仰向けに眠れない妊婦さんに抱き枕を勧める理由と選ぶポイント

広告ロゴ

妊婦さんの大きなおなか、はたから見ると幸せのシンボルですが、本人は結構大変です。寝返りは打てないし、ホルモンの関係で不眠になったり、なかなかしっかり眠ることができません。しかし来るべき出産に備えて体を休めておきたいですよね。そんな妊婦さんのお悩みを解消してくれるのが抱き枕です。

こちらでは、妊婦さんにオススメの抱き枕についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊婦さんに抱き枕を勧めるわけ

妊娠中の寝方

寝る

妊娠中は、仰向けよりも横向きのほうが楽に寝ることができます。まず頭の下に枕をして横向きに寝ます。このとき少し足を広げ、上になっている足の膝の下にも枕をします。そして下になっている腕を体の後ろに引き抜いた姿勢をシムスの体位と呼びます。しかし横向きで眠るときは、肩や腰(横の部分)に体重が集中するため、負担が大きくなります。このような時、抱き枕を使うと、体への負担を和らげることができます。

シムス体位と抱き枕の役割

妊娠中の人が“シムス体位”をとるときに、抱き枕はとても便利です。抱き枕に抱きつくだけでこれに近づけます。使い方は、横になった状態で、自分の身体と平行に抱き枕を置いて抱えます。そして、抱き枕の上に腕と片足をのせます。すると、体重を抱き枕にも分散できて、横向きでも楽に寝ることができるのです。この時左側を下にすることが大事です。

左を下にする理由

仰向けで長時間眠ると、子宮が下大静脈を圧迫するため、心臓へ戻る血液が減少します。そのため、貧血と同じ状態になります。動悸や息切れ、呼吸困難になる危険性もあります。ママがこのような状態だと赤ちゃんも苦しくなるため、横にすることで大静脈の圧迫をなくし血液の循環を良くするのです。左を下にする理由は、背骨の少し右側に大静脈が位置しているためです。

抱き枕

そもそも抱き枕とは、抱きつきながら眠ることができる枕のことを言います。「抱き枕」は、枕という名前ですが、根本的に枕と用途が違います。枕は就寝時に布団と頭の隙間を埋める寝具ですが、抱き枕は寝姿勢をサポートする補助寝具として使われています。

抱き枕の種類

抱き枕には様々な形状があります。形状が長方形など簡単なものだと縫製も比較的簡単であるため、リーズナブルな価格で販売されることが多くなっています。流線形だと抱いたときにぴったりとフィットするような感覚で気持ち良いのですが、価格もその分若干高くなってしまいます。キャラクターだと抱き枕本来の「睡眠補助寝具」という目的からは外れ、かわいらしさ・楽しさなどが優先されるため寝心地は良いものではありません。

  • 楕円形・ロング枕タイプ
  • 円筒形タイプ
  • 流線形タイプ
  • 三日月形タイプ
  • L字形・9字形タイプ
  • キャラクター・動物形タイプ

妊婦にオススメの抱き枕を選ぼう

抱き枕を選ぶポイント

抱き枕っていろんなものがあって選択に悩む方も多いのでは。結構高価なものが多く、買い直すのももったいないので、しっかり選びましょう。

3WAYを選ぶ
オススメの抱き枕は、産後の授乳クッションやベビーのお座り補助として、3WAYで使えるものです。抱き枕って一時期しか使わないと思うと高い気がしますが、産後に授乳枕、お座り補助器具としても使えると元取れアイテムです。

カバーの素材に注意
妊娠中は肌も敏感になりがち。ゴワゴワした素材だと顔を密着させたときに刺激になります。肌に優しいものがいいですね。また、冬だとサラっとした生地は冷たく寒く感じてしまいます。パイル地などを選ぶのがおすすめです。

へたらないものを選んで
使わないかもしれないと安い物を選んでしまうと、すぐへたってしまって買い替えが必要になります。妊娠中、産後と長く使うことを想定して、しっかりしたものを選びましょう。口コミを調べてから購入すると安心ですね。

人気の抱き枕

マルチに使える ベビー&ママクッション
抱き枕&授乳用に長く使えるマルチクッション。ゆるやかな曲線で抱きやすく、端と端をつなげるとドーナツ型になります。カバーも洗い替えを購入出来て安心。

ボボ BOBO ママ&ベビークッション ロング
パイル地でとても肌触りが良く、抱き枕にするのにちょうど良い弾力。赤ちゃんのベッドガードとして利用する方も。オシャレな色柄も気分を上げてくれます。

ラーフェンズ Rafens プレママピロー
自分の寝ているポーズに合わせてカタチが変えられるマタニティ専用抱き枕。好きな角度に変えれるのでカスタマイズできて便利。カバーもふわふわのパイル地で頬ずりしたくなるよう。

マルチに使える ベビー&ママクッション (ベージュ)
アレックス・サンガ
売り上げランキング: 117

まとめ:妊婦さんは抱き枕を使おう

妊娠中の人はお腹が大きくなると横向きのほうが楽に寝ることができます。妊婦さんに勧められる “シムス体位”をとるときに、抱き枕はとても便利です。おさらいしておきましょう。

理由
妊婦さんが仰向けで長時間眠ると、子宮が下大静脈を圧迫するため、心臓へ戻る血液が減少し、貧血と同じ状態になります。動悸や息切れ、呼吸困難になる危険性もあります。左下の横向き寝が勧められるのはこのためです。

選ぶポイント

  • 妊婦さん向けの3WAYを選ぶ
  • カバーの素材に注意
  • へたらないものを選ぶ

妊娠中から産後まで意外と長く使える抱き枕。お気に入りのものを見つけて楽にマタニティライフを乗り切ってくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。