抱き枕の中身の素材のメリットとデメリット

広告ロゴ
抱き枕

抱き枕の中身には、さまざまな素材が使われています。素材については、自分の寝る姿勢によって適切なものを選ぶことが好ましいです。しかし、抱き枕に使われている素材について知らなければ、心地よい眠りができる抱き枕を選ぶことができません。

そこで、抱き枕の中身に使われている素材の種類について紹介します。また、それぞれの素材についてメリットとデメリットにも触れます。抱き枕選びの参考にしてください。

スポンサーリンク

ポリエステル製のわた

見て

ポリエステルは、わた状の人工繊維です。綿に似た素材であり、クッション性があり、枕やクッションによく使われています。ふわふわした感覚があり、柔らかめの枕が好きな方におすすめの素材です。

水洗いはできませんが、商品によっては特殊加工を施して水洗い可能になっているものもあります。

①メリット

ふわふわとしていて柔らかく、ボリュームもあります。クッション性に優れており、軽くて値段が安い素材としてよく使われています。

②デメリット

繰り返し使用していると、弾力がなくなってボリュームも減っていきます。また、ホコリなどが溜まりやすい素材です。

羽根(フェザー)

羽根でできている素材は、水鳥の羽根を採取して、洗浄と消毒を行った天然素材です。独特のふんわり感と高級感があり、ふんわりやわらかい寝心地が特徴です。水洗いはできません。

①メリット

通気性がよく、吸湿や保温、発散性に優れています。また、天然素材ですので、冬は温かく夏は涼しいというメリットもあります。

②デメリット

値段が安いものを選ぶと、羽根素材の独特な臭いがあることがあります。また、羽根に骨が付いているので、カバーを突き抜けて枕の中から素材が飛び出してしまうことがあります。

低反発ウレタン

低反発ウレタン素材のものは、マシュマロのようなスポンジ状の弾力が特徴です。ゆっくり沈んでゆっくり戻るというような、独特の触り心地が人気となっています。NASAのスペースシャトルの宇宙飛行士のために開発されたことが始まりです。水洗いはできません。

①メリット

柔軟性に優れていて、使う人の体型や寝る姿勢に合った形に変わってくれますので、フィット感が高いです。また、体圧分散効果もあり、負担を軽減させてくれます。

②デメリット

気温が低い時には硬くなるという特性があります。気温が高い時に使うと、熱がこもりやすく、蒸れやすいという難点もあります。最近では、このような難点が改良された素材も発売されています。

スノー低反発

スノー低反発素材は、ウレタンを細かく砕いて作られた素材です。雪のように握ると小さくまとまり、ゆっくりと元の大きさに戻るという特徴から、スノー低反発と呼ばれています。水洗いはできません。

①メリット

ウレタン素材のメリットであるもちもちした弾力がありながら、羽根布団のようなふんわり包み込まれるようなフィット感もあります。低反発素材よりも、通気性に優れています。

②デメリット

素材同士が偏ったり、くっついたりすると、スノーのようなサラサラ感が感じられなくなります。気温が低いところで使うと、固まります。使い始めの時には、ウレタン素材独特の臭いが気になります。

超極小ビーズ

超極小の発砲ビーズでできている素材です。発泡スチロールを小さく粒にしたような作りになっています。独特の触り心地があり、クッションや癒し系のグッズなどさまざまなものに使われています。基本的に水洗いはできませんが、商品によっては水洗いが可能なものもあります。

①メリット

ビーズによる不思議な触り心地が特徴です。超極小のビーズでできているため、柔軟に変形することができます。

②デメリット

一部改良されているものもありますが、熱がこもりやすいという難点があります。流動性がありますので、安定感がないと感じる方もいます。

クラッシュラテックス

クラッシュラテックスとは、弾力性と高反発性を併せ持ったナチュラルラテックス素材と、合成ゴムの1種であるシンセティックラバーを粉砕した素材のことです。クラッシュラテックスを握ると小さくまとまり、徐々に元の大きさに戻るという特徴があります。水洗いはできません。

①メリット

弾力性と高反発性のあるナチュラルラテックス素材を円柱状に細かく粉砕して作られていますので、しっかりと首元を支える弾力性があります。しかも、ふんわりと柔らかな感触も併せ持っています。また、独特のフィット感もあります。

②デメリット

粉砕して作られていますので、素材1つ1つの形が不規則になっていたり、一部不純物が混ざっていたりすることがあります。使い始めの時期には、ラテックス独特のゴムのような臭いがします。長期間使用すると、だんだん素材のボリュームがなくなっていき、へたってしまいます。

まとめ:自分の求める柔らかさのある素材を選ぼう

抱き枕の中身の素材によって、その柔らかさやフィット感が異なります。実際に触ってみて自分の求める柔らかさのある素材を選んで、寝心地や抱き心地のいい抱き枕を購入するようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。