枕の3つの利点

広告ロゴ
寝る

抱き枕には、睡眠の質を高めるといった安眠効果を期待されるのではないでしょうか?抱き枕にも色々ありますが、低反発の寝具で有名なテンピュールはお勧めです。テンピュールは、寝具に限らず、パソコン用のイスや腰痛対策のクッションなど、低反発素材による健康グッズを製造しているメーカーです。テンピュールだからこそできる心地よい低反発の抱き枕なら、かなりの安眠効果を期待できるのではないでしょうか。抱き枕としてお勧めなテンピュールの製品のメリットについてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

低反発抱き枕の草分け的存在「テンピュール」

見て

抱き枕を使って安眠効果が高まる一つの要素に、体圧を分散して、負担を減らすという点にあります。起床時に、肩こりや腰痛があるのは、寝具に触れているところに集中して、体圧がかかるからです。寝具に触れた部分抱き枕を使うことで、寝具に触れる部分を増やせば、体圧がへってとても気持ちよく眠れます。

安眠効果を招く、この体重分散、体圧分散こそ、テンピュールが得意とする効果です。テンピュールはもともと、スペースシャトル内で宇宙飛行士の重力を和らげるために開発された素材から、商品化されたものです。低反発素材の草分け的な存在で最初は、医療用として使われていました。現在は寝具やクッションなど幅広く活用されています。

睡眠時の体圧も、重力によって一部に集中した体重がかかってしまうことで負担が大きいのです。テンピュールの抱き枕なら、重力の負担を減らす素材を使っているため、安眠効果が高くなるのです。

抱き枕として使いたいテンピュールの3つの良さ

テンピュールの抱き枕は低反発素材を使ったものです。最近では、低反発素材も広く研究され、テンピュールでなくても、低反発の効果をうたう抱き枕も増えています。低反発の素材にもランクがあり、テンピュールの素材こそが、抱き枕としてもお勧めなのです。

その1.低反発の質が良いから柔らかすぎず、硬すぎない

抱き枕で体圧を分散させるためには、柔らかすぎても硬すぎても良くありません。例えば、ビーズ素材のような柔らかい素材の抱き枕の場合、抱き付いた手足の重みでビーズが偏ってしまい、結局床についてしまうこともあります。これでは、体圧の分散といえません。硬すぎると、抱き付きにくく、疲れてしまいます。

低反発素材のものは良くありますが、安価なものは反発が弱く、硬いものも少なくありません。最初は心地よくても、しばらく使っていると硬くなってしまうこともあります。テンピュールの素材は、もともと医療用として使われるほど、高価なものです。素材の密度を減らすことで、価格を下げることはできますが、その分効果も減ってしまうというわけです。

テンピュールの抱き枕は、医療用としても使われているもので、腰痛や肩こりがある人にもお勧めできます。医療用の寝具だと考えれば、かなり手頃な価格ともいえるかもしれません。

テンピュールの素材が硬すぎると感じる人は、素材を粉砕してチップにしてある「コンフォートタイプ」を利用するのもよいかもしれません。テンピュールの素材をそのままに、体温だけでなく、体重でも少し沈み込むようなタイプになっています。

その2.高密度の低反発素材で耐久性が良い

テンピュールは、宇宙飛行士用に開発された素材をそのままに、抱き枕として使えるものです。密度が高いことで、その効果は他の低反発のものとは比べ物になりません。しかも、高密度の低反発素材は長期間の使用にも強いものです。宇宙でも使えるような素材ですから、耐久性も高いというわけです。

テンピュールを正規購入すれば、長期保証を受けることもできます。最長15年という長期の保証が可能なのも、耐久性が高いことに自信があるからでしょう。安価なものを一時的に利用するよりも、質の高いテンピュールの抱き枕は経済的といえるでしょう。

その3.寝返りを減らす安定性

低反発の抱き枕は、温かいところが柔らかくなり、適度に沈み込むようになっています。横向きで利用する人が多いと思いますが、抱き枕に気持ちよくフィットすると、寝返りを打つ必要も少なくなります。寝返りは体重分散を促す行為でもありますから、テンピュールの抱き枕を使うことで、動きを少なくすることもできます。寝返りをした方が良く眠れるというわけでもありません。一緒に眠る家族にも、寝返りが減ることで睡眠中の刺激を減らすことができるのではないでしょうか。

テンピュール コンフォートピロー ロング
テンピュール・ジャパン (2008-12-26)
売り上げランキング: 81,263

まとめ

抱き枕を使うなら、安眠効果が高い方がいいですよね。テンピュールは世界でも人気の寝具を扱っているメーカーであり、その保証もかなり高いものです。一般の抱き枕よりは、少し高価なものになりますが、テンピュールだからこその安眠効果を期待できそうです。テンピュールの高密度な抱き枕こそ、睡眠の質を変える大きなカギになるかもしれません。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。