広告ロゴ
yesno

第一印象が悪い人は損でしょうか。得でしょうか。人によって答えは2つに別れると思います。もちろんずっと印象が良いに越したことはないと思います。しかし、どちらにもメリットデメリットはあるのではないでしょうか。

本記事では第一印象が悪い人のメリット、デメリットを紹介していきたいと思います。第一印象が悪いからと言って必ずしもマイナスに捉える必要はありません。良い印象を与えられずに損してると感じているかたは現状をプラスに変えられるように参考にしてほしいと思います。

スポンサーリンク

第一印象って?

考える

第一印象とは「物事や人に接したとき、最初に受けた感じ」のことを指します。しかし、物の感じ方は人それぞれですので答えは一つではありません。第一印象が悪いと思われる方の理由はなんでしょうか。無表情、態度が悪い、暗い、服装が暗い、雰囲気が暗いなど、挙げられる理由は無限に出てくるのではないでしょうか。

しかし、だからと言って改善の余地はない、一度ついたイメージは覆せない、そんなことはないと思います。次では第一印象が悪い方のメリット、デメリットを紹介したいと思います。

第一印象が悪い人のデメリット

仕事の取引先との商談、進学や就職など新しい環境に変わるときは最初の第一印象で相手が固定概念を持ってしまうケースが少なくないと思います。そういったときに相手に悪い印象を与えてしまうと今後の関係を構築しにくくなります。

笑顔で対応する、挨拶はきちんとする、質問にはハキハキと答えるなど最低限のマナーを守れば回避できる可能性は高いですが、それができない場合相手と密接な関係を築くのは難しくなるかもしれません。

第一印象が悪い人のメリット

第一印象を悪くもたれてしまう人にとっては、メリットなんてないと感じてしまうかもしれませんが良く捉えれば、最初からイメージが良い人よりも伸びしろが倍以上になります。

例えば、愛想は悪いけど仕事は真面目、笑顔はないけど気が利くなど、どんなことでもマイナスのイメージからプラスになるときは最初からイメージの良い人に比べると何倍もの評価を得ることができます。

最初からイメージの良い人はその後頑張り続けなければ評価は下がるだけですが、逆の人は上がるだけなのです。ただし、悪い印象を与えてしまった後の自分自身の努力は必須です。どれだけ頑張れるかで自分のイメージを覆せるものなので、周囲のせいにしている以上は周囲はあなたに対して正当な評価はしてくれないでしょう。

自分に正直になること

あなたは第一印象が悪くても気にしませんか?それとも気にしてしまいますか?あなたの考えによって今後の行動は変わってくると思います。自分を変えられるのは自分だけです。しかし、万人に受け入れられてもあなたの本質を見てくれる人がいなかったらどうでしょうか。最初のイメージではなく、最終的に人とどうなりたいのかが重要だと思います。

少しでも第一印象を良くしたい

  • 笑顔
  • 挨拶
  • ハキハキと話す

最初の印象は気にしない

  • 最初ではなくその後の努力
  • 自分の評価を人のせいにしない
  • どういう自分でありたいのかビジョンを明確にする

まとめ

あなたがどちらを望んだとしても、どちらの道を選んだとしても、誰のせいでもありません。あなた自身の責任です。ただし、どちらを選んだとしても自分自身の信念をしっかりと持っていれば理解者は必ず現れるはずです。自分の意思がない人は笑顔でいようとも印象は良くないかもしれませんね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。